ウッドデッキへの屋根設置♪ 茅野市アルピコ別荘地

今回は以前、建物南側に

デッキ通路&屋根掛けを

ご依頼頂いたお客様よりのご相談です。

西側にある既存デッキにも

屋根を掛けて欲しい

というご要望でした。

そこで屋根掛けの工事に入ります。

まずはいつも通り

材料を最初に塗装します。

そして塗装した材料を

トラックに積んで運びます。

柱を建てて桁を据え付け↓

そして垂木掛けを取り付け↓

垂木と桟木を取り付けます。

そしてケラバ(屋根端部)に

金物を取り付けます。

そして屋根材を葺く前に

ここでもう一度

仕上げの塗装をします。

塗装が乾いたら屋根を葺きます。

今回はお客様のご希望で

”オパール”という色の

ポリカ波板を葺きます。

この色はホームセンターや

金物屋さんや工具店には

置いていない色です。

そして完成です↓

お客様には

期待通りの物が出来た様で

感謝いたします。

 

快適に過ごせる様になり

喜んでおります。

 

というご感想を頂けました。

 

こちらこそ嬉しいです!

 

ではまた~♪

 

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

ウッドデッキTOPに戻る

屋根付きウッドデッキ造り♪ 蓼科アルピコ別荘地

スキーが好きなオーナー様より

スキー道具を持ったまま

冬でも安心に歩けるデッキが欲しい

というご相談を頂きデッキ工事です。

 

現状ですとここを一旦

坂を下ってから↓

階段を上がって玄関へ

という順路。

冬にスキー板を担いだまま

凍った坂を下りて上るのは危ないです。

 

そこでデッキを造って通路にします↓

そして屋根を掛けます。

 

桁の上に垂木と桟木を掛けて↓

ちなみに手摺の形状は

お客様のこだわりのデザインです。

屋根を葺く前にしっかり塗装します。

ちょっとした事なのですが

仕上がりと屋根の持ちが違います。

そして屋根を葺きます。

 

今回はポリカ波板で葺きます。

最後に仕上げで

塗装の傷みやすいデッキ面や

目につく部分などを

塗っていきます。

これで雪が降った日でも

スキー板を担いだまま

快適に玄関まで移動できます。

 

お客様には

素晴らしいものを作って頂きありがとうございました。

見るのが楽しみです。

 

と言って頂き光栄です♪

 

ではまた~♪

 

もっとリゾートメンテナンスを見る

もっと建築・大工工事を見る

もっと土木・伐採工事を見る

もっと塗装工事を見る

TOPページに戻る