ウッドデッキ造り直し 富士見高原

前回までにウッドデッキの屋根をポリカーボネートの平板で施工させていただきました。

今度は雨や雪で腐って傷んでしまったウッドデッキの造り直しの工事に入ります。

この辺が建物建築時からあったデッキで(他は後からの増築)雨が落ちたり、屋根から落ちた雪がじっくり融けてすっかり傷んでしまったデッキ部分↓

まずはここを壊して片付けます。

デッキの板を外しから始めて・・・↓

こんな感じに撤去終了↓

そしたら今度はデッキを造っていきます。

※途中の写真は作業に熱中していて撮影し忘れました。

デッキが組み上がりったので幕板を回して小口が隠れるようにして、雨が小口から侵入するのを防ぎます。↓

そして手摺りと扉を造ります↓

仮止めしていた階段をしっかり固定して↓

全部を塗装します。

デッキの裏側もキチンと塗ります↓

一度塗りが終わったので今度は2度塗りに入ります↓

完成!

やはりデッキがキレイになったのでお客様に、

キレイになって良かった

と言って頂けました。

 

当方としては

 

こちらこそありがとうございました!

 

という感じでした♪

 

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

ウッドデッキTOPに戻る

 

ウッドデッキ改修工事 茅野市 三井の森いずみ平  

ウッドデッキが腐って完全に朽ちてしまったので、孫の為にも新しくしたい

というご相談をいただきウッドデッキの改修工事です。

一見すると普通そうに見えますが・・・

見事にボロボロ・・・

 

しかも過去に頑張って直した形跡があるのですがこれは・・・・

 

という現状で他社で御見積をしてもらったところ、300万円かかります!と言われて驚いて当方へご相談を頂いた次第です。

 

え~と、ウチだとその半値以下なんですけど・・・

 

この様な経緯で頂いた仕事ですが、基礎はそのまま使用して良い という事でしたのでそのまま使用します。

これで更に安くなります。

 

まずは撤去作業へ!

基礎の位置や据え方の問題はあるもののお客様より、できたなりで良い というご意向を頂いておりますのでそのまま設置工事に入ります。

 

もう簡単に朽ちて欲しくないというご希望でお見積り通り、防腐剤注入の材を使用します。

それを柱と桁、根太として設置していきます。

据え付けが終わった場所から順次塗装をします。

 

実は工務店・大工によっては、塗装は最後にまとめて行う という会社・職人もいます。

 

その様な場合、表は塗装してあっても裏を覗いたら塗装していなかった というケースがあります。

 

別に雨があまり当たらない箇所ではその方法でも問題ありません。

 

しかし、吹きっさらしのウッドデッキの場合、木と木がくっついている部分は塗料が塗られていないので、後々木の反りなどで隙間ができた場合には水が入って傷みやすくなります。

 

私も他社の施行したものの修繕等をご相談して頂き裏を覗いたら アラアラ・・・、という事が何度かありました。

 

お客様にはどうせそこまでわからないからと思って施工したかもしれないけど・・・

 

まぁ、他社のことはいておいて、塗装は面倒でもできるだけ順次行って行った方が良いので、床板をはった後では塗れない部分などにも全部塗るためにこうします。

次は手摺の設置です。

よろび(垂直)を確認しながら手摺の柱を取り付けていきます。

終わったら今度は手摺の笠木と横板を取り付けていきます。

 

また同時に、既存の基礎を使わせて頂いたので基礎の柱が動かないように根がらみ貫きを取り付けていきます。

そして仕上げの塗装をペタペタと塗ります。

最後に開口部の扉を取り付けて完成です!

いやー、手間が掛かった。

けどこれならお孫さんが来ても安心ですね!

 

キレイに仕上げてくれてありがとう

そう言って頂けて励みになりました。

(〃^¬^〃)

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

ウッドデッキTOPに戻る

 

ウッドデッキ改修+α 茅野市蓼科ビレッジ

前回までに、

壁の腐りや窓枠直しetc~塗装工事まで、

大部分が終了し、後は

ウッドデッキを作り直すだけとなりました。

ここで叔父から爆弾発言が!

ウッドデッキは防腐剤注入材じゃなきゃダメだ!

え~と、スミマセン。見積りは普通の材でしているんですけど・・・

防腐剤注入の材を使ったら赤字なんですけど・・・

 

ダメだ。折角だから防腐剤注入材を使え!ビスもステンレスだ!

 

ヒエ~・・・。赤字。

 

叔父には逆らえないので泣く泣く防腐剤注入材を買ってきて、まずはデッキの材を塗装です。

この時点で塗装するのは後で塗装ができなくなる部分。

そしてまずは基礎を打たなければなりません。

 

しかし、今回は岩がゴツゴツの場所だったので基礎を打つには重機を持って来て掘り返す必要があります。

 

ですが、重機が入れる場所も無いですし、費用も掛かり過ぎます。

 

そこで思案の末、加工したアングルを設置して基礎の代わりにすることにしました。

牛山鉄工所さんにお願いして作ってもらった良品です。↑

 

基礎が何とかなったので今度はやっとデッキ工事に入ります。

ふ~、なんとかウッドデッキも完成!

 

これでご依頼頂いた内容は全て終了。

 

そして、普段はお仕事をいただいたら

お仕事をいただけて感謝です!

という感謝の気持ちから何かしら

サービスさせて頂くのが通常。

 

ですが今回は

・お風呂の壁・窓枠の腐りが酷すぎ

・デッキに(見積りより高い)防腐剤注入材を使用

という事情があり、

それを勘案しただけで既に

結構なサービス価格となってしまいした。

 

という訳で今回の工事はここでお仕舞い。

 

今回の工事に関しては

お客様も当方の前に他社の見積りを

何社か取られたとのことですが、

 

金額がよっぽど高かったのか

当方が見積りを出したら即座に

ご注文をいただいてしまいました。

 

いずれにせよお客様にはご満足頂けて

この夏には、キレイになった別荘で過ごせてよかったよ

とのお言葉を頂けまして嬉しかったです。

 

う~ん、まぁウチも

総合的には赤字ではないし

お客様が喜んでくれたからまぁいいか!♪

という感じでした。

 

(*゚с゚*)ポ~

 

ではまた~♪

 

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

ウッドデッキTOPに戻る