タグ: 茅野市

ウッドデッキの修理&補強 蓼科ビレッジ

ウッドデッキの修理&補強 蓼科ビレッジ

ウッドデッキが雨風で傷んできたのでどうすれば良いのか?

そして今後の腐食防止はどうしたら良いのか?

というご相談を頂きまして、先ずは現状の確認です。

一見すると普通なのですが近くで見ると・・・

ほう・・・

これは・・・

なかなか・・・

確かにけっこう傷みがキテます・・・

ここまで来てしまうと全部壊して造り直すのも手ですが、補強を入れてデッキ板を交換するという選択肢もできる状態です。

そこでご相談いただいた方に

①全部造り直す

②デッキ板を交換して補強を入れる

という方法があります。

最低でも②は必要かと思います

と提案すると②のデッキ板を交換して補強を入れるに決定。

そこで工事をさせて頂きました。

まずはデッキの板と、手すりの笠木を撤去します。

するとかなり痛みの激しい部分を発見!↓

ここはこのままでは非常によくない部分なので、ここは後で補強を入れます。

一通り撤去が終わったので、部材を購入し、あらかじめ塗装をします。

この作業をひたすら繰り返し、全部の部材を塗装します。

これは板の裏側は、あらかじめ塗装した方が塗り残しがない様にするためです。

今回は既存のデッキの寿命を考えて、防腐剤注入材ではなく、普通の2×4の部材を使用します。

理由は、防腐剤注入材をしようすると長持ちするけれど、普通の2バイ材だと、既存のデッキの寿命と同じくらいになるだろうな、という読みからです。

補強部分をお金をかけて防腐剤注入材にして、既存のデッキのほかの部分がダメになった時に、補強した部分だけがしっかり残っていても仕方ないですし、

防腐剤注入材の方が価格も高いので、必要ない部分は抑えた方が工事価格をお安くできます。

塗装の作業をしてから今度は補強の作業に入ります。

一番イタミが来ていた部分を補強し、

デッキ板をバンバンと設置していきます。

デッキ板が貼り終わったら手すりの笠木も取り付けなおします。

デッキ板と笠木が終わったら、今度は入念に補強作業に入ります。

傷んだデッキで何が怖いかというとほぞ差しのほぞの部分が腐り、落ちてしまうのが一番怖いです。

こんな部分もありましたし↓

そこでホゾがダメになっていたとしても、桁や大引きが落ちない様に念入りに補強していきます。

アップで撮り忘れちゃいましたがこの部分も↓

↓こんな風に補強の柱を削り落ちない様にしてから設置しています。

全部の木工事が終わったら再び塗装工事です。

今回は、あらかじめした塗装で色を間違えていてたので、普段よりさらに念入りに塗ります。

塗装の色を間違えたせいで、塗装を3回はしたので、お客様からしたら念入り塗装で本当にお得です!

※ウチは手間と塗料が余計に掛かっちゃいましたけど・・・。

そして完了後の様子がこちら↓

メンテナンス次第ではありますが、これで5年~(運が良ければ)10年くらいは大丈夫かと。

この規模でウッドデッキを全部作り直したら、相場で150万円くらいは掛かります。

今は防腐剤注入材で施工することが多いですが、それでもメンテナンスすることを前提としても、野ざらしの状態でのデッキの寿命は20~30年程度。

今回は補修&補強で40万円程度なので、そう考えると費用対効果としては満更でもないのでは?と思いました。

お客様には

とてもキレに仕上がってうれしく思います。

とご感想を頂けてこちらも嬉しいです!

ではまた~♪

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

ウッドデッキTOPに戻る

ペンキ塗替えTOPへ戻る

ウッデデッキ工事、塗装、屋根掛け

ウッデデッキ工事、塗装、屋根掛け

別荘を建てて十数年・・・

ウッドデッキがボロボロに

こうなると一目で危険とわかるので

ウッドデッキの上にはのれません。

 

十数年の経って古くなったから

まぁ、仕方がないよね

 

あなたはそう思ってらっしゃるでしょう。

 

確かに経年劣化や寿命はあります。

 

この写真の別荘も当然ですが、

最初からこの状態だった訳ではありません。

最初はこの状態でした。↑

見るからに開放的でステキな

ウッドデッキのある別荘です。

 

このウッドデッキが十数年で

なぜ、こうも危険な程に

朽ちてしまったのでしょうか?

 

理由はいくつかありますが、一つは・・

 

雨や雪が直接デッキに落ちて濡れる

という事に原因があります。

 

もう一度先ほどの写真に戻りますが

この様に屋根に降った雨や雪が

全部まとめてウッドデッキに落ちる

という構造になっています。

そのデッキに雨が集まる仕組みでは

ウッドデッキが劣化するのが

早いのも当然です。

 

ここまででは無いとしても

そもそも屋根の上に雨や雪が

落ちるという事自体が

デッキの寿命を縮めます。

 

こんな立派なデザイナー設計の別荘でも↓

雨ざらしのウッドデッキはこの状態に↓

 

ではその水に弱いウッドデッキを

少しでも長持ちさせる為には

どうしたら良いのでしょうか?

 

その方法としては

①ウッドデッキの材料を選ぶ

②ウッドデッキの塗装の仕方を工夫する

③ウッドデッキ自体に雨が当たらない様にする

という3つの方法があります。

 

では一つづつ検証して説明させて頂きます。

 

①ウッドデッキの材料を選ぶ

 

ウッドデッキの材料しては

・普通の木材

・防腐剤を注入した木材

・ハードウッド

・樹脂製などの人工木材

などがあります。

 

一番寿命の短い普通の木材ですと

床板だけで約7,000円/坪程度。

逆に一番長持ちする人工木材だと

値段も非常に高くなり床板だけで

約80,000円/坪程度は掛かります。

その分、非常に長持ちしますが

欠点は太陽が照り付ける場合は

木材と違い熱くなる事です。

 

ですので、真夏などはスリッパなど

履物抜きには使用できません。

特に、小さいお子様や

ワンコや猫がいる場合は

危険ですのでお勧めはできません。

 

また、これを読まれている方は

”別荘地”という前提で読まれている

と思います。

別荘地でしたらウッドデッキは

やはり木材で、長持ちした方が

雰囲気でも価格面でもお勧めです。

 

ではどうしたら安価な材料で長持ちさせることができるの?

 

そのご質問も尤もです。そこで

②ウッドデッキの塗装の仕方を工夫する

③ウッドデッキ自体に雨が当たらない様にする

という方法は必要になります。

 

たぶん、あなたは

塗装の仕方なんてどこでも一緒でしょ?

そう思われていると思います

しかし残念ながら実際は違うのです。

 

一般のハウスメーカーや工務店では

デッキの板を表からしか塗らず、

裏側や重なった部分は

塗装しないケースが多いのです。

 

こちらをご覧ください↓

これは屋根も無い雨ざらしのデッキを

床下から撮影したものです。

防腐剤注入材でも無く

塗装自体もしてありません。

 

その為、ご覧の通りにカビが

発生しやすい状態になっています。

もう一枚ご覧ください↓

このデッキも防腐剤注入材でも無いに

塗装がしてありません。

 

雨ざらしになるウッドデッキで

なぜ、この様な施工なのでしょうか?

 

実はこれには施工側の大工さん

ならではの理由があります。

一般的に、家を建てる際は木材の

ホゾなどを全部あらかじめ造っておき

建て前の時に一気に棟上げ(屋根掛け)

までして組み上げます。

そして、屋根が掛かった状態で

建物の内部をじっくり作り込んでいき、

最後にまとめて塗装をしていく

というのが通常の工程なのです。

ですから、ハウスメーカーや

工務店等にデッキ工事をお願いすると、

 

同じ様に全部造ってから塗装をするので、

裏側や手の届かない部分などに

塗り残しが出てきてしまうのです。

特に塗っておきたい大事な部分は

赤丸した部分の木材です。

この根太という木に板を止めるので

重なり部分に雨が入り込むと

乾きにくく水が長く残り、

もっとも腐りやすい部分になります。

先ほどの例の様に、

全体の木工事が終わった後では

一番傷みやすい肝心のこの部分が

塗装できません。

 

いやいや、そんなこと

どこのハウスメーカーも工務店も

当たり前にやってるでしょ?

 

そう思われるかもしれませんが

残念ながらやってないから

先ほどの様なケースが

現実としてあるのです。

 

じゃぁ、どうすればいいの?

 

はい、その為には

施工する前にある程度、

塗装をしておく

という事が有効です。

使用する木材を予め

塗装しておくのですから

塗り残しもほぼ無くなります。

 

そしてもう一つは

③ウッドデッキ自体に雨が当たらない様にする

という方法が非常に有効です。

 

つまり、ウッドデッキ自体に

屋根を掛けてしまうのですが

そもそも雨や雪にあたらなければ

長持ちして当然ですよね。

しかも、雨の日でも

ウッドデッキが使用できるので

使用する用途も広がります。

 

ある屋根を設置させて頂いたお客様には

雨の日でもみんなで

バーベキューができて良かったよ~♪

というお声も頂きました。

別荘地ですし、実際に

そういう使い方をされる方も

おられるのです。

 

そうか!屋根をつければいいのか!

でもそれはどこの工務店に

造ってもらっても一緒でしょ?

 

確かにどこの

ハウスメーカーや工務店でも

工事自体は可能です。

 

ですが、残念ですが大部分の

ハウスメーカーや工務店は

昔ながらの技術を持っている職人がほぼ絶滅状態

なのです。

 

この問題は毎日一生懸命家造りを

頑張っている作業員の方の

責任では決してありません。

 

建築業界も技術革新により

繋ぎなどの難しい部分は

プレカットという技術で

工場で加工できます。

今は、予め工場で加工した木材で

組み立てれば家が建ってしまいます。

 

また、一方で

昔ながらの玄翁で頭を叩かれ

厳しく技術を叩きこまれた職人が

定年などでドンドン引退しています。

その結果、今は作業する方に

昔ほどの技術が必要無くなり

さらに技術を継承する機会も

激減したのが原因なのです。

 

そしてこの様な勾配の変化していく

複雑な形の屋根を造るには

昔ながらの技術が在って

はじめて可能なのです↓

また、普段ウッドデッキを

造る機会が少ない建築会社の場合

デッキの特性をよく理解していないので

余計な物を設置する場合も有ります。

この幕板がある為に落ち葉やゴミが

外に出ず、デッキの上に残り

降った雨が乾きにくくし

一層デッキを傷める原因に・・・。

 

さらに、前述したように

ウッドデッキに適した塗装も

よくわかっていません。

ウッドデッキの施行やメンテナンスも

たかがウッドデッキ、されど

ウッドデッキです。

 

当方の様にウッドデッキをある程度

メンテナンスや施工の経験ある業者へ

ご相談いただく事をお勧めします。

 

では、実績や技術はどれくらいあるの?

 

それには論より証拠。

 

まずは、実績を見て頂くのが

一番かと思います。

 

ここで当方の過去に行った

大小ウッドデッキ関連の工事の

一例をご紹介します。

 

※クリックして頂きますと詳細をご覧いただけます。

ウッドデッキ改修 茅野市三井の森

ウッドデッキ作り直し 富士見高原

・ウッドデッキの改修 茅野市三井の森

ウッドデッキ補修 富士見高原

ウッドデッキの補修 茅野市北山

ウッドデッキの屋根工事 富士見高原

ウッドデッキ屋根設置(ポリカーボネード)茅野市チェルトの森

ウッドデッキ屋根設置(ポリカ波板)② 原村三井の森

ウッドデッキ塗装の検証↓

ウッドデッキを長持ちさせるには

 

そして資格については、

TOPページの通りです。

よくある質問

Q.デッキはどの材料でもできますか?

A.当方では、ツーバイ材、または

防腐剤注入のツーバイ材での施行が

ほとんどですが、他の素材でも

施工可能ですのでご相談下さい。

 

Q.金額の目安はどれくらいですか?

A.一概には言えませんが、

・管理事務所に支払う紹介料

・ゼネコンの様な建築会社の上乗せ

が無い分はお安いかと思います。

 

事実、過去に管理事務所に見積りを

依頼した方が見積額が高かったので

改めて当方に御相談頂いた結果、

一瞬でご注文を頂くという事もありました。

 

基本、お客様よりの直請けで

上請けに搾取されない分、

ご注文頂いたお客さまには

還元できていると思います。

 

Q.工事の期間はどれくらいですか?

A.デッキの塗装工事の場合は

2週間~1か月間の事が多いです。

 

デッキに屋根を取り付るの場合は

規模・状況により変わりますが

1か月~2カ月ほど見て頂ければ

大丈夫かと思います。

 

ご相談はこちらまで

 

ご相談はE-メールまたはお電話にてお願い致します。

E-mail: info@bouffier.biz

℡:0266-55-6582

※当方は電話受付係が常駐してません。

電話は留守設定になっておりますので

お名前・ご相談内容・連絡先を

メッセージにお願い致します。

 

工事費等に上乗せされる金額を削減し

工事の内容自体に費用を掛けたい為、

ご理解をお願い致します。

 

また、電動工具で大工作業作業中

屋根の上で落ちないように作業中

塗装や機械を直して手が油だらけ

良い工事にする為に集中して作業中

という事も多いです。

 

その時にお電話を頂いても、

手が油や汚れだらけで電話を取れない

更にはメモも充分取れない事もあり、

ご用件を充分に伺えない面もあります

 

ですがメッセージを残して頂ければ、

しっかりご相談内容を受止められます

 

ですので、

この方式にさせて頂いておりますが

ご理解をお願い致します。

 

※当方では基本、下請けは致しません。

 

ご希望に最善の形でお応えする為には

下請け仕事では、どうしてもお客様の

ご希望と隔たりが出て来てしまいます。

 

また価格自体も”無意味”に高くなり

お客様のご負担が増えてしまいます。

 

価格の面でもサービスの面でも、

お客様との距離が出てしまう分だけ

双方ともに不利益になりますので

ご理解をお願い致します。

 

TOPページに戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雨漏り修理

雨漏り修理

ぴちょん・・・、また雨だ!

雨漏りは放っておくと、

屋根材、天井材を傷めるので

修理するには少しでも早い方が

費用も掛かりません。

なによりも雨が降ると、

毎回憂鬱になりますし・・

 

ところで

雨漏りの原因はなにか?

をご存知でしょうか?

 

完成したばかりの屋根はピカピカで

当然、雨漏りなどしなかった筈です。

 

それなのになぜ雨漏りが

する様にになるのでしょうか?

 

今まで雨漏り修理の経験から

導き出すと次の通りになります。

 

①寿命の短い屋根材を使っている

②建築家の設計した家

③業者の施工不良&経年劣化

etc が挙げられます。

 

では一つづつ説明していきます。

 

①寿命の短い屋根材を使っている

雨漏りの場合これが一番ありがちです。

 

一昔前にアスファルトシングルという

屋根材が好んで使われました。

↑この様にアスファルトの厚紙を

重ねて貼り付けていく施工方法です。

 

この屋根は施工する側にとっては

簡単に施工できるので、一時は

DIYなどでも良く使われました。

 

しかし、残念ながらこの

アスファルトシングルという

屋根材は耐用年数が15年程度。

 

耐用年数が過ぎるとこうなります↓

さらに症状が進むとこうなります↓

アスファルトシングルの紙が

何枚も重なることによって

雨の侵入を防ぐのですが

これでは効果が出ません。

 

ですので当然の成り行きで

雨漏りしていくわけです。

 

ですから建物オーナーが15年位

で寿命という事を知っていて

15年置きに重ね葺きをすれば

大丈夫なのです。

ですが中古で別荘を買った場合や

 

ご主人がアスファルトシングルで

屋根工事をして亡くなった場合等

残されたご家族はその事が知りません。

 

その状態でいよいよ雨漏りをして

ご相談頂くという事が多いです。

 

②建築設計事務所で設計した家

この美しいデザインチックな建物は

どこかの有名な建築家に頼んで

設計してもらったものだそうです。

 

そうオーナー様が誇らしく

話してくださいました。

 

しかし、実際はといいますと・・・

どこかから雨漏りして天井と

ブラインドカーテンは台無し。

さらに!↓

床まで雨漏りの水が落ちて

折角の床板がカビだらけです。

 

ここだけでなく他の箇所も↓

至る所で傷んでいます。

 

この原因は何かというと

デッキ下のもやい樋が詰まった

という、プロが設計したとは

思えない様なお粗末な結末。

一般的に竪樋はΦ60以上を使うのが

常識ですがここはΦ20・・・↓

もう一例ご紹介します。

これは塗装の御相談をいただき

屋根を塗装中に見つけたのですが

屋根の形状に無理があるので

板金が対応しきれていません。

現状は”雨漏り”までは至りませんが

何年か後にどうかはわかりません。

 

また屋根の形を凝った影響が

違うところに出ていました。

壁板を外すと信じられない程

ボロボロに・・・

 

原因はこの屋根の形にあります↓

なぜこの雪止めの先から溶けた雪が

壁を伝い、したたり落ちて、

壁が濡れているので腐ったのです。

 

私も独立前に技術を学ぶ為

建築設計事務所に勤務した

経験があります。

 

その経験と重ね合わせても

建築設計事務所はデザインは

力を入れても技術力は無い。

 

そう断言できます。

 

もちろん、実際に施工した

建築会社にもよりますが

 

建築設計事務所の建物が

雨漏りをしたら、直ぐに

そういうものと思って諦め

ご相談頂く事をお勧めします

 

③施工不良&経年劣化

 

もうこれはどうしようもありません。

 

雨漏りをするというので

屋根に上がってみると

屋根の瓦が浮いていて

防水下地も破れています↓

これは古い建物なので仕方がありません。

 

またこの屋根↓

今まで相当頑張ってきた感じで

錆も出ていればシリコンもボロボロ・・・

ここまで来れば、

今まで頑張ってくれてありがとう!

の世界です。

雨漏りの原因としては大所として

上述の様な理由が多いです。

 

ではどうしたら良いのでしょうか?

 

雨漏りは建築会社でしたら

どこでも修理出来ます。

 

ですが実際に修理するのは

板金屋さん事が多いです。

つまり建築会社は経費を付加して

板金屋さんに下請け仕事を

出しているだけ。

ですから

屋根修理を行っている会社に

直接ご相談頂いた方が

費用を節約できるのです!

 

さらに、板金屋さんが

屋根を工事する場合、

屋根の勾配にもよりますが

坪単価が約4万円~。

ですが当方では、

オンデュリンクラシックシート

という屋根材での施工が多く、

同じ条件ですと3万円/坪程度。

 

たかが坪一万円安いだけでしょ?

と思われる方もいるかと思いますが

普通、一般的な30坪の家ですと

30万円は違ってくる計算になります

 

 

また

でもこれで屋根を葺いたら

倉庫っぽくならない?

そう思われるのも尤もです。

まずは当社の施工例をご覧ください↓

そして実際に施工させて頂いた

オーナー様のご感想は

 

もっと倉庫っぽくなるかと

思っていたけど

意外とキレイで良かった。

 

というものでした。

 

そして当方では、

あと〇〇年だけ持てば良いから

というご希望があればその予算内で

施工させて頂いております。

 

オーナー様がご高齢で

 

私も体力が落ちてきて

あと5年も経てば

別荘に来られなくなるから

その間持てば良いです。

 

その分安く仕上げてください

 

ということで波トタンで補修↓

 

同じようにお婆ちゃんより

あと10年も経てば

この世に居なくなるから

その間持てば良いから

ということで波トタンで補修↓

他にも

古い家の屋根を直して欲しい

というご相談をいただき↓

この様に直したり↓

またもう一つ忘れてはいけないのは

板金屋さんでは部屋の中の修理はできない!

という点です。

 

当方は元々大工でもあるので

この様な部屋の中の滲みも↓

この様にキレイに直したり↓

こんな雨染みの天井と壁も↓

この様にキレイに修理します↓

つまり

お得な価格で外も中も修理が可能なのです。

 

ご相談はこちらまで

ご相談はE-メールまたはお電話にてお願い致します。

E-mail: info@bouffier.biz

℡:0266-55-6582

※当方は専門の電話受付がおりません。

電話は留守設定になっておりますので

メッセージをお願い致します。

 

工事等に上乗せされる金額を削減し

内容自体に費用を掛けたいので、

ご理解をお願い致します。

 

また、電動工具で大工作業作業中

屋根の上で落ちないように作業中

塗装や機械を直して手が油だらけ

良い工事にする為に集中して作業中

という事も多いです。

 

その時にお電話を頂いても、

手が油や汚れだらけで電話に出られず

更にはメモも充分取れない事もあり

ご用件を充分に伺えない場面もあります。

 

ですがメッセージを残して頂ければ、

しっかりご相談内容を拝聴出来ます。

ですので、

この方式にさせて頂いておりますが

ご理解をお願い致します。

 

※当方では下請け仕事はしません。

 

お客様のご相談を最善の形で結果に

反映させる為には、下請けですと

どうしてもお客様のご希望と

隔たりが出て来てしまいます。

 

また価格も無意味に高くなり

お客様のご負担が増えてしまいます。

 

価格の面でもサービスの面でも、

お客様との距離が出てしまう分だけ

双方ともに不利益になりますので

ご理解をお願い致します。

 

ではここで過去に行った

雨漏り修理の工事の一例

をご紹介します。

 

※クリックして頂きますと詳細をご覧いただけます。

屋根の重ね葺き 富士見高原

雨漏り修理 茅野市三井の森

屋根の葺き替え工事 茅野市チェルトの森

雨漏り修理で屋根張り替え 諏訪市

雨漏りの屋根修理 富士見町栗生

雨漏り修理(屋根重ね葺き) 茅野市蓼科ビレッジ

瓦屋根修理 原村三井の森

瓦屋根の修理 松本市深志

車庫屋根の張り替え 茅野市小堂見

屋根の修理 諏訪郡原村

玄関屋根設置 富士見高原

差し掛け屋根の増築 茅野市北山

 

雨漏りについての検証考察

屋根の雨仕舞(アスファルトシングル)の考察!

 

ご相談はこちらまで

ご相談はE-メールまたはお電話にてお願い致します。

E-mail: info@bouffier.biz

℡:0266-55-6582

※当方は専門の電話受付がおりません。

電話は留守設定になっておりますので

メッセージをお願い致します。

 

工事等に上乗せされる金額を削減し

内容自体に費用を掛けたいので、

ご理解をお願い致します。

 

また、電動工具で大工作業作業中

屋根の上で落ちないように作業中

塗装や機械を直して手が油だらけ

良い工事にする為に集中して作業中

という事も多いです。

 

その時にお電話を頂いても、

手が油や汚れだらけで電話に出られず

更にはメモも充分取れない事もあり

ご用件を充分に伺えない場面もあります。

 

ですがメッセージを残して頂ければ、

しっかりご相談内容を拝聴出来ます。

ですので、

この方式にさせて頂いておりますが

ご理解をお願い致します。

 

※当方では下請け仕事はしません。

 

お客様のご相談を最善の形で結果に

反映させる為には、下請けですと

どうしてもお客様のご希望と

隔たりが出て来てしまいます。

 

また価格も無意味に高くなり

お客様のご負担が増えてしまいます。

 

価格の面でもサービスの面でも、

お客様との距離が出てしまう分だけ

双方ともに不利益になりますので

ご理解をお願い致します。

 

 

TOPページに戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペンキ塗替え(塗装工事)

ペンキ塗替え(塗装工事)

過去に行った塗装関連の工事の一例をご紹介します。

※クリックして頂きますと詳細をご覧いただけます。

 

軽井沢で塗装工事

屋根や壁の塗装+α 茅野市北山

ログハウスの塗装+キツツキ対策 前橋市

屋根・壁の塗装+ウッドデッキ改修+α 茅野市蓼科ビレッジ

ウッドデッキ改修+α 茅野市蓼科ビレッジ

ログハウスの塗装工事 北杜市北杜市小淵沢

ウッドデッキ塗装+α 北杜市小淵沢

倉庫の塗装 原村中新田

縁側の塗装 茅野市豊平

ウッドデッキと外壁木部の塗装 原村三井の森

ペンキの塗り替え時期(塗装工事の考察)

 

TOPページに戻る

キツツキ対策で軒裏にパンチングメタル取り付け 茅野市東急リゾート

キツツキ対策で軒裏にパンチングメタル取り付け 茅野市東急リゾート

キツツキ対策の御相談を頂きましたが、

今回はいつもとちょっと違います。

↑この様に軒裏に穴を空けられたとのことです。

 

よくよく見ると、

穴が空いている右側は軒裏の色が違います。

板を交換して穴をキレイに塞いだのに

また穴を空けられたら大変!

 

ということで御相談を頂いたようです。

 

いつもでしたら

ネットでの対策をお願い

というご注文がほぼ全てなのですが、

※キツツキ対策のネットを取付た他の別荘の写真↑

 

今回は、

ステンレスのパンチングメタルを取り付けた方が

あと腐れが無くて良さそうですね。

というご希望により、軒裏に

パンチングメタルを取り付けることに!

よく建物の通気の部分に使用されているのは、

同じパンチングメタルでもアルミ製。

 

アルミ製は呆気無く穴を空けられて、

残念な事になることは度々目にします。

 

もちろんアルミとステンレスでは

値段も全然違います。

 

ステンレスのパンチングメタルは

1m×2mの一枚で2万円はしちゃいます。

 

これを軒裏全部に施工するので

ひゃー!

とは思ったのですが

ご注文頂いたのでさっそく工事に入ります。

 

高いトコなので足場を組んで

端から軒裏全部に取り付けていきます。

ひたすらひたすら取り付けます。

パンチングで穴空きなので、

薪ストーブ等を焚いても

屋根の中の湿気が逃がせます。

つまり、屋根の中が蒸れにくい。

という工事をひたすらやって終了!

足場を外して完成です!

壁は元々サイディングなので、

キツツキに穴を空けられる心配はありません。

 

さらに軒裏まで

ステンレスのパンチングメタルで

ガードしたのでキツツキ対策としては万全!

通常、当方が行っているネット対策より

4倍は費用が掛かりましたが、

後々まで考えた万全の対策としては

望みうる最善かと思います。

 

予算が許す方は是非どうぞ!

 

ではまた~♪

 

カテゴリーTOPに戻る

リゾートメンテナンスへ移動

TOPページに戻る

屋根の葺き替え 茅野市チェルトの森

屋根の葺き替え 茅野市チェルトの森

当方が独立した当初からのお客様より

板葺きが数枚剥がれて飛んで行ってしまった。

この際、屋根を葺き直したい

とのご相談を頂きました。

現状は↑こんな感じの板葺き屋根で、

おっしゃる通り板が数枚飛んで無くなっていました。

 

もし、一文字葺きや瓦棒引きなどの板金工事で行うのなら、

専門の板金業者さんに依頼する必要があります。

 

一文字葺き↓

板金横葺き↓

ですが打合わせをさせて頂く中で、当方で先日、

蓼科ビレッジでオンデュリンクラシックシートで施工した事例

を参考までにお伝えさせていただいたところ、

別荘オーナー様が、

 

30年経ったら私もこの世にいるかわからないからこれで良い

 

とおっしゃり、オンデュリンでの施工が決まりました。

 

どうして富士見町栗生のお婆ちゃんといい、そんな寂しい発言をするの?

人間は120歳まで生きれる様にできているのでそれまで頑張って下さい・・・

 

と、こういった言葉を聞く度に思いますが、それは立ち入れない話です。

 

話しはさておき工事に入ります。

 

まずは仮設工事で足場を組みます。

防水紙(アスファルトルーフィング)を敷きながら、桟木を打って行きます。

今回は薪ストーブの煙突がありますので、その雨仕舞には特に念入りに雨仕舞していきます。

ケラバもアングル金物を取り付けてキレイに仕上げます。

ちなみに足場についてですが、今回はちょっと苦労しちゃいました。

今回は玄関前の部分のスロープがガラス屋根になっており、足場屋さんも嫌がってやってくれなかったので、こちらで工夫が必要になりました。

 

↓こんな感じに恐怖のガラス屋根が・・・

割っちゃったらホント恐怖!

 

そしてその西側はこんな感じ↓に窓で一杯。

こちらも割りでもしたら大変です。

 

そこで↓こんな風に足場板を渡して臨時の足場を作りながらの作業です。

ちなみに↑この方は忙しい時に手伝ってくれる大工さん。

40年以上の大工経験があり、とても頼りになります。

 

話しは戻って、以前オーナー様より

ついでに煙突の掃除もしちゃってね

というご希望を伺っていたので、ついでに煙突掃除もしちゃいます。

 

煙突の頭を外すと・・・

なかなか見事な汚れっぷり♪

これをブラシでゴシゴシ!!

奥の奥までゴシゴシ!!

細かなススがムワーンとしていますが、汚れはしっかり落とせました。

ストーブの方を確認すると↓

はい、結構落ちています。

これを全部きれいに掃除機で掃除して

はい、煙突掃除完了!!

さて、屋根に戻って雨仕舞いの続きです。

 

棟カバーを取り付けられるように下地の桟木を取り付けながら

棟部分の雨仕舞をしてオンデュリンクラシックシートを取り付けていきます。

天窓部分の雨仕舞は特に気を使います↓

煙突廻りも綺麗に出来ました。

そして全部葺き終えて、屋根の葺き替えは完了!

最後に足場を撤去して工事完了!

完成した様子を別荘オーナー様に見ていただいたところ

もっと倉庫っぽくなるかと思ったけど

思ったよりキレイに仕上がっていて良かった!

とお言葉を頂けました。

 

ふ~良かった~~♪

(^。^;)ホッ

 

ちなみに煙突掃除はお仕事を頂いたのでサービスです。

 

ではまた~♪

 

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

雨漏り修理TOPへ戻る

手摺設置 茅野市蓼科ビレッジ

手摺設置 茅野市蓼科ビレッジ

前回までに、雨漏りの修理 という事で

屋根の重ね葺き をさせて頂きましたが

玄関前の手摺りが朽ちているのでどうにかして欲しい

というご相談も頂いておりました。

↑たしかに手摺として機能していないくらいにボロボロ・・・

他人の体重を支えるというより、人が手摺りを支えるという感じ。

 

階段上部の壁との接合付近は、雨が当たらずほとんど傷んでいませんでした。

というかここを交換するとなると、大難事。

 

壁から木を外す必要があるのですが、木を外せば壁のモルタルなどの表面も剥がれてしまいます。

今回は、この部分はそのまま使えそうだったのでそっとしておき、他の部分の撤去に入ります。

 

中略

※これ以降いつもの通り作業に熱中して写真を撮り忘れてしまいました。

 

そして完成!

屋外用の手すりの部品はけっこう高価で、曲り部品一つで4000円~5000円はします。

 

ですので、手すりの取り付け工事は片側だけでも7万円~(長さや素材による)は費用が掛かります。

 

当方では工事をさせて頂いた場合は何かしらサービスさせて頂くのですが、さすがにこれを全額タダにするのは無理。

 

 

他の業者さんには、

屋根工事だけで150万円

と言われていたようですが

 

当方では屋根手摺工事を合せても、

それよりは費用を抑えた価格でできました。

 

ご予算の事でなかなか深刻に考えて込んでおられたので、費用が抑えられ安心したご様子。

 

私もホッとしました。

 

ではまた~♪

 

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

 

雨漏り修理 茅野市蓼科ビレッジ

雨漏り修理 茅野市蓼科ビレッジ

別荘が雨漏りするので見積りをお願いします

というお電話をいただきました。

そこでまずは現状確認です。

 

この別荘の↓

この屋根の↓

この↓ブルーシートの下が雨漏りしているとのこと。

コケだらけで滑る屋根の上に何とか登ってブルーシートをめくってみます↓

あ~。

コケだらけの屋根にアスファルトシングルか~~~。

これじゃ雨漏りが起きても仕方ないな・・・。

 

別荘の管理会社に相談すると

屋根の重ね葺きで150万円は必要です

下地までやり直したら300万円くらいは掛かります

という回答だったみたい。

 

それで驚かれて当方に、

何とかもうちょっと安くできる方法は無いの?

というご相談を頂いた次第です。

 

それで当方が提案したのが

オンデュリンクラシックシート

で屋根を重ね葺きする方法。

メーカーの説明では、

・15年の耐水性を保証でき、実際の耐用年数はこの何倍にもなる。

と謳っている。

 

また、ネットで調べてみると50年くらい、書いてあるサイトもある。

 

実際に、アスファルトシングルでも15年以上は持つ位だから、それと比べてみてもオンデュリンクラシックシートの方が厚くしっかりしているのでもっと持ちそう。

固い所では、30年前位は大丈夫、と言っても良さそうだ。

 

そこでお客様に説明すると

・そのくらい持てばもうこの別荘をどうするか考える時期

というお答えを頂きました。

 

今回の屋根はけっこう広い面積でした。

それでもこの方法なら屋根を重ね葺いても150万円より少しは安くなります。

※屋根の傾斜によります。

 

話がまとまったので施工に入ります。

 

ブルーシートを剥がして

歩いてみるとペコペコするというか、多少へこむ部分があります。

この部分だけ直せれば一番いいのですが、雨漏りの場合はなかなかそういう直し方が難しいケースが多いです。

 

どのみち屋根全体に敷き詰めたアスファルトシングル自体が限界っぽいですし、全体に重ね葺きます。

 

まずは屋根の上に溜まったコケや落ち葉の掃除です。

これを掃いて行くって↓

落とせる部分は落とすことができました!

次に防水紙(アスファルトルーフィング)を敷き、桟木を打って行きます。

この桟木の上にオンデュリンクラシックシートを固定する釘を打つことになります。

 

雨仕舞の観点からしたら邪魔でしかないドーマー部分もしっかり防水紙で被覆します。

終わったら今度はひたすらオンデュリンクラシックシートを敷き並べて固定していきます。

屋根の棟部分は、オンデュリン棟カバーを被せます。

そして完成!

これで、雨漏り修理 自体は完成ですが、ついでに

玄関前の手摺りが腐ってしまってボロボロ

という事でそちらの工事に移ります。

 

続きます。

 

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

雨漏り修理TOPへ戻る

ウッドデッキ改修工事 茅野市 三井の森いずみ平  

ウッドデッキ改修工事 茅野市 三井の森いずみ平  

ウッドデッキが腐って完全に朽ちてしまったので、孫の為にも新しくしたい

というご相談をいただきウッドデッキの改修工事です。

一見すると普通そうに見えますが・・・

見事にボロボロ・・・

 

しかも過去に頑張って直した形跡があるのですがこれは・・・・

 

という現状で他社で御見積をしてもらったところ、300万円かかります!と言われて驚いて当方へご相談を頂いた次第です。

 

え~と、ウチだとその半値以下なんですけど・・・

 

この様な経緯で頂いた仕事ですが、基礎はそのまま使用して良い という事でしたのでそのまま使用します。

これで更に安くなります。

 

まずは撤去作業へ!

基礎の位置や据え方の問題はあるもののお客様より、できたなりで良い というご意向を頂いておりますのでそのまま設置工事に入ります。

 

もう簡単に朽ちて欲しくないというご希望でお見積り通り、防腐剤注入の材を使用します。

それを柱と桁、根太として設置していきます。

据え付けが終わった場所から順次塗装をします。

 

実は工務店・大工によっては、塗装は最後にまとめて行う という会社・職人もいます。

 

その様な場合、表は塗装してあっても裏を覗いたら塗装していなかった というケースがあります。

 

別に雨があまり当たらない箇所ではその方法でも問題ありません。

 

しかし、吹きっさらしのウッドデッキの場合、木と木がくっついている部分は塗料が塗られていないので、後々木の反りなどで隙間ができた場合には水が入って傷みやすくなります。

 

私も他社の施行したものの修繕等をご相談して頂き裏を覗いたら アラアラ・・・、という事が何度かありました。

 

お客様にはどうせそこまでわからないからと思って施工したかもしれないけど・・・

 

まぁ、他社のことはいておいて、塗装は面倒でもできるだけ順次行って行った方が良いので、床板をはった後では塗れない部分などにも全部塗るためにこうします。

次は手摺の設置です。

よろび(垂直)を確認しながら手摺の柱を取り付けていきます。

終わったら今度は手摺の笠木と横板を取り付けていきます。

 

また同時に、既存の基礎を使わせて頂いたので基礎の柱が動かないように根がらみ貫きを取り付けていきます。

そして仕上げの塗装をペタペタと塗ります。

最後に開口部の扉を取り付けて完成です!

いやー、手間が掛かった。

けどこれならお孫さんが来ても安心ですね!

 

キレイに仕上げてくれてありがとう

そう言って頂けて励みになりました。

(〃^¬^〃)

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

ウッドデッキTOPに戻る

 

木枝の伐採 茅野市穴山

木枝の伐採 茅野市穴山

使用してない別荘の木が伸びすぎて

ご近所からクレームが出た

とのことで木枝の伐採の御相談を頂きました。

 

区長さんに苦情を言われちゃ

早く対応しないといけないですよね!

 

現況はこんな感じ↓

敷地の中もこの通り↓

お隣のご婦人にご確認頂きましたが

これだけ敷地を越えていれば

区長さんが何か言ってきても無理も無いかと・・・

という訳で木枝の伐採作業です。

お隣さんとの境もスッキリ↓

敷地の中もスッキリです↓

もうこちらに来ることは殆ど無い

とのことでしたが、

スッキリになって良かった

と言って頂きけました~!

(ノ´▽`)ノオオオオッ♪

 

ではまた~♪

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る