ウッドデッキの修理&補強♪ 蓼科ビレッジ

ウッドデッキが雨風で

イタんできたので

どうすれば良いのか?

 

そして今後の腐食防止は

どうしたら良いのか?

 

というご相談を頂きまして、

先ずは現状の確認です。

一見すると普通なのですが

近くで見ると・・・

ほう・・・

これは・・・

なかなか・・・

確かにけっこうイタミがキテます・・・

ここまで来てしまうと

全部壊して造り直すのが

一般的です。

 

ですがギリギリ、

補強を入れてデッキ板を交換

という選択肢も可能な状態です。

 

そこでご相談いただいた方に

①全部造り直す

②デッキ板を交換して補強を入れる

という方法があります。

 

最低でも②は必要かと思います

とご提案させて頂きました。

 

すると②の

デッキ板を交換して補強を入れる

を御希望でしたので

その様に作業させて頂きました。

 

まずはデッキの板と、

手すりの笠木を撤去します。

するとかなりイタミの

激しい部分を発見!↓

ここはこのままでは

非常によくない部分なので

後で補強を入れます。

 

一通り撤去が終わったので

部材を購入し

あらかじめ塗装をします。

この作業をひたすら繰り返し

全部の部材を塗装します。

 

板の裏側は予め塗装しないと

塗り残しが出てしまうので

そうならない為に行います。

 

今回は既存デッキの寿命を考え

防腐剤注入材ではなく、

普通の2×4材を使用します。

 

理由は防腐剤注入材を使用し

その部分だけしっかり残って

他のデッキ全体が崩れても

仕方がありません。

 

そこで既存のデッキ寿命が

大体同じ位にしたいな

という理由からです。

必要ない部分は抑えた方が

工事価格を押えられますし!

 

塗装の作業をしてから

次は補強の作業に入ります。

 

一番、イタミがあった

部分を補強し、

デッキ板をバンバンと設置していきます。

デッキ板が貼り終わったら

手すりの笠木も付け直します。

デッキ板と笠木が終わったら

次は入念に補強作業に入ります。

 

傷んだデッキで何が怖いか

というと、

ほぞ差しのほぞの部分が腐り

落ちてしまうのが一番怖い。

こんな部分もありましたし↓

そこでホゾがダメでも、

桁や大引きが落ちない様に

念入りに補強していきます。

アップで撮るのを

忘れちゃいましたが

この部分も↓

↓こんな風に補強の柱に

掘り込みを入れ

滑り落ちない様にして

から設置しています。

木工事が全部終わったら

再び塗装工事です。

 

今回は、予めした塗装の色を

間違えていてたので、

普段よりさらに念入りに塗ります。

 

塗装の色を間違えたせいで、

塗装を3回以上はすることになりました。

 

ですからお客様からしたら

念入り塗装でお得です。

 

※ウチは手間と塗料が

余計に掛かっちゃい

ましたけど・・・。

  

そして完了後の様子がこちら↓

メンテナンス次第ですが

これで5年~(運が良ければ)

10年くらいは大丈夫かと。

 

この規模でウッドデッキを

全部作り直したら相場で

150万円くらいでしょう。

 

今は防腐剤注入材での施工が

多いですが、それでも

メンテナンスを前提としても

デッキの寿命は15~20年程度。

 

今回は補修&補強で

40万円程度なので

 

そう考えると費用対効果として

満更でもないのでは?

と思いました。

 

お客様には

とてもキレに仕上がってうれしく思います

とご感想を頂けてこちらも嬉しいです!

 

ではまた~♪

 

 

 

もっと建築工事・ウッドデッキ工事を見る

TOPページに戻る