瓦屋根の修理 松本市北深志

屋根から雨漏りするから何とかしてほしい

というご相談を受けまして

屋根の修理です。

↑この様にあきらかに

古くなった瓦(2列)の部分に

原因があるのでは?

ということで、まずは

瓦を剥して調べてみます。

ちなみに

なぜ屋根の右隣の端の部分が

板金になっているかというと

隣の家が隣接してある時に

(現在は解体されてありません)

屋根の状態が良くないので

ついでに直しても良いか?

という申し出があり、

そこだけ修理されたそうです。

実際に瓦を剥してみると・・・

↑こんな感じで屋根の

防水紙もボロボロ、

下地材もボロボロ・・・。

ということで、やはり

この部分が雨漏りの原因でした。

※他でも漏れてるかも

しれないですけど・・・

防水紙(アスファルトルーフィング)を

敷き直し、この様に

梯子状に下地を組み上げて

その上に合板を張り付けて

屋根下地を多い被せる形で

造ります。

なぜ瓦屋根で施工しなかったのか

というと、もう下地材も

かなり痛みが来ていたので

下地材から新しく施工為直した方が良い

というのと、

瓦を施工するより安上がり

で済む、という判断からです。

そしてこの上に防水処理と

板金を巻いて完成です。

これで他の瓦屋根の部分が

傷んで雨漏りする以上の期間は

余裕で長持ちするはずです。

この家の持ち主は源さんの友人で

人助けだで安くやってやれん?

と源さんが話を持ってきた。

そうは言っても!

あなたの財布はイタまんでしょ?!

と思ったものの

だからと言って、

困っている人がいれば断れんし。

さて、雨漏りの修理の場合は

まず最初に雨漏りしている個所を

見つけ出すことから始めます。

ところが雨漏りは屋根裏を

伝って流れるので、

屋根裏に上って調べてみても

実際にはなかなか雨漏りの箇所が

分からない事が大部分です。

つまり、部屋の中の天井は

部屋で雨漏りしているけど

実際にはもっと棟(屋根の高い方)

の屋根で雨漏りしていて

それが流れてくる

ということが多いのです。

ですから、

天井裏や屋根裏からではなく

屋根の上から大体この辺の屋根が

痛みが激しいから

この辺一帯を全部やり直す

とアタリを付けるしか

ない部分も多いのです。

今回は(不幸中の幸いで(?))

雨漏りの箇所が非常に

分かりやすくて

良かったです^^

ではまた~♪

もっと建築工事・ウッドデッキ工事を見る

TOPページに戻る