ウッドデッキの床板交換♪ 茅野市蓼科ビレッジ 

今回は

デッキの床板が傷んで

きたので見て欲しい

というご相談を頂きました。

今回の別荘は、

デッキの上に屋根があります。

ですので確認してみても

傷みがあるのは先っぽの

数枚だけで他はキレイな状態。

根太がどれだけ傷んでいるかは

剥いでみないとわかりませんが

板が一束もあれば足りそうな感じ。

そこでいつも通り

あらかじめ板を

加工し塗装もして

交換作業に入ります。

板を剥いで根太の状態を確認します↓

傷みが来ている部分もありますが

下の大引が支えている部分が

広いのでこの程度なら

持ちそうです。

そこで板を張り付け

仕上げの塗装をして

完成です!

これでまたしばらくは安心ですね。

ではまた~♪

もっと建築工事・ウッドデッキ工事を見る

TOPページに戻る

ウッドデッキの修理♪ 茅野市蓼科ビレッジ

今回はウッドデッキの

修理のご相談です。

ウッドデッキが傷んでいて

危険なので、夏までに

安心して使える様にしたい

というご希望でした。

下から確認してみると

なかなかの傷みっぷりです。

そこで修理の工事をさせて頂きます。

まずは傷んだ部分の解体作業に入ります。

板や傷んだ根太、大引を取り外します。

柱や板の木工事に入る前に

まずは材料の塗装です。

防腐剤注入材に

ステイン塗料を

たっぷり塗り込みます。

そして大引・根太掛けも事前に

彫り込んで準備しておきます。

あとは運び込んで一気に

施工します。

最後に仕上げの塗装をして終了です。

これで夏に安心してお使いいただけます。

ではまた~♪

もっと建築工事・ウッドデッキ工事を見る

TOPページに戻る

アラウーノ(手洗い付き)への交換 茅野市蓼科ビレッジ

今回は

トイレが水漏れするので

交換してほしい

というご相談を頂き

トイレの交換作業です。

ウチは設備屋では無いので

通常なら行いません。

ですが、以前より

お仕事を頂いている

お客様からのご相談です。

そこで頑張らせて頂きました!

交換するのはこの便器↓

まずは取り外して

壁排水か床排水か

そして排水芯を確認します。

確認したら臭気が上がらない様に

ポリ袋などで被覆しておきます。

そして問屋さんに

アラウーノ(手洗い付き)

を注文します。

届いたら早速取り付けです。

書影の位置に合わせて

排水の配管を取り付け↓

新品のアラウーノ君を取り出し

取り付けていきます。

取付後

梱包されていたセンサーを

ここに取り付けます↓

するとトイレのドアを開けると

便器のフタが開きます。

お客様に

きれいに工事して戴き有難うございました

とご感想を頂け良かったです♪

ではまた~♪

もっと塗装工事・メンテナンスを見る

TOPページに戻る

ウッドデッキの修理&補強♪ 蓼科ビレッジ

ウッドデッキが雨風で

イタんできたので

どうすれば良いのか?

 

そして今後の腐食防止は

どうしたら良いのか?

 

というご相談を頂きまして、

先ずは現状の確認です。

一見すると普通なのですが

近くで見ると・・・

ほう・・・

これは・・・

なかなか・・・

確かにけっこうイタミがキテます・・・

ここまで来てしまうと

全部壊して造り直すのが

一般的です。

 

ですがギリギリ、

補強を入れてデッキ板を交換

という選択肢も可能な状態です。

 

そこでご相談いただいた方に

①全部造り直す

②デッキ板を交換して補強を入れる

という方法があります。

 

最低でも②は必要かと思います

とご提案させて頂きました。

 

すると②の

デッキ板を交換して補強を入れる

を御希望でしたので

その様に作業させて頂きました。

 

まずはデッキの板と、

手すりの笠木を撤去します。

するとかなりイタミの

激しい部分を発見!↓

ここはこのままでは

非常によくない部分なので

後で補強を入れます。

 

一通り撤去が終わったので

部材を購入し

あらかじめ塗装をします。

この作業をひたすら繰り返し

全部の部材を塗装します。

 

板の裏側は予め塗装しないと

塗り残しが出てしまうので

そうならない為に行います。

 

今回は既存デッキの寿命を考え

防腐剤注入材ではなく、

普通の2×4材を使用します。

 

理由は防腐剤注入材を使用し

その部分だけしっかり残って

他のデッキ全体が崩れても

仕方がありません。

 

そこで既存のデッキ寿命が

大体同じ位にしたいな

という理由からです。

必要ない部分は抑えた方が

工事価格を押えられますし!

 

塗装の作業をしてから

次は補強の作業に入ります。

 

一番、イタミがあった

部分を補強し、

デッキ板をバンバンと設置していきます。

デッキ板が貼り終わったら

手すりの笠木も付け直します。

デッキ板と笠木が終わったら

次は入念に補強作業に入ります。

 

傷んだデッキで何が怖いか

というと、

ほぞ差しのほぞの部分が腐り

落ちてしまうのが一番怖い。

こんな部分もありましたし↓

そこでホゾがダメでも、

桁や大引きが落ちない様に

念入りに補強していきます。

アップで撮るのを

忘れちゃいましたが

この部分も↓

↓こんな風に補強の柱に

掘り込みを入れ

滑り落ちない様にして

から設置しています。

木工事が全部終わったら

再び塗装工事です。

 

今回は、予めした塗装の色を

間違えていてたので、

普段よりさらに念入りに塗ります。

 

塗装の色を間違えたせいで、

塗装を3回以上はすることになりました。

 

ですからお客様からしたら

念入り塗装でお得です。

 

※ウチは手間と塗料が

余計に掛かっちゃい

ましたけど・・・。

  

そして完了後の様子がこちら↓

メンテナンス次第ですが

これで5年~(運が良ければ)

10年くらいは大丈夫かと。

 

この規模でウッドデッキを

全部作り直したら相場で

150万円くらいでしょう。

 

今は防腐剤注入材での施工が

多いですが、それでも

メンテナンスを前提としても

デッキの寿命は15~20年程度。

 

今回は補修&補強で

40万円程度なので

 

そう考えると費用対効果として

満更でもないのでは?

と思いました。

 

お客様には

とてもキレに仕上がってうれしく思います

とご感想を頂けてこちらも嬉しいです!

 

ではまた~♪

 

 

 

もっと建築工事・ウッドデッキ工事を見る

TOPページに戻る

 

ウッドデッキ改修+α 茅野市蓼科ビレッジ

前回までに、

壁の腐りや窓枠直しetc~塗装工事まで、

大部分が終了し、後は

ウッドデッキを作り直すだけとなりました。

ここで叔父から爆弾発言が!

ウッドデッキは防腐剤注入材じゃなきゃダメだ!

え~と、スミマセン。見積りは普通の材でしているんですけど・・・

防腐剤注入の材を使ったら赤字なんですけど・・・

 

ダメだ。折角だから防腐剤注入材を使え!ビスもステンレスだ!

 

ヒエ~・・・。赤字。

 

叔父には逆らえないので泣く泣く防腐剤注入材を買ってきて、まずはデッキの材を塗装です。

この時点で塗装するのは後で塗装ができなくなる部分。

そしてまずは基礎を打たなければなりません。

 

しかし、今回は岩がゴツゴツの場所だったので基礎を打つには重機を持って来て掘り返す必要があります。

 

ですが、重機が入れる場所も無いですし、費用も掛かり過ぎます。

 

そこで思案の末、加工したアングルを設置して基礎の代わりにすることにしました。

牛山鉄工所さんにお願いして作ってもらった良品です。↑

 

基礎が何とかなったので今度はやっとデッキ工事に入ります。

ふ~、なんとかウッドデッキも完成!

 

これでご依頼頂いた内容は全て終了。

 

そして、普段はお仕事をいただいたら

お仕事をいただけて感謝です!

という感謝の気持ちから何かしら

サービスさせて頂くのが通常。

 

ですが今回は

・お風呂の壁・窓枠の腐りが酷すぎ

・デッキに(見積りより高い)防腐剤注入材を使用

という事情があり、

それを勘案しただけで既に

結構なサービス価格となってしまいした。

 

という訳で今回の工事はここでお仕舞い。

 

今回の工事に関しては

お客様も当方の前に他社の見積りを

何社か取られたとのことですが、

 

金額がよっぽど高かったのか

当方が見積りを出したら即座に

ご注文をいただいてしまいました。

 

いずれにせよお客様にはご満足頂けて

この夏には、キレイになった別荘で過ごせてよかったよ

とのお言葉を頂けまして嬉しかったです。

 

う~ん、まぁウチも

総合的には赤字ではないし

お客様が喜んでくれたからまぁいいか!♪

という感じでした。

 

(*゚с゚*)ポ~

 

ではまた~♪

 

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

ウッドデッキTOPに戻る

屋根・外壁の塗装+ウッドデッキ改修+α 茅野市蓼科ビレッジ

・屋根の塗装

・外壁の塗装

・腐ったベランダ(ウッドデッキ)の改修

・お風呂の窓の修理

・雨戸の補修

・屋根に当たる木枝の伐採

・玄関ドアの調整

・玄関に侵入する水の対策

・玄関前のコンクリートの補修

・障子の張り替え

をやって欲しい という盛りだくさんの御相談を頂きました。

 

建築当初はこんな感じだったようですが・・・

現在は↓

手摺は朽ちて落ち、デッキもボロボロ・・・

やっぱ、雨の当たる場所はダメですね~。

 

雨戸もデッキに落ちた雨水の跳ねで傷んでます↓

玄関前のコンクリートは剥がれ・・・

玄関も締まり難くなってしまいました↓

お風呂の窓枠は腐りが入って↓

外壁は外れるほど中が腐っているみたい・・・

外の木枝も建物に当たっています↓

などなど。

 

どこから手をつけようか悩むくらいでしたがまずは木枝の伐採からおこないます↓

次に、外壁の塗装工事に入ります。

 

高圧洗浄機で水洗いすると、汚れや木の傷んだ部分が吹き飛

びケレン処理にもなります。

 

洗浄後はしっかり乾かす必要があるので、数日は期間をあける必要があります。

 

という訳で、足場を組みながら建物の古い塗装を剥がす作業を早めに行います。↓

屋根も高圧洗浄で取れる汚れは全て取って↓

デッキも取っぱらちゃいます↓

さて、塗装しなきゃ!と思い窓の際の汚れを確認していると2階の窓枠が完全に壊れているのを発見。

 

窓枠を修理しないと今にもガラスが落ちそう・・・↓

追加工事でこれも後で直すことになるも、まずは雨戸の補修して・・・

お風呂の戸と壁の外側の壁を剥がします。

そして絶句!!・・・↓

相当な腐りが来ていて朽ちています。

 

壁を全部取り換えた方が良いのでは?

と思えるほどの朽ち方でした。

 

原因を調べるに、建築当初には屋根の上には何もなかったのに

こんな妙なパイプが付いているから変だなぁ、と思っていたのですが、屋根の出が短いので、雨が直接壁を伝い、この様に壁に腐りが入ったことが判明。

見積りした際にはここまで酷いとは思わなかったので、というか、壁は開いてみないと実際のところが分からない というのが実情。

 

一応、見積では、7万円でできる範囲で ということでお伝えさせて頂きましたがこれを直すには予算を遥かに超えてるな~~~。

 

お客様にそのことを伝えてまずは修理します。

本当に、出来る事であればもう壁を全部壊してやり直した方が良いかも・・・、とも思いました。

 

しかし、一緒に作業してくれた40数年来の大工の叔父さんのファインプレーで何とか それなりに 直すことができました。

 

そして屋根と壁の塗装工事を継続します。

以上で塗装工事自体は終了!

 

塗装は終わったものの、まだまだ補修は続きます。

 

玄関前のコンクリートの剥がれを補修↓

障子も全部貼り換えます↓

貼り換え後↓

2階の落ちそうになっていた窓ガラスの窓枠を一から作り直して取り付けます。

建具屋さんでは無く、大工の造る建具ですのでその点はご理解をいただきます。

 

玄関ドアの調整はドアを外してチョイチョイチョイと補修して、最後にウッドデッキの改修に掛かります。

 

続きます。

 

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

ウッドデッキTOPに戻る

ペンキ塗替えTOPへ戻る