玄関前 屋根取付け♪ 富士見高原

ウッドデッキの屋根の取付け(ポリカーボネート)

ウッドデッキの造り直し

の御相談頂いたお客様に、さらに!

・玄関前の屋根の取付

のご依頼頂きました。

今の状態では吹きっさらしで、雨の日には玄関の鍵を開ける間にびしょ濡れになっちゃいます。

そこで

階段の下から玄関までの屋根が欲しい

というご希望でした。

 

つまり、こんな風に屋根を造りたいので↓

こんな感じ(緑線)に柱と柱と桁が必要になります↓

アプローチ的な屋根が必要という事になります。

 

今回は羽子板付きのコンクリート束基礎を3か所設置します。

 

まずは基礎工事です。

基礎を据え付ける穴を掘りまして・・・

砕石を入れて固めます↓

そして今度は束基礎&コンクリートを施工します。

あとは砕石で埋め戻して基礎は据え付け完了です。

次は柱を建てて桁を載せます。

 

柱を建てておいて倒れないように固定し桁を載せます。

今回は、力木(添え桁)を桁の下に入れて、桁と力木(添え桁)で強度を出すことにしたので、まずは力木を入れていきます。

そしてこの後、力木の上に桁を据えるのですが・・・

 

はい。

またまた作業に熱中していたら写真を撮り忘れちゃいました!

エーッッ!!マタ? Σ(゚ロ゚ノ)ノ

 

という訳でちょっと工程が飛んでしまいますが・・・

桁の設置から垂木まで設置し、塗装までした状態です↑↓

そして塗装を塗り残した部分を残らず塗装してから、ポリカーボネートの平板を載せます。

そして保護のポリエチレンシートを部分的にめくりながら板を固定します。

このポリエチレンシートを剥ぐのは最後の最後。

 

これを剥いじゃうと上に乗ったりした時に傷がついちゃうからです。

 

最後に、既存建物との取り合い部分を(雨が侵入しないように)雨仕舞いして・・・

 

保護のポリエチレンシートを剥いで完成!

下から見るとこんな感じ↓

明るく上にも開放的な 玄関屋根 というか 玄関前アプローチの屋根 が完成しました!

 

いずれはちょっとした風除室をご希望の様でしたが、それも可能なように造らせていただきました。

 

遠方から来られて完成をご覧頂いたお施主様に喜んで頂けてこちらが嬉しかったです。

 

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

ウッドデッキの屋根工事 富士見高原 

ウッドデッキに屋根を付けて欲しい

というご相談を頂きました。

 

この部分↓

何枚かパースを描かせていただきまずはイメージを作って頂きます。

こんな感じに↓

そして何度かお話をさせて頂く中で最終的に、ポリカーボネートの平板で屋根を張ることになりました。

 

話しが決まったので工事に入ります。

 

普通のやり方では、まず壁側に垂木掛けを設置するところですが、壁の構造の都合で設置できそうにない。

 

この場合の定石では柱を立てて↓

そこに梁を掛けて(赤い)↓

それから小屋束を立てて↓

この上に母屋と呼ばれる木材を横に載せて、さらにその上に垂木を並べて屋根材を葺く、という順序になります。

プレカットでしか施工できないハウスメーカーや工務店ではこのようにしか施工できません。

 

ですが今回のケースでは、写真を見ても何となくお分かりいただけるかと思いますが、その方法だと天井が低くなり、とても圧迫感が出てしまいます。

 

そこで緑の部分にちょっと太めの材の柱を入れて、黄色線の部分にこれまた大き目の梁を入れて、その上に赤線の母屋に当たる木材を設置することにしました。

写真を見比べて頂ければお分かり頂けるかと思いますが、屋根の高さが高くなるので、圧迫感が無くなります。

 

このような方針で、まずは既存の横木を利用しながら屋根を支えられる桁を造ります。

 

この部分に柱を抱き合わせる形で設置して桁にします。↓

とはいうものの、下の写真の様に水平が狂ってきてもいるのでそれを調整しながら据え付ける必要があります。↓

調整は据え付ける時にするので、まずは、仕口・継ぎ手を刻んで設置していきます。

ここはプレカットでもできる部分ですが、私は昔ながらの大工さんに教えを受けてきたので手刻みです。

こちらの方が技術がいるのですが、応用も利くので便利と思っています。

刻んだら試しに組み合わせてみます。↓

良さそうな感じだったので、一旦外して接合部を含めて塗装します。

普段でしたら、屋根が掛かる部分は雨が直接あたらないので、塗装は最後にまとめて行います。

 

ですが今回は一人での作業なので、屋根を掛けるまでに雨に濡れることが予想されたので細部までしっかり塗装します。

塗装が終わったら既存の横木に抱き合わせで設置していきます。

既存の横木がかなり凸凹になっていたので、レベルを調整しながら

ボルトでしっかり抱き合わせで固定していきます↓

次にデッキの真ん中で”大黒柱”のように(でもないのですけど大黒柱的に)屋根を支える柱をデッキ下から据え付けます。

 

ヒノキ材の120×120の角材です。これを使用します。

これを床下の束石に載せる形で据え付けます。↓

そして、ウッドデッキの上に突き出た柱の上部に、大きい桁を載せます。↓

先ほど据え付けた桁側もこの通り↓

一番、荷重がかかる重要な部分が据えつかったので、母屋にあたる部分を設置します。

ちょっと話が前後しますが、桁部分の他の部分も柱を抱き合わせた上で、小屋束を設置してあります。↑こちらは素直な構造で良かったのですが・・・

↓反対側はかなり手間が掛かりました↓

窓がある壁側に柱を設置しない為に行なったのですが、多分、他の大工さんじゃ面倒くさくて嫌がるところです。

※私も、手が掛かって大変でした。

そして高さを合わせながら、組み合わせた木材が倒れないように、さらに強度も出しながら、ということを留意する必要があります。

そこで、下の受ける方の木の接合部をこんな風に削って↓

合せる母屋になる木の方はこんな風に欠いて↓

つまり2枚の板をこんな感じにですけど↓

組み合わさると組み合わさった内部はこんな感じになります↓

実際の様子はこちら↓

これで一番手間のかかる部分が終わりました。

 

今度は垂木として2×8の板を設置していきます。

なぜ2×8かというと、2×8は高さ(成)が184㎜あります。

 

世間には2×4で施工してしまう業者さんもあります。

しかし、それでは10年に1度の大雪の際には壊れる可能性が高いからです。

※他の現場で大雪の際に亀裂が入ったり、また既に壊れていた材。

ですからこれくらい高さ(成)がある板を使っておくと、重さで曲がることはあっても木材ですから重荷(積雪)が無くなれば戻るからです。

話しは戻ってこの写真↑を見て、

何となく高さが違わない?

と見えた方は流石です。

 

ポリカの波板は、1m×2m、または 3尺×6尺 というのが一番流通している汎用品です。

 

今回は巾1mのものを使用する予定でしたので、どうしても板と板のつなぎ目ができます。

そのつなぎ目にツーバイ材の38ミリでは少々狭いです。

そこで2×8の上部を少々削り、2×4の平板を載せれるようにしてあります。

これでポリカーボネートの板も設置しやすくなります。

実際に2×4の板を設置して塗装した写真がこちら↓

そしていよいよポリカーボネートの平板を設置します。

そして張り付けてある保護のポリエチレンを剥がして・・・↓

仕上げに既存の屋根との取り合いをして雨仕舞して屋根工事自体は終了です!

 

最後にサービスで薪ストーブの煙突の補修です。

煙突に貼ってある平石(鉄平石)が剥がれたので貼って欲しい

とのご希望でしたので補修に入ります。↓

完成!

他にも

玄関前の屋根設置

ウッドデッキの造り直し

玄関扉の副え錠の取り付け & 玄関枠の直し

などお仕事を頂きましたが、長くなりましたので他は別記事とさせて頂きます。

 

 

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

ウッドデッキTOPに戻る

ウッデデッキを長持ちさせるには

ウッドデッキに屋根を掛ける相談を受け、色々お話しさせて頂いくことがあります。

ポリカーボネードの平板の場合(施工例)

ポリカーボネートの波板の場合(施工例)

最初に別荘を造る際に、建築会社はお客様に強く勧めないのか、あとで壊れても自分には関係ないと思ってるのか、実際のところは知りませんが、とにかく、ウッドデッキは屋根が必須です。

当方では別荘のメンテナンスを手掛けさせて頂いているので頻繁にウッドデッキの御相談をいただきます。

そもそも木で作っておいて、屋根も付けなければ雨に濡れっぱなしですから腐って当然です。

早い場合は5年もすればダメになってきます。↓

造った時は快適かもしれませんが、その後は10年に一度くらいは、大部分やり直すようなおおきな修復、または造り直す必要があります。

今は、アマゾンジャラなどの”ハードウッド”という極めて腐りにくい材木もあるので、そういった部材で施工した場合は比較的長持ちさせることができます。

しかし材木の値段も高く、通常の2~3倍の値段の材料費が掛かります。

ウッドデッキの上に屋根を掛けた方が、デッキ板がほどんど濡れないので長持ちするのに加えて、雨の日でもウッドデッキで椅子に座って雨音を楽しむなどという事もできます。

画像引用先:https://goo.gl/PbHxqQ

 

屋根を付けた方が長い目で見ると、

・雨の時でもウッドデッキを使用できる。

・ウッドデッキ自体がイタミ難いので腐らず長持ちする。

・雨ざらしの時より圧倒的に塗装の回数を減らせるので経済的。

・家の壁にも雨が当たりにくくなるので、出入りする開口部などの雨仕舞がイタまない。

などなどの利点があります。

 

つまり、雨ざらしのウッドデッキを造っても数年に一度は塗装し直す必要があり、十数年後にはウッドデッキ自体を撤去して造り直す など、数度にわたって工事(=お金)が必要になります。

実際には撤去して作り直せば、腐った木材の処分費も掛かれば、場合によっては足場代も必要になります。

そう考えると、経済的の面でもお得ですし、雨の日でも利用できるなど考えると使い勝手の面でも良いのです。

 

今回ご紹介するのは、ちょっとだけ難しい差し掛け屋根のケースです。

既存の屋根の関係で、途中で屋根を折れた形にする必要があるので、難易度が高いです。

※こんな感じの一方方向への傾斜なら簡単なんですけどね。↓

画像を引用させて頂いたような事例の、一方向への”面”の差し掛け屋根なら簡単なのですが、今回は屋根が途中で折れる構造なので規矩術 という大工の専門知識が必要です。

幸い私が大工の学校で学んだ際に教えてくれたのがそういった知識をしっかり叩きこまれた昔ながらの職人の方で、また叔父が大工でいろいろ教えてくれるので技術を習得できました。↓

※私はどこでしょう?↑

 

多分あなたは、大工さんならそんな大事な技術はみんな習得していて当然でしょ!? と思われるのではないでしょうか?実は、残念ながら現状はそうでもないのです。

今は、製材屋さんにプレカットという技術があるので、普通の住宅を建てるのに規矩術という技術は必要では無くなってしまったのです。

大工さんは現場で自分で規矩術を考える機会自体ががなくなってしまったので、その結果、今の大工作業に従事している方はそんなことできません。

という訳で、私は”運が良かった”という事になります。

ともあれそんな技術も駆使しながら完成です!

お施主様から、いずれ屋根に上がって屋根に落ちた松葉を掃除したり、デッキブラシで屋根の汚れを掃除できるようにして欲しい というご希望もありましたので開口部も設置しました。

諏訪地域は比較的に降水量が少なく雨も雪も少ない地域ですが、やはり数年に一度は大雪が降る時があります。

ですから材の強度もある程度必要です。

今回は、当然そういった場合にも耐えられるように充分な強度を保てるようにしっかりしたものを提案し、作りました。

時折、仕事が取りたいから材料費をケチって、これでイイのかい?!と思えるような貧弱なものを提案する業者がいます。

まぁ、個人の好き好きもありますのであくまで個人の責任でご判断して頂ければと思います。

 

とりあえずこのデッキ屋根をはじめ当方の屋根ではしっかり作っているので、大雪め!来るなら来てみろ!という感じです。

ではまた~♪

 

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

ウッドデッキTOPに戻る