キツツキ対策&ウッドデッキ修理♪ 軽井沢町

今回は

キツツキ対策の

ご相談です。

 

ですが現場で

お話させて頂いた処

ウッドデッキの修理も

行うことになりました!

 

まずは足場を組んで

キツツキ対策です。

今回はこの面だけ

パンチングメタルを

軒裏に貼る事になりました。

 

実施前↓

ここにあらかじめ

切り出して塗装した

パンチングメタルを

貼っていきます↓

そして足場を外して

キツツキ対策は終了です。

次はウッドデッキの

床板交換に入ります。

このウッドデッキですが

雨樋が無いので

屋根先の真下部分が

特に傷んでいました。

まずは板を剥がしてみて

根太まで傷んでいるか

確認します。

うん!

これなら大丈夫そうです。

そこでいつも通り予め

加工&塗装した板を

打ち付けていきます。

そして最後に

手すりも含め全体に

仕上げの塗装をします。

もちろん2回塗りです。

お客様に報告書を

お届けしたところ

報告書を確認させて頂きました。

 

大変分かりやすく

丁寧なお仕事ぶり

感激しながら拝見させて頂きました。

 

本当にお願いして良かったです。

 

ありがとうございました。

 

というお言葉を頂けました。

 

お役に立てたのでしたら

こちらこそ感謝ですーー!!!

 

どうもありがとうございました!!!!

 

ではまた~♪

 

もっと建築工事・ウッドデッキ工事を見る

キツツキ対策に戻る

TOPページに戻る

キツツキ対策で軒裏にパンチングメタル取り付け 茅野市東急リゾート

今回はキツツキ対策の

御相談を頂きました。

ですが、今回はいつもと

ちょっと違います。

↑この様に軒裏に

穴を空けられた

とのことです。

よくよく見ると、

穴が空いている右側は

軒裏の色が違います。

板を交換して穴を

キレイに塞いだのに

また穴を空けられたら大変!

ということで御相談を

頂いたようです。

いつもでしたら

ネットでの対策をお願い

とご相談頂くのですが

※キツツキ対策のネットを

取付た他の別荘の写真↑

今回は、

ステンレスのパンチングメタルを

取り付けた方が後々

心配が無くて良さそう

というご希望により、

軒裏にパンチングメタル

を取り付けることに!

よく建物の通気の部分に

使用されているのは

同じパンチングメタルでもアルミ製。

アルミ製は強度が無いので

穴を空けられているのを

過去に何度も目にしています。

もちろんアルミと

ステンレスでは

値段も全然違います。

ステンレスの

パンチングメタルは

1m×2mの一枚で

2万円はしちゃいます。

これを軒裏全部に

加工して取付けるので

ひゃー!

とは思ったのですが

ご注文頂いたので

早速工事に入ります。

高いトコなので足場を組んで

端から軒裏全部に取り付けていきます。

ひたすらひたすら取り付けます。

パンチングで穴空きなので、

薪ストーブ等を焚いても

屋根の中の湿気が逃がせます。

つまり、屋根の中が蒸れにくい。

という工事をひたすらやって終了!

足場を外して完成です!

壁は元々サイディングで

キツツキに穴を空けられる

心配はありません。

さらに軒裏まで

ステンレス製の

パンチングメタルで

ガードしたので

キツツキ対策としては万全!

通常のネット対策より

4倍は費用が掛かりましたが

後々まで考えた対策としては

望みうる最善かと思います。

予算が許す方は是非どうぞ!

ではまた~♪

キツツキ対策に戻る

TOPページに戻る

ログハウスの塗装 + キツツキ対策

前回、

キツツキに空けられた穴の修理

をしたので、今回は

外壁の塗装工事に入ります。

この建物のオーナー様は

別荘をとても大切にされる方で

毎月2回は別荘に来て

色々手入れをされそうです。

それだけに外壁の塗装なども

定期的におこなってきたので

今回の建物は外壁の傷みが

ほとんどありませんでした。

ただ唯一、デッキ階段の踏み板が

傷んできていたので

これを後で交換です。↓

塗装工事に入るので

その前に高圧洗浄機で

洗いに入ります。

こうすることで、

劣化してすぐに剥がれる様なった

既存の塗装は剥がれ落ちます。

※別の現場の写真です↑

また、木も雨風で洗われて

ボロボロになった部分は、

吹き飛ばしてキレイに

することができます。

実際に高圧洗浄をはじめると↓

黒カビか苔かよくわかりませんが

汚れと一緒に落ちる落ちる。

ここも↓

洗うとこれだけキレイに↓

塗装と木の色合いが似ているので

写真ではわかり難いですが、

デッキの部分も落ちる落ちる↓

一番、雨風や紫外線が当たる

デッキの手すり他の部分も

落ちる落ちる↓

こうして高圧洗浄機での洗いは完了!

数日おいてしっかり乾燥させます。

これでやっと塗装に入れます。

こんな感じに窓廻り他を養生し

他の部分が汚れないように

しながら塗装します。↓

こういう高い部分がけっこう大変↓

雨仕舞の水切りの部分と

窓や玄関戸などの開口部の上の小屋根も塗装します。

デッキの裏側も忘れずに塗装します。

作業前↓

ひょっとして今までは塗装してなかった・・・?

これがこうなります↓

塗り終わる前に、ウッドデッキの階段を交換して塗装します。

↑これを板を交換して塗装します↓

そして塗装完了!

最後にキツツキ対策のネットを

取り付けて全部終了です↓

今回は通いで行ったのでとても大変でした。

けれど別荘を大切にされている

オーナー様(お施主様)に、

ご満足頂けて良かったです。

ふ~。

ε- (´ー`*) フッ

ではまた~♪

もっと塗装工事・メンテナンスを見る

キツツキ対策に戻る

TOPページに戻る

キツツキの穴の補修 前橋市

今回は前橋市の〇△神社付近の

別荘オーナー様よりのご相談です。

今回は

・ログハウスの外壁塗装

・デッキ階段の補修

・キツツキの穴の補修

・キツツキ対策

のご相談でした。

しかし、前橋市のその別荘まで

高速道路を使用しても

片道3時間半はかかる道のり。

どうしようかな・・・

さすがにこれはお断りした方が良いのでは?

と思ったものの、

せっかく当方を見込んで

くれてのご相談です。

ここは何が何でも頑張らなければ!

ということでお仕事を

させて頂きました。

まずはキツツキの空けた穴を補修します。

なにせこれをしないで

高圧洗浄機で軒裏を洗ったら

水が軒裏から屋根の内部に

入ってしまいます。

そうなったらカビが生えたり

ダニの発生する原因に

なってしまうので

優先して行います。

あらら、

いつも通りこんな高いトコに

穴を空けちゃって・・・

いつもならキツツキの穴塞ぎは

板を穴の上から貼りつけ

終わりです。

※写真↑は今回とは別の事例です。

ですが今回はご希望により

板を外して取り換える

ことになりました。

早速、板を取り外して

内部を覗くと・・・↓

まずはハチ君とご挨拶↓

その奥には本来はある筈のない

何やら黒いものが・・・↓

アップすると↓

なにかの虫の死骸?

それとも糞?

さすがに私も気持ちが

良くないですが、

手に取ってよくよく見てみます。

なにやら植物の種らしき

ものが見えます。

ということはきっと

キツツキか何かの糞?!

お施主様に報告すると

全部とれるだけ取りだして

というご希望。

まぁそう思われるのも

当然ですよね。

とはいうものの、

軒裏の板を全部外す予定

ではないので今回は

手の届く範囲の物を

取り除きます。

そして新しい軒裏の板を

取り付け&塗装します。

完成!

これで次の塗装工事に入れます。

つづきます~♪

もっと建築工事・ウッドデッキ工事を見る

TOPページに戻る

屋根と外壁の塗装♪ 旧軽井沢

以前、キツツキ対策と

2階ベランダ屋根の

雨漏りの補修をご相談

頂いたお客様より、

塗装もお願いできますか?

とのご相談アリ!

う!?軽井沢で塗装工事か・・・

片道2時間掛かるからな、どうしよう?

と思い、

私は八ヶ岳の周辺が

活動エリヤなので、

ご近所の業者さんでなくて良いのですか?

とお聞きすると

清水さんの仕事が丁寧だから

できれば頼みたい

とのご返答。

私の事を評価してくれているのだ

と思うと断れない。

正直、なんか嬉しい。

(*α∀α*)うふふ

ということで塗装工事です。

この旧軽井沢にある別荘↓

以前、取付けた

キツツキ対策ネットは

塗装後に『効果抜群の新型』に

交換予定なので既存のネットは

キレイに全部取り外します。

そして高くて危ない箇所を中心に

仮設足場を組んでいきます。

足場が組めたら高圧洗浄機で

屋根と壁を入念に洗浄します。

まずは屋根を洗浄します。

洗浄するとこれだけ汚れが落ちます↑

高圧洗浄前

高圧洗浄後

屋根が終わったら

次は壁の洗浄です↓

今回の別荘はオイルステインの

キシラデコールで

塗装されたものでした。

キシラデコール(油性)は

オイルを木に浸み込ませる

塗装なので、丹念に

洗浄していくと

・風雨で洗われ脆くなった部分

・陽射しで傷んできた部分

はキレイに吹き飛びます。

ですからこれだけでも

ケレン処理になります。

高圧洗浄後↓

洗浄が終わったらすぐに塗装せず

数日おいてしっかり乾かします。

キシラデコール等の

ステイン系の塗料は

木にしっかりと浸み込む

ことで効果が出ます。

ですから充分に乾燥させて

水分を飛ばしておく

必要があるからです。

そして十分に乾燥した頃

壁ではなく、まずは

屋根の塗装からします↓

最初に塗り残しが無い様に

屋根の縁を丁寧に塗装して

板金の重なる部分や

壁との取り合い部分を

刷毛で塗っていきます。

終わったら今度はローラーで

一気に塗りつぶします。

シリコン入りの油性塗料なので

夏でも一度塗ったら2

4時間以上は乾かす

必要があります。

そこで次は壁の

塗装作業に入ります。

まずは破風板・鼻隠し板

から塗ります↓

そして壁。

陽射しと風雨で現れた場所は

イタミが酷いので

やはり一度塗っただけでは

色ムラが出ちゃいます。↑

全体は2度塗りですが

イタみの激しい部分は

3度以上塗り、色ムラが

出ない様にしていきます↓

大分マシになりました。

そして壁の塗装の間に

しっかりと乾燥した

屋根を仕上げます。

板壁のシリコンの打ち直し等

他の作業もありましたが、

これで塗装も無事終了!

そして新しいキツツキ対策の

ネットを付け直します。

あとは仮設足場を撤去し

全作業終了!

軽井沢まで行き来するだけで大変でした。

でもお客様は

丁寧な仕事をありがとう

と喜んでくれました。

喜んで貰えて良かった~♪

(*´∪)ェヘヘ

ではまた~♪

もっと塗装工事・メンテナンスを見る

TOPページに戻る

ログハウスの塗装工事 北杜市小淵沢

ログハウスのペンキ塗り替え

をご依頼頂いたので

施工させて頂きました。

施行前

一見キレイなのですが、

よく見ると色が大分薄く

なってきた感じがあります。

施工後

(キツツキ対策も行ったので

キツツキ除けのネットが

掛かっています)

塗り替えますとやはりテカリが違います!

施行前

施工後

施行前

施工後

施行前

施工後

キチンと、

・高圧洗浄

・ケレン処理

・コーキングの打ち直し

・2度塗り

・窓・玄関などの縁廻りも

塗料の色を変えてますし

・塗料も壁はウレタン塗装

・壁はキシラデコール(今回は水性塗料)

・玄関先デッキ塗装

という具合に行っています。

ちなみにこのログハウスは

台所の排水に問題があり、

別荘に久しぶりに来ると

排水の匂いが充満しているんだよ~。

という事でしたのでついでに

チャチャチャっと手直し

させて頂きました。

このお客様からのご依頼は

初めてでしたが、既に

塗装&キツツキ対策のネット取付け

をご依頼頂きましたので

細かな部分はサービスです。

※他の業者では8000円位は

すぐに請求されます。

何事によらず併せて

ご依頼いただくと

値引きも可能です。

よろしければどうぞ~!

ではまた~♪

もっと塗装工事・メンテナンスを見る

TOPページに戻る