ウッドデッキの塗装♪ 原村中央高原

以前、お仕事を頂いたお客様より

ウッドデッキの塗装のご相談を頂きました。

めったに見ない2階建てのデッキです。

デッキの塗装もですがこの柱の

白い塗装が色あせています。

2階のデッキの裏も↓

裏側はそもそも塗装していないのでは?

という感じです。

そこで塗装工事に入ります。

白い部分は塗り損ねると目立つので

特に念入りに塗り込みます。

デッキの部分も2回以上

塗り込んでキレイにします。

という感じで塗装させていただきました。

ではまた~♪

 

 

もっとリゾートメンテナンスを見る

もっと建築・大工工事を見る

もっと土木・伐採工事を見る

もっと塗装工事を見る

TOPページに戻る

屋根・壁の塗装工事♪ 原村中央高原

これから原村に永住されるとのことで

屋根と壁の塗装のご相談を頂きました。

屋根の上に上ってみると

なるほど

塗装が雨風で削れて

そろそろという感じ。

塗料がしっかりのりそうです。

破風板も壁全体も

塗装するにはちょうど良い頃のようです。

先ずは足場を組んで↓

屋根壁を高圧洗浄機で

しっかり洗います。

汚れが残りやすい

”ヘリ”の部分も

しっかり洗浄します。

壁も落ちる汚れや

古い塗装は落としちゃいます。

洗ってきれいになり

乾燥したところで

錆や塗装の剥がれた部分に下塗りをしていきます。

こういうペリペリ君を↓

きれいに剥がし↓

下塗り材を塗布していきます↓

下塗り材(ザビどめ)の役目は

屋根の板金の上に

仕上げの上塗り材を

しっかり留めること。

つまり屋根と上塗りの間の

接着剤の役割です。

ですから板金の下地が出て

錆が発生している場所はともかく

雨風で洗われて油分が程度よく

落ちている屋根では必要ありません。

このままの状態が一番

塗装のノリが良いで

錆止め塗装をしない方が

むしろ良いのです。

ということで

必要な部分だけきっちり

錆止め塗装でききたら

いよいよ上塗りです。

塗り残しにならない様にヘリや↓

↑瓦棒の部分を先にしっかり塗ってから

ザー、と塗っていきます!

どんなに丁寧に塗装をしても

1回塗りだけですとどうしても

塗料が弾かれる部分が出てきます↓

ですから必ず2回以上塗って

キレイに仕上げます。

煙突の部分や↓

水切りの部分もしっかり塗ります。

屋根が終わったら今度は

壁の塗りに入ります。

1回ですとどうしても

色むらが出てしまいますので

乾かしては2度塗りをしていきます。

そして完成!

イヤー

キレイになって良かったよ

と言って頂き光栄です!

こちらこそ

お茶をごちそうさまでした♪

ではまた~♪

 

もっとリゾートメンテナンスを見る

もっと建築・大工工事を見る

もっと土木・伐採工事を見る

もっと塗装工事を見る

TOPページに戻る

ウッドデッキの階段修理♪ 茅野市チェルトの森

ウッドデッキの階段が壊れたので直して欲しい

とのご相談を頂きました。

近くで確認すると

踏み板も限界だけれど

側板も腐って限界みたいです。

そして、今回ちょっと

いつもと違う点は

この側板が丸太の半割

という点。

ログハウスメーカーではないので

丸太は普段使う機会がありません。

ですので

どうしても”ログ風で”

と限定されると

・ログハウスメーカーから買う

・自宅の林から切り出して造る

のどちらかで準備するしかない。

幸い今回のオーナー様はそこまでの

こだわりはお持ちでなかったので

普通に桁・梁に使う材で

側板を造らせていただきました。

まずは既存の階段を

取り外して撤去します。

全体の形や

階段の踏み板を入れる部分を

決めていきます。

そして切り込んでいきます。

切ったら今度は

踏み板をはめ込む溝を

掘っていきます。

色を塗って仮置きしてみます。

イイ感じ♪

踏み板も塗装していきます。

普通に工務店さんや

大工さんに頼むと

完成した後で塗装するのが

施工の標準。

しかしそれではどうしても

はめ込んだ部分など

塗装ができない部分が出てきてしまいます。

ですからウチは

・雨ざらしになる部分や

・屋外の部分は

”できるだけ”

組み上げる前に塗装することにしています。

ともあれ

塗装も乾いてきたので

組んでみます。

む!

イイ感じ♪

あとは既存の手すり部分を

復旧して・・・と!

完成!

これで安心して

階段を使用できます。

ではまた~♪

 

もっとリゾートメンテナンスを見る

もっと建築・大工工事を見る

もっと土木・伐採工事を見る

もっと塗装工事を見る

TOPページに戻る

リゾートメンテナンス

アトリエブフィエでは別荘のオーナー様向けに下記の様なメンテナンスを行ってきました。

※クリックして頂けますと詳細をご覧いただけます。

塗装工事

屋根と壁の塗装工事 旧軽井沢

屋根や壁の塗装+α 茅野市北山

ログハウスの塗装+キツツキ対策 前橋市

屋根壁塗装+ウッドデッキ改修+α 茅野市蓼科ビレッジ

 

ログハウスの塗装工事 北杜市北杜市小淵沢

ウッドデッキ塗装+α 北杜市小淵沢

倉庫の塗装 原村中新田

縁側の塗装 茅野市豊平

ウッドデッキと外壁木部塗装 原村三井の森

ペンキの塗り替え時期(塗装の考察)

軽井沢で塗装工事

屋根や壁の塗装+α 茅野市北山

ログハウスの塗装+キツツキ対策 前橋市

屋根・壁の塗装+ウッドデッキ改修+α 茅野市蓼科ビレッジ

ウッドデッキ改修+α 茅野市蓼科ビレッジの続き

ログハウスの塗装工事 北杜市北杜市小淵沢

ウッドデッキ塗装+α 北杜市小淵沢

倉庫の塗装 原村中新田

縁側の塗装 茅野市豊平

ウッドデッキと外壁木部の塗装 原村三井の森

ペンキの塗り替え時期(塗装工事の考察)

 

 

ウッドデッキ改修・補修

ウッドデッキの改修 茅野市三井の森

ウッドデッキ補修 富士見高原

ウッドデッキを長持ちさせるには

ウッドデッキの補修&補強工事 蓼科ビレッジ

 

ウッドデッキの改修 茅野市三井の森

ウッドデッキ補修 富士見高原

ウッドデッキの補修&補強工事 蓼科ビレッジ

ウッドデッキを長持ちさせるには

 

 

雨漏り修理

屋根の重ね葺き 富士見高原

雨漏り修理 茅野市三井の森

雨漏りの屋根修理 富士見町栗生

雨漏り修理(屋根重ね葺き) 茅野市蓼科ビレッジ

瓦屋根修理 原村三井の森

瓦屋根の修理 松本市深志

屋根の重ね葺き 富士見高原

雨漏り修理 茅野市三井の森

雨漏りの屋根修理 富士見町栗生

雨漏り修理(屋根重ね葺き) 茅野市蓼科ビレッジ

瓦屋根修理 原村三井の森

瓦屋根の修理 松本市深志

 

 

その他大工工事

屋根の重ね葺き工事 茅野市チェルトの森

茅野市東急リゾート H様保養施設

薪小屋などの設置 茅野市チェルトの森

ドアノブ交換 茅野市蓼科

キツツキの穴の補修 前橋市

 

玄関扉の副え錠の取り付け & 玄関枠の直し 富士見高原

 

ふすま・障子戸の調整+α 原村三井の森

屋根の重ね葺き工事 茅野市チェルトの森

茅野市東急リゾート H様保養施設

薪小屋などの設置 茅野市チェルトの森

ドアノブ交換 茅野市蓼科

キツツキの穴の補修 前橋市

玄関扉の副え錠の取り付け & 玄関枠の直し 富士見高原

ふすま・障子戸の調整+α 原村三井の森

 

その他メンテナンス

風除けの壁造り 茅野市北山

ボイラーの交換

水栓の交換 茅野市

玄関前階段の手摺り設置 茅野市蓼科ビレッジ

薪ストーブのガラス交換及びメンテナンス 原村三井の森

枕木設置 原村横深山

ネズミ対策 原村横深山

シロアリ対策 北杜市北杜市小淵沢

ドッグラン柵の修繕 原村横深山

機械の処分 原村中央高原

椅子の補修 茅野市北山

網戸の網の張替え 原村三井の森

電灯の交換 原村三井の森

 

TOPページに戻る

ブログを読んでみる♪

ウッドデッキの修理&補強 蓼科ビレッジ

ウッドデッキが雨風で傷んできたのでどうすれば良いのか?

そして今後の腐食防止はどうしたら良いのか?

というご相談を頂きまして、先ずは現状の確認です。

一見すると普通なのですが近くで見ると・・・

ほう・・・

これは・・・

なかなか・・・

確かにけっこう傷みがキテます・・・

ここまで来てしまうと全部壊して造り直すのも手ですが、補強を入れてデッキ板を交換するという選択肢もできる状態です。

そこでご相談いただいた方に

①全部造り直す

②デッキ板を交換して補強を入れる

という方法があります。

最低でも②は必要かと思います

と提案すると②のデッキ板を交換して補強を入れるに決定。

そこで工事をさせて頂きました。

まずはデッキの板と、手すりの笠木を撤去します。

するとかなり痛みの激しい部分を発見!↓

ここはこのままでは非常によくない部分なので、ここは後で補強を入れます。

一通り撤去が終わったので、部材を購入し、あらかじめ塗装をします。

この作業をひたすら繰り返し、全部の部材を塗装します。

これは板の裏側は、あらかじめ塗装した方が塗り残しがない様にするためです。

今回は既存のデッキの寿命を考えて、防腐剤注入材ではなく、普通の2×4の部材を使用します。

理由は、防腐剤注入材をしようすると長持ちするけれど、普通の2バイ材だと、既存のデッキの寿命と同じくらいになるだろうな、という読みからです。

補強部分をお金をかけて防腐剤注入材にして、既存のデッキのほかの部分がダメになった時に、補強した部分だけがしっかり残っていても仕方ないですし、

防腐剤注入材の方が価格も高いので、必要ない部分は抑えた方が工事価格をお安くできます。

塗装の作業をしてから今度は補強の作業に入ります。

一番イタミが来ていた部分を補強し、

デッキ板をバンバンと設置していきます。

デッキ板が貼り終わったら手すりの笠木も取り付けなおします。

デッキ板と笠木が終わったら、今度は入念に補強作業に入ります。

傷んだデッキで何が怖いかというとほぞ差しのほぞの部分が腐り、落ちてしまうのが一番怖いです。

こんな部分もありましたし↓

そこでホゾがダメになっていたとしても、桁や大引きが落ちない様に念入りに補強していきます。

アップで撮り忘れちゃいましたがこの部分も↓

↓こんな風に補強の柱を削り落ちない様にしてから設置しています。

全部の木工事が終わったら再び塗装工事です。

今回は、あらかじめした塗装で色を間違えていてたので、普段よりさらに念入りに塗ります。

塗装の色を間違えたせいで、塗装を3回はしたので、お客様からしたら念入り塗装で本当にお得です!

※ウチは手間と塗料が余計に掛かっちゃいましたけど・・・。

そして完了後の様子がこちら↓

メンテナンス次第ではありますが、これで5年~(運が良ければ)10年くらいは大丈夫かと。

この規模でウッドデッキを全部作り直したら、相場で150万円くらいは掛かります。

今は防腐剤注入材で施工することが多いですが、それでもメンテナンスすることを前提としても、野ざらしの状態でのデッキの寿命は20~30年程度。

今回は補修&補強で40万円程度なので、そう考えると費用対効果としては満更でもないのでは?と思いました。

お客様には

とてもキレに仕上がってうれしく思います。

とご感想を頂けてこちらも嬉しいです!

ではまた~♪

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

ウッドデッキTOPに戻る

ペンキ塗替えTOPへ戻る

ウッドデッキ塗装+α 北杜市小淵沢

夏になったらデッキで焼肉をする予定なので、今のデッキをキレイにしておきたい。

また、

デッキが踏み抜けてしまうので直しておきたい。

というご相談をいただきましてウッドデッキの塗装作業です。

 

しかも3週間後にはお客様を呼ぶというので工期も短め。

 

最初、お話を伺った際の状態は↓

塗料もまだ効いているから、サッと上塗りをすれば大丈夫かな・・・?

さて裏側は・・・↓

あ~~、これはよくある・・・、

全部完成してからに見えるとこだけ塗料を塗っておく

という仕上げだね~。

 

裏側は全然塗ってないですね~~。

 

塗料をチャンと塗ってないから根太が縦割れしてるし↓

という状態でした。

 

ともあれ、塗装もまだ効いているし

と思って先ずは高圧洗浄でキレイを汚れを落としてみると・・・

 

あれ?

あれあれ?

塗装と思っていたものが全部キレイに落ちちゃった・・・↓

つまり、

塗料と思っていたのはコケだった!

というオチでした。

 

全部高圧洗浄が終わると↓

あれあれあれ・・・・

今までの黒い色はどこに行っちゃったの?

と思うくらい、キレ―さっぱり木色になりました。

 

そうは言っても綺麗に汚れを落とせたので、次の塗の作業に入る為にしばらくしっかり乾燥させます。

 

その間に踏み抜けた板を交換します。

家の外でいつも雨でぬれるウッドデッキですので、塗料が濡れていない箇所が無いように、板をはめ込む前に裏側を塗装してから取り付けます。

そして十分に乾燥してから塗りに入ります。

 

塗装一回目↓

塗装2回目↓

木が塗料を吸う吸う。

 

当初、お見積りで計上していた分の塗料はあっという間に終わり、追加の塗料が必要になりました。

 

赤字

(+。+)~~

 

それでもデッキの裏側や、階段、隣の建物の階段も手を抜けません。

塗装工事はここまでで終わりなのですが、今回は一緒に

・玄関前のポリカ屋根の高圧洗浄

・車庫のポリカ屋根の高圧洗浄

・玄関前通路のブロックの高圧洗浄

・木戸と道路の段差の解消

も同時にご依頼頂いておりました。

 

色々な要望に同時に対応可能なのが、当方の便利なところ。

そして

色々と同時にご相談頂ければ、ここはサービスできます という部分もあるのでお客様にはお得な部分♪

 

話しは戻って作業もそちらに移ります。

 

玄関前の汚れたポリカ屋根を↓

高圧洗浄でキレイにします↓

もう一つの車庫も↓

ビッシリ&ベッタリとしがみ付くようにくっついた汚れを高圧洗浄で落としていきます。

洗浄後↓

 

そして通路のレンガブロックも高圧洗浄で洗いに入ります。↓

高圧洗浄で洗っていると滑っている苔の様な部分が落ちていきます。↓

洗浄するとこんな感じに↓

洗浄作業後↓

あとは残るは道路との段差の解消です。

 

今までも対策はしてあったのですが↓

枕木とコンクリート製品だったので、経年劣化&(たぶん)雨の遊水でボロボロに・・・

これを全部撤去して、ゴム製の段差プレートを設置します。

段差プレートは、プラスチックの物があったり種類も様々です。

 

今回の段差は、山麓の別荘地なので(写真ではわかり難いですが)左が高く右側へ水が流れていく勾配になっています。

 

こういった場所では、道路に降った雨水が勢いにのって流れて来るので、軽い段差プレートでは流されてしまいます。

 

そこで今回は1つ約18㎏の段差プレートを4つ連結(合計72㎏)して使用しました。

と、ここまでで御相談頂いた内容は完了。

 

最初にご相談頂いた時には、

かんたんな塗装でそれほど大変な作業ではなさそう・・・。

そう思ったのですが、大分しっかりとした内容になりました。

 

でもこれで

デッキが直してあるから安心して使えたよ。

他人に来てもらうのにキレイになっていて良かった。

と行って頂けて良かったです。

 

こちらこそ光栄です♪

 

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

ウッドデッキTOPに戻る

ペンキ塗替えTOPへ戻る

キツツキ対策で軒裏にパンチングメタル取り付け 茅野市東急リゾート

キツツキ対策の御相談を頂きましたが、

今回はいつもとちょっと違います。

↑この様に軒裏に穴を空けられたとのことです。

 

よくよく見ると、

穴が空いている右側は軒裏の色が違います。

板を交換して穴をキレイに塞いだのに

また穴を空けられたら大変!

 

ということで御相談を頂いたようです。

 

いつもでしたら

ネットでの対策をお願い

というご注文がほぼ全てなのですが、

※キツツキ対策のネットを取付た他の別荘の写真↑

 

今回は、

ステンレスのパンチングメタルを取り付けた方が

あと腐れが無くて良さそうですね。

というご希望により、軒裏に

パンチングメタルを取り付けることに!

よく建物の通気の部分に使用されているのは、

同じパンチングメタルでもアルミ製。

 

アルミ製は呆気無く穴を空けられて、

残念な事になることは度々目にします。

 

もちろんアルミとステンレスでは

値段も全然違います。

 

ステンレスのパンチングメタルは

1m×2mの一枚で2万円はしちゃいます。

 

これを軒裏全部に施工するので

ひゃー!

とは思ったのですが

ご注文頂いたのでさっそく工事に入ります。

 

高いトコなので足場を組んで

端から軒裏全部に取り付けていきます。

ひたすらひたすら取り付けます。

パンチングで穴空きなので、

薪ストーブ等を焚いても

屋根の中の湿気が逃がせます。

つまり、屋根の中が蒸れにくい。

という工事をひたすらやって終了!

足場を外して完成です!

壁は元々サイディングなので、

キツツキに穴を空けられる心配はありません。

 

さらに軒裏まで

ステンレスのパンチングメタルで

ガードしたのでキツツキ対策としては万全!

通常、当方が行っているネット対策より

4倍は費用が掛かりましたが、

後々まで考えた万全の対策としては

望みうる最善かと思います。

 

予算が許す方は是非どうぞ!

 

ではまた~♪

 

カテゴリーTOPに戻る

リゾートメンテナンスへ移動

TOPページに戻る

屋根の葺き替え 茅野市チェルトの森

当方が独立した当初からのお客様より

板葺きが数枚剥がれて飛んで行ってしまった。

この際、屋根を葺き直したい

とのご相談を頂きました。

現状は↑こんな感じの板葺き屋根で、

おっしゃる通り板が数枚飛んで無くなっていました。

 

もし、一文字葺きや瓦棒引きなどの板金工事で行うのなら、

専門の板金業者さんに依頼する必要があります。

 

一文字葺き↓

板金横葺き↓

ですが打合わせをさせて頂く中で、当方で先日、

蓼科ビレッジでオンデュリンクラシックシートで施工した事例

を参考までにお伝えさせていただいたところ、

別荘オーナー様が、

 

30年経ったら私もこの世にいるかわからないからこれで良い

 

とおっしゃり、オンデュリンでの施工が決まりました。

 

どうして富士見町栗生のお婆ちゃんといい、そんな寂しい発言をするの?

人間は120歳まで生きれる様にできているのでそれまで頑張って下さい・・・

 

と、こういった言葉を聞く度に思いますが、それは立ち入れない話です。

 

話しはさておき工事に入ります。

 

まずは仮設工事で足場を組みます。

防水紙(アスファルトルーフィング)を敷きながら、桟木を打って行きます。

今回は薪ストーブの煙突がありますので、その雨仕舞には特に念入りに雨仕舞していきます。

ケラバもアングル金物を取り付けてキレイに仕上げます。

ちなみに足場についてですが、今回はちょっと苦労しちゃいました。

今回は玄関前の部分のスロープがガラス屋根になっており、足場屋さんも嫌がってやってくれなかったので、こちらで工夫が必要になりました。

 

↓こんな感じに恐怖のガラス屋根が・・・

割っちゃったらホント恐怖!

 

そしてその西側はこんな感じ↓に窓で一杯。

こちらも割りでもしたら大変です。

 

そこで↓こんな風に足場板を渡して臨時の足場を作りながらの作業です。

ちなみに↑この方は忙しい時に手伝ってくれる大工さん。

40年以上の大工経験があり、とても頼りになります。

 

話しは戻って、以前オーナー様より

ついでに煙突の掃除もしちゃってね

というご希望を伺っていたので、ついでに煙突掃除もしちゃいます。

 

煙突の頭を外すと・・・

なかなか見事な汚れっぷり♪

これをブラシでゴシゴシ!!

奥の奥までゴシゴシ!!

細かなススがムワーンとしていますが、汚れはしっかり落とせました。

ストーブの方を確認すると↓

はい、結構落ちています。

これを全部きれいに掃除機で掃除して

はい、煙突掃除完了!!

さて、屋根に戻って雨仕舞いの続きです。

 

棟カバーを取り付けられるように下地の桟木を取り付けながら

棟部分の雨仕舞をしてオンデュリンクラシックシートを取り付けていきます。

天窓部分の雨仕舞は特に気を使います↓

煙突廻りも綺麗に出来ました。

そして全部葺き終えて、屋根の葺き替えは完了!

最後に足場を撤去して工事完了!

完成した様子を別荘オーナー様に見ていただいたところ

もっと倉庫っぽくなるかと思ったけど

思ったよりキレイに仕上がっていて良かった!

とお言葉を頂けました。

 

ふ~良かった~~♪

(^。^;)ホッ

 

ちなみに煙突掃除はお仕事を頂いたのでサービスです。

 

ではまた~♪

 

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

雨漏り修理TOPへ戻る

ログハウスの塗装 + キツツキ対策

前回キツツキに空けられた穴の修理をしたので、今回は 外壁の塗装工事 に入ります。

 

この建物のオーナー様は別荘をとても大切にされている方で、毎月2回は別荘に来て、草刈りや庭造り、お掃除などをされています。

それだけに外壁の塗装なども定期的におこなってきたので、今回の建物は外壁の傷みがほとんどありませんでした。

 

ただ、唯一このデッキ階段の板が傷んできていたのであとで交換です。↓

塗装工事に入るのでその前に高圧洗浄機で洗いに入ります。

 

こうすることで、もう劣化してすぐに剥がれるようなってしまった既存の塗装は剥がれ落ちます。

※別の現場の写真です↑

 

また、木も雨風で洗われてボロボロになった部分は、吹き飛ばしてキレイにすることができます。

 

実際に高圧洗浄をはじめると↓

黒カビかコケかよくわかりませんが、汚れと一緒に落ちる落ちる。

ここも↓

洗うとこれだけキレイに↓

塗装と木の色合いが似ているので写真ではわかり難いですが、デッキの部分も落ちる落ちる↓

一番、雨風や紫外線が当たるデッキの手すり他の部分も

落ちる落ちる↓

こうして高圧洗浄機での洗いは完了!

 

数日おいてしっかり乾燥させます。

これでやっと塗装に入れます。

 

こんな感じに窓廻り他を養生し、他の部分が汚れないようにしながら塗装します。↓

こういう高い部分がけっこう大変↓

雨仕舞の水切りの部分と

窓や玄関戸などの開口部の上の小屋根も塗装します。

デッキの裏側も忘れずに塗装します。

作業前↓

ひょっとして今までは塗装してなかった・・・?

これがこうなります↓

塗り終わる前に、ウッドデッキの階段を交換して塗装します。

↑これを板を交換して塗装します↓

そして塗装完了!

 

最後にキツツキ対策のネットを取り付けて全部終了です↓

今回は通いで行ったのでとても大変でした。

 

けれど別荘を大切にされているオーナー様(お施主様)に、ご満足いただけて良かったです。

 

ふ~。

ε- (´ー`*) フッ

 

ではまた~♪

 

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

ペンキ塗替えTOPへ戻る

 

キツツキの穴の補修 前橋市

今回は前橋市の赤城神社付近の別荘地のオーナー様よりのご相談です。

 

今回は

・ログハウスの外壁塗装

・デッキ階段の補修

・キツツキの穴の補修

・キツツキ対策

のご相談でした。

しかし、前橋市のそのログハウスのある別荘までは、高速道路を使用しても片道3時間半はかかる道のり。

どうしようかな・・・

さすがにこれはお断りした方が良いのでは?

 

と思ったものの、

せっかく当方を見込んでくれてのご相談です。

 

ここは何が何でも頑張らなければ!

ということで工事をさせて頂きました。

 

まずはキツツキの空けた穴を補修します。

なにせこれをしないで高圧洗浄機で軒裏を洗った時ら、水が軒裏から屋根の内部に入ってしまいます。

そうなったら余計なカビが生えたり、ダニの発生する原因になってしまうので優先して行います。

あらら、いつも通りこんな高いトコに穴を空けちゃって・・・

 

いつもならキツツキの穴塞ぎは、穴を板を穴の上から貼りつけて終わりです。

※写真↑は今回とは別の事例です。

 

ですが今回はお施主様のご希望により、板を外して取り換えることになりました。

 

早速、板を取り外して内部を覗くと・・・↓

まずはハチ君とご挨拶↓

その奥には本来はある筈のない何やら黒いものが・・・↓

アップすると↓

なにかの虫の死骸?

それとも糞?

 

さすがに私も気持ちが良くないですが、手に取ってよくよく見てみます。

なにやら植物の種らしきものが見えます。

 

ということはきっとキツツキか何かの糞?!

 

お施主様に報告すると

全部とれるだけ取りだして

というご希望。

 

まぁそう思われるのも当然ですよね。

 

とはいうものの、軒裏の板を全部外すわけではないので、今回は手の届く範囲の物を取り除きます。

そして今度は新しい軒裏の板を取り付け&塗装します。

完成!

 

これで次の塗装工事に入れます。

 

つづきます~♪

 

 

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る