リゾートメンテナンス

アトリエブフィエでは

別荘のオーナー様向けに

下記の様なメンテナンス

を行ってきました。

 

※クリックして頂けますと

詳細をご覧いただけます。

塗装工事

屋根と壁の塗装工事 旧軽井沢

屋根や壁の塗装+α 茅野市北山

ログハウスの塗装+キツツキ対策 前橋市

屋根壁塗装+ウッドデッキ改修+α 茅野市蓼科ビレッジ

 

ログハウスの塗装工事 北杜市北杜市小淵沢

ウッドデッキ塗装+α 北杜市小淵沢

倉庫の塗装 原村中新田

縁側の塗装 茅野市豊平

ウッドデッキと外壁木部塗装 原村三井の森

ペンキの塗り替え時期(塗装の考察)

ログハウスの外壁の塗装 富士見町

屋根の塗装工事♪ 原村中央高原

 

軽井沢で塗装工事

屋根や壁の塗装+α 茅野市北山

ログハウスの塗装+キツツキ対策 前橋市

屋根・壁の塗装+ウッドデッキ改修+α 茅野市蓼科ビレッジ

ウッドデッキ改修+α 茅野市蓼科ビレッジの続き

ログハウスの塗装工事 北杜市北杜市小淵沢

ログハウスのが鵜壁塗装 富士見町

屋根の塗装工事 原村中央高原

ウッドデッキ塗装+α 北杜市小淵沢

倉庫の塗装 原村中新田

縁側の塗装 茅野市豊平

ウッドデッキと外壁木部の塗装 原村三井の森

ペンキの塗り替え時期(塗装工事の考察)

 

 

ウッドデッキ改修・補修

ウッドデッキの改修 茅野市三井の森

ウッドデッキ補修 富士見高原

ウッドデッキの修理♪ 茅野市蓼科ビレッジ

コンクリートテラス&ウッドデッキの設置 原村コットン村

ハードウッドでウッドデッキ造り 軽井沢

ウッドデッキの床板交換 茅野市蓼科ビレッジ

ウッドデッキを長持ちさせるには

ウッドデッキの補修&補強工事 蓼科ビレッジ

 

ハードウッドでウッドデッキ造り 軽井沢

ウッドデッキの改修 茅野市三井の森

ウッドデッキ補修 富士見高原

ウッドデッキの補修&補強工事 蓼科ビレッジ

ウッドデッキの修理♪ 茅野市蓼科ビレッジ

コンクリートテラス&ウッドデッキの設置 原村コットン村

ウッドデッキの床板交換♪ 茅野市蓼科ビレッジ

ウッドデッキを長持ちさせるには

 

 

雨漏り修理

雨漏り修理 原村丸山の森

雨漏り修理 茅野市湖東

屋根の重ね葺き 富士見高原

雨漏り修理 茅野市三井の森

雨漏りの屋根修理 富士見町栗生

雨漏り修理(屋根重ね葺き) 茅野市蓼科ビレッジ

瓦屋根修理 原村三井の森

瓦屋根の修理 松本市深志

 

雨漏り修理 原村丸山の森

雨漏り修理 茅野市湖東

屋根の重ね葺き 富士見高原

雨漏り修理 茅野市三井の森

雨漏りの屋根修理 富士見町栗生

雨漏り修理(屋根重ね葺き) 茅野市蓼科ビレッジ

瓦屋根修理 原村三井の森

瓦屋根の修理 松本市深志

 

 

その他大工工事

屋根の重ね葺き工事 茅野市チェルトの森

茅野市東急リゾート H様保養施設

薪小屋などの設置 茅野市チェルトの森

ドアノブ交換 茅野市蓼科

キツツキの穴の補修 前橋市

 

玄関扉の副え錠の取り付け & 玄関枠の直し 富士見高原

 

ふすま・障子戸の調整+α 原村三井の森

屋根の重ね葺き工事 茅野市チェルトの森

茅野市東急リゾート H様保養施設

薪小屋などの設置 茅野市チェルトの森

ドアノブ交換 茅野市蓼科

キツツキの穴の補修 前橋市

玄関扉の副え錠の取り付け & 玄関枠の直し 富士見高原

ふすま・障子戸の調整+α 原村三井の森

 

その他メンテナンス

風除けの壁造り 茅野市北山

ボイラーの交換

水栓の交換 茅野市

玄関前階段の手摺り設置 茅野市蓼科ビレッジ

枕木設置 原村横深山

ネズミ対策 原村横深山

シロアリ対策 北杜市北杜市小淵沢

ドッグラン柵の修繕 原村横深山

機械の処分 原村中央高原

椅子の補修 茅野市北山

網戸の網の張替え 原村三井の森

電灯の交換 原村三井の森

 

TOPページに戻る

ブログを読んでみる♪

ハードウッドでウッドデッキ造り♪ 軽井沢

今回は以前から何度か

お仕事を頂いたお客様より

ご相談を頂きました。

ウッドデッキの柱が落ちたので

デッキの改修をしたい。

 

そして今度は

柱が落ちない様

しっかりした物を造りたい。

 

清水さんは原村で

ちょっと遠いので大変かと思い

 

管理事務所に

見積り依頼をしたら

とんでもなく高い!

 

なんとかならないか?

 

というご相談でした。

 

 

そこで

 

ハードウッドという非常に

腐りにくい木があり

それだと30年位~は

もつと思いますよ

 

とご提案させて頂きました。

 

そしてハードウッドにも

幾つか種類があります。

 

当方のお付き合いある製材屋さんは

・イペ

・ウリン

・アマゾンチェリー

(アマゾンジャラ)

・セランガンバツ

を扱っています。

 

イペが最も良く

次がウリンという順番ですが

金額も高い。

 

今回はちょうど良さそうな処で

アマゾンジャラ

(アマゾンチェリー)

をお勧めさせて頂きました。

 

それでもコストも高いので

二通りにのお見積りを作成します。

 

一つは

 

柱・桁・根太はアマゾンジャラ

というハードウッドで施工し、

床板は防腐剤注入材

施工した場合のお見積り

もう一つは

全部をアマゾンジャラという

ハードウッドで施工した場合

 

の二通りのご提案をさせて頂きました。

 

 

すると

そのお見積り金額なら

全部をハードウッドで

施工するプランでお願いしたい。

 

ということで工事を

ご注文頂ける事になりました。

 

まずは解体作業に入ります。

 

作業前↓

解体後↓

そして今度は

独立基礎を増やして

より強固にします。

下準備ができたので

レベルを出します↓

そうこうしている内に

材料が届いたので↓

刻んで柱・桁を

組んでいきます↓

そこに大引になる

柱等を固定していきます↓

それが終わったら

デッキ床板を貼っていきます。↓

固定したら

ミミを切りそろえます↓

そして、根がらみ貫き

をバシバシ取り付けて

ガッチリ固定していきます↓

そして階段を取り付け↓

最後に仕上げの

塗装をして完成です!

※ちなみに↑の衝立は

雨がはねて壁を傷めるので

その予防です。

 

ハードウッドは

塗装をしなくても

十分長持ちします。

 

ですがそれでも表面に

濡れ模様ができたりするので

塗装をした方が綺麗ですし

ちょっとでも長持ちします。

 

ということで

塗装をさせて頂きました。

 

お客様には

 

ありがとうございました。

 

それにしても、清水さんの

知恵と工夫と技術には

只々感心させられるばかりです。

 

とご感想頂けまして光栄です!

 

ではまた~♪

 

 

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

ウッドデッキTOPに戻る

 

キツツキ対策&ウッドデッキ修理♪ 軽井沢町

今回は

キツツキ対策の

ご相談です。

 

ですが現場で

お話させて頂いた処

ウッドデッキの修理も

行うことになりました!

 

まずは足場を組んで

キツツキ対策です。

今回はこの面だけ

パンチングメタルを

軒裏に貼る事になりました。

 

実施前↓

ここにあらかじめ

切り出して塗装した

パンチングメタルを

貼っていきます↓

そして足場を外して

キツツキ対策は終了です。

次はウッドデッキの

床板交換に入ります。

このウッドデッキですが

雨樋が無いので

屋根先の真下部分が

特に傷んでいました。

まずは板を剥がしてみて

根太まで傷んでいるか

確認します。

うん!

これなら大丈夫そうです。

そこでいつも通り予め

加工&塗装した板を

打ち付けていきます。

そして最後に

手すりも含め全体に

仕上げの塗装をします。

もちろん2回塗りです。

お客様に報告書を

お届けしたところ

報告書を確認させて頂きました。

 

大変分かりやすく

丁寧なお仕事ぶり

感激しながら拝見させて頂きました。

 

本当にお願いして良かったです。

 

ありがとうございました。

 

というお言葉を頂けました。

 

お役に立てたのでしたら

こちらこそ感謝ですーー!!!

 

どうもありがとうございました!!!!

 

ではまた~♪

 

カテゴリーTOPに戻る

リゾートメンテナンスへ移動

TOPページに戻る

10万円の薪小屋造り♪ 茅野市泉野

 

今回は薪小屋造りの話です。

 

お客様のご希望は↓

・薪小屋を造って欲しい

・2×4材で簡単に

・基礎はブロック

・塗装はしなくていい

・大きさは横2m × 高さ2m × 奥行20mくらい

・屋根は波トタンで

・特別定額給付金の10万円で収まる様に

という内容。

 

そこでご希望に

適うように

薪小屋造りに入ります。

 

造る場所はこの場所↓

ここにブロックを置いて

その上にデッキの床を

造っていきます。

適当に見えるかもしれませんが

1本の根太につきブロックが

2か所以上掛かる様に

分散して配置してます。

 

そして、

高さ調整をしてから

柱になる部分

壁になる部分を造り

桁になる部分

母屋になる部分を

造っていきます。

そうすると

こんな感じになります↓

細かい寸法や

角度の微妙なズレは

ご勘弁頂きます。

 

そして屋根に

波トタンを取り付けます。

これで完成!↓

 

お客様からは

 

ありがとうございました。

 

解体材をイメージしてましたが

無垢材なのでしょうか?

 

コスト的に大丈夫でしょうか?

 

とのご感想を頂きました。

 

 

大丈夫です!

 

予算内で収まるように

造らせて頂きました。

 

お気に召して頂けたのなら

何よりです!

 

ではまた~♪

 

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

雨漏り修理♪ 原村丸山の森

今回は、

2階屋根雨漏り

現状屋根材は

アスファルトシングル。

 

2年前に中古別荘として

購入したのですが、

先日の長雨後2階の寝室が

雨漏りしてました。

 

というご相談により

見積りがてら現状を確認します。

 

お問い合わせの内容の通り

一目見て、これは典型的な

アスファルトシングルの雨漏り。

お客様も既に

重ね葺きしかないだろうな

と思われていたようで

話はスッと決まりました。

 

そこで後日、

重ね葺きの工事に入ります。

 

今回は西側半分の屋根工事

という事になりましたので

西側に足場を掛けます。

足場ができたので

屋根に上ってみると

落ち葉に隠れていますが

屋根材はかなり

傷んでそうな雰囲気です。

まずは屋根を掃除します。

するとかなり剥がれ落ちます。

アスファルトシングルの

重なり部分がこれだけ

剥がれ落ちたという事は

それだけ雨漏りしやすくもなります。

 

しっかりと防水紙を敷き

桟木で留めていきます。

ケラバ(屋根端)には

あとで金具を取り付けます。

とりあえず下まで

アスファルト防水紙と

桟木を取り付けていきます。

そうしたらここで

屋根端部(ケラバ)に

金具を取り付けて少しでも

木の濡れない様にします。

下準備が終わったら

あとはひたすら

屋根材を葺いていきます。

そして棟で

棟カバーで留めます。

あとは窓周りに

しっかりシリコンを

打って雨仕舞し、

足場を解体して終了です。

途中、軒下のハチにあり

蜂に刺されるという

ハプニングもありましたが

無事終わってよかったです。

これでしばらくは安心ですね。

 

お客様には

この度はお忙しい中、

蜂に刺されながらも

屋根修理、本当に

ありがとうございました

 

とお言葉を頂けました。

 

少しでもお役に立てたのでしたら

こちらこそ感謝です~♪

 

大工工事TOPに戻る

TOPに戻る

ウッドデッキの床板交換♪ 茅野市蓼科ビレッジ 

今回は

デッキの床板が傷んで

きたので見て欲しい

というご相談を頂きました。

 

今回の別荘は、

デッキの上に屋根があります。

ですので確認してみても

傷みがあるのは先っぽの

数枚だけで他はキレイな状態。

根太がどれだけ傷んでいるかは

剥いでみないとわかりませんが

板が一束もあれば足りそうな感じ。

 

そこでいつも通り

あらかじめ板を

加工し塗装もして

交換作業に入ります。

 

板を剥いで根太の状態を確認します↓

傷みが来ている部分もありますが

下の大引が支えている部分が

広いのでこの程度なら

持ちそうです。

そこで板を張り付け

仕上げの塗装をして

完成です!

これでまたしばらくは安心ですね。

 

ではまた~♪

 

リゾートメンテナンスを見る

建築・大工工事を見る

TOPページに戻る

屋根の塗装工事♪ 原村中央高原

 

以前よりお仕事を

頂いている方より

屋根の塗装について

ご相談を頂きました。

今までは自分たちで

塗ってきたのだけれど

そろそろ屋根に上るのも

危ないから

 

という事でした。

そこで今回は

屋根の塗装工事

をさせて頂きました。

 

まずは屋根のケレン処理です。

 

こういったパリパリくんを

キレイに落としていきます↓

今回はグラインダーに着けられる

ワイヤーブラシで撫でまわします。

なかなかの滑らかさ。

ケレン処理が終わったら

今度は錆止め塗料を

塗っていきます。

屋根の状態によっては

不要な場合もあるのですが

今回の屋根はパリパリも多く

塗った方が良いので塗ります。

錆止め塗装(下塗り)が

終わったら、今度は

中塗りに入ります。

中塗りが終わったら

今度は上塗りで仕上げていきます。

なかなかキレイに出来ました。

 

これでまた10年くらいは

安心ですね!

 

お客様に喜んで頂けて

良かったです。

 

ではまた~♪

 

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

ペンキ塗替えTOPへ戻る

 

ログハウスの外壁の塗装工事♪ 富士見町

ログハウスの塗装工事の

ご相談を頂きました。

そこで工事入らさせて頂きます。

まずは足場を組ませて頂き↓

高圧洗浄で汚れや

浮いた塗料を落としていきます。

山桜が散り始める

5月中旬のことでした。

洗いが終わりましたら

一部、シリコンが

切れた部分を打ち直します。

そして塗料が余計なところに

着かない様に養生をします↓

養生が終わったら

ステイン系の塗料で

塗装作業に入ります。

 

壁や桁部はもちろん

一番、劣化しやすい

棟部の破風板

屋根先の鼻隠し

軒裏

2階のデッキ裏

ウッドデッキの床板

全部塗っていきます。

一通り終わったら

今度は2度目の

塗装に入ります。

でうしても雨風や紫外線で

劣化の激しくなるこの部分↓

ここは4回ほど塗って色を合わせました。

そして塗りが済んだら

養生を剥いで

足場を解体します。

これで作業完了です。

 

お客様からは

大変な仕事、本当にご苦労様でした

とねぎらいのお言葉を頂けました。

 

こちらこそ感謝です!

 

ではまた~♪

 

 

 

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

ペンキ塗替えTOPへ戻る

ウッドデッキの塗装♪ 原村中央高原

以前、お仕事を頂いたお客様より

ウッドデッキの塗装のご相談を頂きました。

 

めったに見ない2階建てのデッキです。

 

デッキの塗装もですがこの柱の

白い塗装が色あせています。

2階のデッキの裏も↓

裏側はそもそも塗装していないのでは?

という感じです。

 

そこで塗装工事に入ります。

白い部分は塗り損ねると目立つので

特に念入りに塗り込みます。

デッキの部分も2回以上

塗り込んでキレイにします。

という感じで塗装させていただきました。

 

ではまた~♪

 

 

もっとリゾートメンテナンスを見る

もっと建築・大工工事を見る

もっと土木・伐採工事を見る

もっと塗装工事を見る

TOPページに戻る

屋根・壁の塗装工事♪ 原村中央高原

これから原村に永住されるとのことで

屋根と壁の塗装のご相談を頂きました。

屋根の上に上ってみると

なるほど

塗装が雨風で削れて

そろそろという感じ。

塗料がしっかりのりそうです。

破風板も壁全体も

塗装するにはちょうど良い頃のようです。

先ずは足場を組んで↓

屋根壁を高圧洗浄機で

しっかり洗います。

汚れが残りやすい

”ヘリ”の部分も

しっかり洗浄します。

壁も落ちる汚れや

古い塗装は落としちゃいます。

洗ってきれいになり

乾燥したところで

錆や塗装の剥がれた部分に下塗りをしていきます。

こういうペリペリ君を↓

きれいに剥がし↓

下塗り材を塗布していきます↓

下塗り材(ザビどめ)の役目は

屋根の板金の上に

仕上げの上塗り材を

しっかり留めること。

つまり屋根と上塗りの間の

接着剤の役割です。

ですから板金の下地が出て

錆が発生している場所はともかく

雨風で洗われて油分が程度よく

落ちている屋根では必要ありません。

このままの状態が一番

塗装のノリが良いで

錆止め塗装をしない方が

むしろ良いのです。

ということで

必要な部分だけきっちり

錆止め塗装でききたら

いよいよ上塗りです。

塗り残しにならない様にヘリや↓

↑瓦棒の部分を先にしっかり塗ってから

ザー、と塗っていきます!

どんなに丁寧に塗装をしても

1回塗りだけですとどうしても

塗料が弾かれる部分が出てきます↓

ですから必ず2回以上塗って

キレイに仕上げます。

煙突の部分や↓

水切りの部分もしっかり塗ります。

屋根が終わったら今度は

壁の塗りに入ります。

1回ですとどうしても

色むらが出てしまいますので

乾かしては2度塗りをしていきます。

そして完成!

イヤー

キレイになって良かったよ

と言って頂き光栄です!

こちらこそ

お茶をごちそうさまでした♪

ではまた~♪

 

もっとリゾートメンテナンスを見る

もっと建築・大工工事を見る

もっと土木・伐採工事を見る

もっと塗装工事を見る

TOPページに戻る