ウッドデッキの修理&補強 蓼科ビレッジ

ウッドデッキが雨風で傷んできたのでどうすれば良いのか?

そして今後の腐食防止はどうしたら良いのか?

というご相談を頂きまして、先ずは現状の確認です。

一見すると普通なのですが近くで見ると・・・

ほう・・・

これは・・・

なかなか・・・

確かにけっこう傷みがキテます・・・

ここまで来てしまうと全部壊して造り直すのも手ですが、補強を入れてデッキ板を交換するという選択肢もできる状態です。

そこでご相談いただいた方に

①全部造り直す

②デッキ板を交換して補強を入れる

という方法があります。

最低でも②は必要かと思います

と提案すると②のデッキ板を交換して補強を入れるに決定。

そこで工事をさせて頂きました。

まずはデッキの板と、手すりの笠木を撤去します。

するとかなり痛みの激しい部分を発見!↓

ここはこのままでは非常によくない部分なので、ここは後で補強を入れます。

一通り撤去が終わったので、部材を購入し、あらかじめ塗装をします。

この作業をひたすら繰り返し、全部の部材を塗装します。

これは板の裏側は、あらかじめ塗装した方が塗り残しがない様にするためです。

今回は既存のデッキの寿命を考えて、防腐剤注入材ではなく、普通の2×4の部材を使用します。

理由は、防腐剤注入材をしようすると長持ちするけれど、普通の2バイ材だと、既存のデッキの寿命と同じくらいになるだろうな、という読みからです。

補強部分をお金をかけて防腐剤注入材にして、既存のデッキのほかの部分がダメになった時に、補強した部分だけがしっかり残っていても仕方ないですし、

防腐剤注入材の方が価格も高いので、必要ない部分は抑えた方が工事価格をお安くできます。

塗装の作業をしてから今度は補強の作業に入ります。

一番イタミが来ていた部分を補強し、

デッキ板をバンバンと設置していきます。

デッキ板が貼り終わったら手すりの笠木も取り付けなおします。

デッキ板と笠木が終わったら、今度は入念に補強作業に入ります。

傷んだデッキで何が怖いかというとほぞ差しのほぞの部分が腐り、落ちてしまうのが一番怖いです。

こんな部分もありましたし↓

そこでホゾがダメになっていたとしても、桁や大引きが落ちない様に念入りに補強していきます。

アップで撮り忘れちゃいましたがこの部分も↓

↓こんな風に補強の柱を削り落ちない様にしてから設置しています。

全部の木工事が終わったら再び塗装工事です。

今回は、あらかじめした塗装で色を間違えていてたので、普段よりさらに念入りに塗ります。

塗装の色を間違えたせいで、塗装を3回はしたので、お客様からしたら念入り塗装で本当にお得です!

※ウチは手間と塗料が余計に掛かっちゃいましたけど・・・。

そして完了後の様子がこちら↓

メンテナンス次第ではありますが、これで5年~(運が良ければ)10年くらいは大丈夫かと。

この規模でウッドデッキを全部作り直したら、相場で150万円くらいは掛かります。

今は防腐剤注入材で施工することが多いですが、それでもメンテナンスすることを前提としても、野ざらしの状態でのデッキの寿命は20~30年程度。

今回は補修&補強で40万円程度なので、そう考えると費用対効果としては満更でもないのでは?と思いました。

お客様には

とてもキレに仕上がってうれしく思います。

とご感想を頂けてこちらも嬉しいです!

ではまた~♪

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

ウッドデッキTOPに戻る

ペンキ塗替えTOPへ戻る

キツツキの穴の補修 前橋市

今回は前橋市の赤城神社付近の別荘地のオーナー様よりのご相談です。

 

今回は

・ログハウスの外壁塗装

・デッキ階段の補修

・キツツキの穴の補修

・キツツキ対策

のご相談でした。

しかし、前橋市のそのログハウスのある別荘までは、高速道路を使用しても片道3時間半はかかる道のり。

どうしようかな・・・

さすがにこれはお断りした方が良いのでは?

 

と思ったものの、

せっかく当方を見込んでくれてのご相談です。

 

ここは何が何でも頑張らなければ!

ということで工事をさせて頂きました。

 

まずはキツツキの空けた穴を補修します。

なにせこれをしないで高圧洗浄機で軒裏を洗った時ら、水が軒裏から屋根の内部に入ってしまいます。

そうなったら余計なカビが生えたり、ダニの発生する原因になってしまうので優先して行います。

あらら、いつも通りこんな高いトコに穴を空けちゃって・・・

 

いつもならキツツキの穴塞ぎは、穴を板を穴の上から貼りつけて終わりです。

※写真↑は今回とは別の事例です。

 

ですが今回はお施主様のご希望により、板を外して取り換えることになりました。

 

早速、板を取り外して内部を覗くと・・・↓

まずはハチ君とご挨拶↓

その奥には本来はある筈のない何やら黒いものが・・・↓

アップすると↓

なにかの虫の死骸?

それとも糞?

 

さすがに私も気持ちが良くないですが、手に取ってよくよく見てみます。

なにやら植物の種らしきものが見えます。

 

ということはきっとキツツキか何かの糞?!

 

お施主様に報告すると

全部とれるだけ取りだして

というご希望。

 

まぁそう思われるのも当然ですよね。

 

とはいうものの、軒裏の板を全部外すわけではないので、今回は手の届く範囲の物を取り除きます。

そして今度は新しい軒裏の板を取り付け&塗装します。

完成!

 

これで次の塗装工事に入れます。

 

つづきます~♪

 

 

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

玄関扉の副え錠の取り付け & 玄関枠の直し 富士見高原

これまで

玄関前の屋根設置

ウッドデッキの造り直し

ウッドデッキの屋根設置

をさせて頂きました別荘。

 

来年以降に移住を考えている

ということで、それにつけて

 

玄関の枠が腐っているので修理して欲しい

鍵をもう一つ付けておきたい

というご希望をお伺いしていました。

 

せっかくここまでお仕事を頂いちゃいましたので、最後サービスで

・玄関枠の修理 と

・副え錠の取り付け

をおこなわせていただきました。

 

施工前の写真をしっかり撮るのを忘れちゃいましたが、

↑こんな感じに枠の下端が雨ざらしで朽ちています。

 

枠全体もだいぶ劣化していたので全部取り外して交換します。

こんな感じにコーキングされているのを↓

全部きれいに剥いでいきます↓

そして枠の木を取り外します↓

そして、削り出したて調整した新しい枠を取り付けてコーキングをして枠高官は完成です。

枠の上部の木だけデザインチックにしたので、ちょっとだけオシャレになりました♪

そしれ今度は副え錠の取付です。

 

副え錠を取り付ける穴をドアにうがちまして・・・

 

中略(というかいつもの様に作業に熱中して写真を撮り忘れました)

(・ω・ノ)ノヒョエ~

 

そんでもっと取り付け後の様子がこちら↓

ということで鍵の取り付けも完了!

 

枠がキレイになり、鍵も取り付けたので移住してきてもこれで安心ですね

 

今回の分はサービスでしたが、

これまでお仕事をいただきまして感謝です!

 

という思いで行わせていただきました。

ありがとうございました。

 

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

 

ウッドデッキの補修 茅野市北山

ウッドデッキの補修のご相談を頂きました!

こんな感じに穴が空いて↓

穴が無い箇所でもミシミシと音がする箇所が・・・・

ということで交換作業です。

この様に部分補修をさせて頂きました。

 

※今回は

予算〇〇円分でできる範囲で

というご相談で直させて頂きました~♪

 

木なので数年もすれば

また交換の必要があるのですが

まぁ、とりあえず数年は大丈夫でしょう!

 

ウッドデッキから見る空や緑は

また一層キレイですね。

 

オーナー様が

手間を掛けてもウッドデッキを維持したい

という気持ちが分かります。

 

ではまた~♪

建築カテゴリーTOPに戻る

メンテナンスカテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

ウッドデッキTOPに戻る

玄関前タイルの補修 茅野市玉川

茅野市の〇〇〇の階段のタイルの補修をご依頼頂きました~♪

この様な感じにタイルが剥がれていたので↓

ついでに、このように叩いて音の軽い部分は剥がれている部分なのでそこも剥します↓

タイルは剥したままの状態では使うのではなくキレイにします。↓

ハンマーやグラインダーで余分な部分についたコンクリートを取り除きます。↓

裏面に着いたままのモルタルも、このままでは接着性を悪くするので削り取ったりします。↓

ケレン処理後↓

接着する方の面もモルタルをこのままではうまくタイルが付かないので↓

このようにグラインダーで削り取ります。↓

そこに接着性の強いモルタルを塗り付けて↓

タイルを接着~♪

乾いたら、今度は目地にコンクリートを埋め込んで、余分な部分は洗い流します。↓

RIMG1332-01

完成~!↓

タイルも雨が当たらない部分と当たる部分、雨水などがモロに流れ落ちる部分などで全く傷み方が違います。

土木をされている方達の中でも案外と正しい施工を知らない方もいるようで、接着性のモルタルを使用していないケースもあります。

※実際ここはそうでした。

 

でも普通、ぱっと見には見分けがつきませんよね~。

私も剥してみてはじめて分かりました。

 

土木は本当に隠れちゃう仕事が多いので、出来がわかり難いですね。

ではまた~♪

 

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

ウッドデッキ補修工事 富士見高原

腐ったデッキを補修して欲しい

というご相談を受けましてデッキ工事です。

 

一見何の以上も無く普通に見えるのですが・・・

子供をデッキで遊ばせたい

というご希望があるのにこれでは危なくてできませんよね。

 

そこでまずはデッキの腐った部分(デッキの先端から50cm程度)を取り除いていきます。

そして新たに必要と思われる個所に束基礎を設置します。

充分な深さに床掘りをして砕石を入れて固め・・・↓

今回は場所の都合もありコンクリート板を2枚重ねした上に・・・↓

羽子板付きの束石を据えてコンクリートで巻きます↓

そしてまた砕石を入れて↓

土を埋め戻して終了です↓

なにせ屋根の荷重が掛かる箇所に束が無かったので、一本、束を入れるだけで大分構造的に良くなります。

そして桁を入れ替えて、一本一本根太を継いで塗装して完成です!

もうちょっと屋根鼻が長ければ全然、長持ちの具合が違うんですけど。

 

ウッドデッキはマメに塗装すれば防腐剤注入の材でなくても15年くらいは大丈夫ですが、マメに塗装すれば塗装代が掛かります。

 

マメに塗装しなければ塗装代は掛かりませんが、10年持つか持たないかのうちに全部やり直す必要が出てきます。

 

特に冬の積雪で雪がゆっくり解けていつもビシャビシャなのが、一番デッキには良くないです。

 

個人的には、デッキの上には屋根を付けた方が雨の日も使えますし、デッキ自体も濡れないので長持ちするのでお勧めです。

 

まぁ、結局は予算と使い勝手の兼ね合いがあって、それぞれ個人の好み次第なんですけど。

 

とりあえず今回のデッキを直して、お子さんが安心して遊べるとのことで良かったと思いました♪

(へ。へ)ζ

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

ウッドデッキTOPに戻る