ウッドデッキ改修工事 茅野市 三井の森いずみ平  

ウッドデッキが腐って完全に朽ちてしまったので、孫の為にも新しくしたい

というご相談をいただきウッドデッキの改修工事です。

一見すると普通そうに見えますが・・・

見事にボロボロ・・・

 

しかも過去に頑張って直した形跡があるのですがこれは・・・・

 

という現状で他社で御見積をしてもらったところ、300万円かかります!と言われて驚いて当方へご相談を頂いた次第です。

 

え~と、ウチだとその半値以下なんですけど・・・

 

この様な経緯で頂いた仕事ですが、基礎はそのまま使用して良い という事でしたのでそのまま使用します。

これで更に安くなります。

 

まずは撤去作業へ!

基礎の位置や据え方の問題はあるもののお客様より、できたなりで良い というご意向を頂いておりますのでそのまま設置工事に入ります。

 

もう簡単に朽ちて欲しくないというご希望でお見積り通り、防腐剤注入の材を使用します。

それを柱と桁、根太として設置していきます。

据え付けが終わった場所から順次塗装をします。

 

実は工務店・大工によっては、塗装は最後にまとめて行う という会社・職人もいます。

 

その様な場合、表は塗装してあっても裏を覗いたら塗装していなかった というケースがあります。

 

別に雨があまり当たらない箇所ではその方法でも問題ありません。

 

しかし、吹きっさらしのウッドデッキの場合、木と木がくっついている部分は塗料が塗られていないので、後々木の反りなどで隙間ができた場合には水が入って傷みやすくなります。

 

私も他社の施行したものの修繕等をご相談して頂き裏を覗いたら アラアラ・・・、という事が何度かありました。

 

お客様にはどうせそこまでわからないからと思って施工したかもしれないけど・・・

 

まぁ、他社のことはいておいて、塗装は面倒でもできるだけ順次行って行った方が良いので、床板をはった後では塗れない部分などにも全部塗るためにこうします。

次は手摺の設置です。

よろび(垂直)を確認しながら手摺の柱を取り付けていきます。

終わったら今度は手摺の笠木と横板を取り付けていきます。

 

また同時に、既存の基礎を使わせて頂いたので基礎の柱が動かないように根がらみ貫きを取り付けていきます。

そして仕上げの塗装をペタペタと塗ります。

最後に開口部の扉を取り付けて完成です!

いやー、手間が掛かった。

けどこれならお孫さんが来ても安心ですね!

 

キレイに仕上げてくれてありがとう

そう言って頂けて励みになりました。

(〃^¬^〃)

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

ウッドデッキTOPに戻る

 

屋根と外壁の塗装♪ 旧軽井沢

以前、キツツキ対策と

2階ベランダ屋根の雨漏りの補修

をさせて頂いたお客様より、

塗装もお願いできますか?

とのご相談アリ!

 

う!?軽井沢で塗装工事か・・・

片道2時間掛かるからな、どうしよう?

 

と思い、

私は八ヶ岳の周辺が活動エリヤなので、

 

ご近所の業者さんでなくて良いのですか?

とお聞きすると

 

清水さんの仕事が丁寧だからできれば頼みたい

とのご返答。

 

私の事を評価してくれているのだ

と思うと断れない。

 

正直、なんか嬉しい。

(*α∀α*)うふふ

 

ということで塗装工事です。

この旧軽井沢にある別荘↓

以前、取付けたキツツキ対策ネットは

塗装後に効果抜群の新型に交換する為

キレイに全部取り外します。

 

そして高くて危ない箇所を中心に

仮設足場を組んでいきます。

足場が組めたら高圧洗浄機で屋根と壁を入念に洗浄します。

 

まずは屋根を洗浄します。

洗浄するとこれだけ汚れが落ちます↑

高圧洗浄前

高圧洗浄後

屋根が終わったら今度は壁の洗浄です↓

今回の別荘はオイルステインの

キシラデコールでとそうされたものでした。

 

キシラデコール(油性)はオイルを

木に浸みこませる塗装なので、

丹念に洗浄していくと

 

・風雨で洗われて脆くなった部分や

・陽射しで傷んできた部分

はキレイに吹き飛びます。

 

ですからこれだけでケレン処理になります。

高圧洗浄後↓

洗浄が終わったらすぐに塗装せず

数日おいてしっかり乾かします。

 

キシラデコール等ステイン系の塗料は

木にしっかりと浸みこむことで効果が出ます。

 

ですから充分に乾燥させて

水分を飛ばしておく必要があるからです。

 

そこでまずは屋根の塗装からします↓

最初に塗り残しが無いように屋根の縁を丁寧に塗装して

板金の重なる部分や壁との取り合い部分を刷毛で塗っていきます。

終わったら今度はローラーで一気に塗りつぶします。

シリコン入りの油性塗料なので、

夏でも一度塗ったら24時間以上は

乾かす必要があります。

 

そこで今度は壁の塗装作業に入ります。

まずは破風板・鼻隠し板から塗ります↓

そして壁。

陽射しと風雨で現れた場所はイタミガ酷いので

やはり一度塗っただけでは色ムラが出ちゃうようです。↑

全体は2度塗りですが傷むの激しいこの様な部分は3度塗りします↓

大分マシになりました。

そして壁の塗装の間にしっかりと乾燥した(であろう)屋根を塗ります。

シリコンのシーリングのやり替えなど

他の作業もありましたが、これで塗装も無事終了!

 

そして新しいキツツキ対策のネットを付け直します。

あとは仮設足場を撤去して全作業終了!

軽井沢で行き来するだけで大変でした。

 

でもお客様は

丁寧な仕事をありがとう

と喜んでくれました。

 

喜んで貰えて良かった~♪

(*´∪)ェヘヘ

ではまた~♪

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

ペンキ塗替えTOPへ戻る

 

ウッドデッキ補修工事 富士見高原

腐ったデッキを補修して欲しい

というご相談を受けましてデッキ工事です。

 

一見何の以上も無く普通に見えるのですが・・・

子供をデッキで遊ばせたい

というご希望があるのにこれでは危なくてできませんよね。

 

そこでまずはデッキの腐った部分(デッキの先端から50cm程度)を取り除いていきます。

そして新たに必要と思われる個所に束基礎を設置します。

充分な深さに床掘りをして砕石を入れて固め・・・↓

今回は場所の都合もありコンクリート板を2枚重ねした上に・・・↓

羽子板付きの束石を据えてコンクリートで巻きます↓

そしてまた砕石を入れて↓

土を埋め戻して終了です↓

なにせ屋根の荷重が掛かる箇所に束が無かったので、一本、束を入れるだけで大分構造的に良くなります。

そして桁を入れ替えて、一本一本根太を継いで塗装して完成です!

もうちょっと屋根鼻が長ければ全然、長持ちの具合が違うんですけど。

 

ウッドデッキはマメに塗装すれば防腐剤注入の材でなくても15年くらいは大丈夫ですが、マメに塗装すれば塗装代が掛かります。

 

マメに塗装しなければ塗装代は掛かりませんが、10年持つか持たないかのうちに全部やり直す必要が出てきます。

 

特に冬の積雪で雪がゆっくり解けていつもビシャビシャなのが、一番デッキには良くないです。

 

個人的には、デッキの上には屋根を付けた方が雨の日も使えますし、デッキ自体も濡れないので長持ちするのでお勧めです。

 

まぁ、結局は予算と使い勝手の兼ね合いがあって、それぞれ個人の好み次第なんですけど。

 

とりあえず今回のデッキを直して、お子さんが安心して遊べるとのことで良かったと思いました♪

(へ。へ)ζ

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

ウッドデッキTOPに戻る