カテゴリー: ウッドデッキ

ウッドデッキの修理&補強 蓼科ビレッジ

ウッドデッキの修理&補強 蓼科ビレッジ

ウッドデッキが雨風で傷んできたのでどうすれば良いのか?

そして今後の腐食防止はどうしたら良いのか?

というご相談を頂きまして、先ずは現状の確認です。

一見すると普通なのですが近くで見ると・・・

ほう・・・

これは・・・

なかなか・・・

確かにけっこう傷みがキテます・・・

ここまで来てしまうと全部壊して造り直すのも手ですが、補強を入れてデッキ板を交換するという選択肢もできる状態です。

そこでご相談いただいた方に

①全部造り直す

②デッキ板を交換して補強を入れる

という方法があります。

最低でも②は必要かと思います

と提案すると②のデッキ板を交換して補強を入れるに決定。

そこで工事をさせて頂きました。

まずはデッキの板と、手すりの笠木を撤去します。

するとかなり痛みの激しい部分を発見!↓

ここはこのままでは非常によくない部分なので、ここは後で補強を入れます。

一通り撤去が終わったので、部材を購入し、あらかじめ塗装をします。

この作業をひたすら繰り返し、全部の部材を塗装します。

これは板の裏側は、あらかじめ塗装した方が塗り残しがない様にするためです。

今回は既存のデッキの寿命を考えて、防腐剤注入材ではなく、普通の2×4の部材を使用します。

理由は、防腐剤注入材をしようすると長持ちするけれど、普通の2バイ材だと、既存のデッキの寿命と同じくらいになるだろうな、という読みからです。

補強部分をお金をかけて防腐剤注入材にして、既存のデッキのほかの部分がダメになった時に、補強した部分だけがしっかり残っていても仕方ないですし、

防腐剤注入材の方が価格も高いので、必要ない部分は抑えた方が工事価格をお安くできます。

塗装の作業をしてから今度は補強の作業に入ります。

一番イタミが来ていた部分を補強し、

デッキ板をバンバンと設置していきます。

デッキ板が貼り終わったら手すりの笠木も取り付けなおします。

デッキ板と笠木が終わったら、今度は入念に補強作業に入ります。

傷んだデッキで何が怖いかというとほぞ差しのほぞの部分が腐り、落ちてしまうのが一番怖いです。

こんな部分もありましたし↓

そこでホゾがダメになっていたとしても、桁や大引きが落ちない様に念入りに補強していきます。

アップで撮り忘れちゃいましたがこの部分も↓

↓こんな風に補強の柱を削り落ちない様にしてから設置しています。

全部の木工事が終わったら再び塗装工事です。

今回は、あらかじめした塗装で色を間違えていてたので、普段よりさらに念入りに塗ります。

塗装の色を間違えたせいで、塗装を3回はしたので、お客様からしたら念入り塗装で本当にお得です!

※ウチは手間と塗料が余計に掛かっちゃいましたけど・・・。

そして完了後の様子がこちら↓

メンテナンス次第ではありますが、これで5年~(運が良ければ)10年くらいは大丈夫かと。

この規模でウッドデッキを全部作り直したら、相場で150万円くらいは掛かります。

今は防腐剤注入材で施工することが多いですが、それでもメンテナンスすることを前提としても、野ざらしの状態でのデッキの寿命は20~30年程度。

今回は補修&補強で40万円程度なので、そう考えると費用対効果としては満更でもないのでは?と思いました。

お客様には

とてもキレに仕上がってうれしく思います。

とご感想を頂けてこちらも嬉しいです!

ではまた~♪

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

ウッドデッキTOPに戻る

ペンキ塗替えTOPへ戻る

ウッデデッキ工事、塗装、屋根掛け

ウッデデッキ工事、塗装、屋根掛け

別荘を建てて十数年・・・

ウッドデッキがボロボロに

こうなると一目で危険とわかるので

ウッドデッキの上にはのれません。

 

十数年の経って古くなったから

まぁ、仕方がないよね

 

あなたはそう思ってらっしゃるでしょう。

 

確かに経年劣化や寿命はあります。

 

この写真の別荘も当然ですが、

最初からこの状態だった訳ではありません。

最初はこの状態でした。↑

見るからに開放的でステキな

ウッドデッキのある別荘です。

 

このウッドデッキが十数年で

なぜ、こうも危険な程に

朽ちてしまったのでしょうか?

 

理由はいくつかありますが、一つは・・

 

雨や雪が直接デッキに落ちて濡れる

という事に原因があります。

 

もう一度先ほどの写真に戻りますが

この様に屋根に降った雨や雪が

全部まとめてウッドデッキに落ちる

という構造になっています。

そのデッキに雨が集まる仕組みでは

ウッドデッキが劣化するのが

早いのも当然です。

 

ここまででは無いとしても

そもそも屋根の上に雨や雪が

落ちるという事自体が

デッキの寿命を縮めます。

 

こんな立派なデザイナー設計の別荘でも↓

雨ざらしのウッドデッキはこの状態に↓

 

ではその水に弱いウッドデッキを

少しでも長持ちさせる為には

どうしたら良いのでしょうか?

 

その方法としては

①ウッドデッキの材料を選ぶ

②ウッドデッキの塗装の仕方を工夫する

③ウッドデッキ自体に雨が当たらない様にする

という3つの方法があります。

 

では一つづつ検証して説明させて頂きます。

 

①ウッドデッキの材料を選ぶ

 

ウッドデッキの材料しては

・普通の木材

・防腐剤を注入した木材

・ハードウッド

・樹脂製などの人工木材

などがあります。

 

一番寿命の短い普通の木材ですと

床板だけで約7,000円/坪程度。

逆に一番長持ちする人工木材だと

値段も非常に高くなり床板だけで

約80,000円/坪程度は掛かります。

その分、非常に長持ちしますが

欠点は太陽が照り付ける場合は

木材と違い熱くなる事です。

 

ですので、真夏などはスリッパなど

履物抜きには使用できません。

特に、小さいお子様や

ワンコや猫がいる場合は

危険ですのでお勧めはできません。

 

また、これを読まれている方は

”別荘地”という前提で読まれている

と思います。

別荘地でしたらウッドデッキは

やはり木材で、長持ちした方が

雰囲気でも価格面でもお勧めです。

 

ではどうしたら安価な材料で長持ちさせることができるの?

 

そのご質問も尤もです。そこで

②ウッドデッキの塗装の仕方を工夫する

③ウッドデッキ自体に雨が当たらない様にする

という方法は必要になります。

 

たぶん、あなたは

塗装の仕方なんてどこでも一緒でしょ?

そう思われていると思います

しかし残念ながら実際は違うのです。

 

一般のハウスメーカーや工務店では

デッキの板を表からしか塗らず、

裏側や重なった部分は

塗装しないケースが多いのです。

 

こちらをご覧ください↓

これは屋根も無い雨ざらしのデッキを

床下から撮影したものです。

防腐剤注入材でも無く

塗装自体もしてありません。

 

その為、ご覧の通りにカビが

発生しやすい状態になっています。

もう一枚ご覧ください↓

このデッキも防腐剤注入材でも無いに

塗装がしてありません。

 

雨ざらしになるウッドデッキで

なぜ、この様な施工なのでしょうか?

 

実はこれには施工側の大工さん

ならではの理由があります。

一般的に、家を建てる際は木材の

ホゾなどを全部あらかじめ造っておき

建て前の時に一気に棟上げ(屋根掛け)

までして組み上げます。

そして、屋根が掛かった状態で

建物の内部をじっくり作り込んでいき、

最後にまとめて塗装をしていく

というのが通常の工程なのです。

ですから、ハウスメーカーや

工務店等にデッキ工事をお願いすると、

 

同じ様に全部造ってから塗装をするので、

裏側や手の届かない部分などに

塗り残しが出てきてしまうのです。

特に塗っておきたい大事な部分は

赤丸した部分の木材です。

この根太という木に板を止めるので

重なり部分に雨が入り込むと

乾きにくく水が長く残り、

もっとも腐りやすい部分になります。

先ほどの例の様に、

全体の木工事が終わった後では

一番傷みやすい肝心のこの部分が

塗装できません。

 

いやいや、そんなこと

どこのハウスメーカーも工務店も

当たり前にやってるでしょ?

 

そう思われるかもしれませんが

残念ながらやってないから

先ほどの様なケースが

現実としてあるのです。

 

じゃぁ、どうすればいいの?

 

はい、その為には

施工する前にある程度、

塗装をしておく

という事が有効です。

使用する木材を予め

塗装しておくのですから

塗り残しもほぼ無くなります。

 

そしてもう一つは

③ウッドデッキ自体に雨が当たらない様にする

という方法が非常に有効です。

 

つまり、ウッドデッキ自体に

屋根を掛けてしまうのですが

そもそも雨や雪にあたらなければ

長持ちして当然ですよね。

しかも、雨の日でも

ウッドデッキが使用できるので

使用する用途も広がります。

 

ある屋根を設置させて頂いたお客様には

雨の日でもみんなで

バーベキューができて良かったよ~♪

というお声も頂きました。

別荘地ですし、実際に

そういう使い方をされる方も

おられるのです。

 

そうか!屋根をつければいいのか!

でもそれはどこの工務店に

造ってもらっても一緒でしょ?

 

確かにどこの

ハウスメーカーや工務店でも

工事自体は可能です。

 

ですが、残念ですが大部分の

ハウスメーカーや工務店は

昔ながらの技術を持っている職人がほぼ絶滅状態

なのです。

 

この問題は毎日一生懸命家造りを

頑張っている作業員の方の

責任では決してありません。

 

建築業界も技術革新により

繋ぎなどの難しい部分は

プレカットという技術で

工場で加工できます。

今は、予め工場で加工した木材で

組み立てれば家が建ってしまいます。

 

また、一方で

昔ながらの玄翁で頭を叩かれ

厳しく技術を叩きこまれた職人が

定年などでドンドン引退しています。

その結果、今は作業する方に

昔ほどの技術が必要無くなり

さらに技術を継承する機会も

激減したのが原因なのです。

 

そしてこの様な勾配の変化していく

複雑な形の屋根を造るには

昔ながらの技術が在って

はじめて可能なのです↓

また、普段ウッドデッキを

造る機会が少ない建築会社の場合

デッキの特性をよく理解していないので

余計な物を設置する場合も有ります。

この幕板がある為に落ち葉やゴミが

外に出ず、デッキの上に残り

降った雨が乾きにくくし

一層デッキを傷める原因に・・・。

 

さらに、前述したように

ウッドデッキに適した塗装も

よくわかっていません。

ウッドデッキの施行やメンテナンスも

たかがウッドデッキ、されど

ウッドデッキです。

 

当方の様にウッドデッキをある程度

メンテナンスや施工の経験ある業者へ

ご相談いただく事をお勧めします。

 

では、実績や技術はどれくらいあるの?

 

それには論より証拠。

 

まずは、実績を見て頂くのが

一番かと思います。

 

ここで当方の過去に行った

大小ウッドデッキ関連の工事の

一例をご紹介します。

 

※クリックして頂きますと詳細をご覧いただけます。

ウッドデッキ改修 茅野市三井の森

ウッドデッキ作り直し 富士見高原

・ウッドデッキの改修 茅野市三井の森

ウッドデッキ補修 富士見高原

ウッドデッキの補修 茅野市北山

ウッドデッキの屋根工事 富士見高原

ウッドデッキ屋根設置(ポリカーボネード)茅野市チェルトの森

ウッドデッキ屋根設置(ポリカ波板)② 原村三井の森

ウッドデッキ塗装の検証↓

ウッドデッキを長持ちさせるには

 

そして資格については、

TOPページの通りです。

よくある質問

Q.デッキはどの材料でもできますか?

A.当方では、ツーバイ材、または

防腐剤注入のツーバイ材での施行が

ほとんどですが、他の素材でも

施工可能ですのでご相談下さい。

 

Q.金額の目安はどれくらいですか?

A.一概には言えませんが、

・管理事務所に支払う紹介料

・ゼネコンの様な建築会社の上乗せ

が無い分はお安いかと思います。

 

事実、過去に管理事務所に見積りを

依頼した方が見積額が高かったので

改めて当方に御相談頂いた結果、

一瞬でご注文を頂くという事もありました。

 

基本、お客様よりの直請けで

上請けに搾取されない分、

ご注文頂いたお客さまには

還元できていると思います。

 

Q.工事の期間はどれくらいですか?

A.デッキの塗装工事の場合は

2週間~1か月間の事が多いです。

 

デッキに屋根を取り付るの場合は

規模・状況により変わりますが

1か月~2カ月ほど見て頂ければ

大丈夫かと思います。

 

ご相談はこちらまで

 

ご相談はE-メールまたはお電話にてお願い致します。

E-mail: info@bouffier.biz

℡:0266-55-6582

※当方は電話受付係が常駐してません。

電話は留守設定になっておりますので

お名前・ご相談内容・連絡先を

メッセージにお願い致します。

 

工事費等に上乗せされる金額を削減し

工事の内容自体に費用を掛けたい為、

ご理解をお願い致します。

 

また、電動工具で大工作業作業中

屋根の上で落ちないように作業中

塗装や機械を直して手が油だらけ

良い工事にする為に集中して作業中

という事も多いです。

 

その時にお電話を頂いても、

手が油や汚れだらけで電話を取れない

更にはメモも充分取れない事もあり、

ご用件を充分に伺えない面もあります

 

ですがメッセージを残して頂ければ、

しっかりご相談内容を受止められます

 

ですので、

この方式にさせて頂いておりますが

ご理解をお願い致します。

 

※当方では基本、下請けは致しません。

 

ご希望に最善の形でお応えする為には

下請け仕事では、どうしてもお客様の

ご希望と隔たりが出て来てしまいます。

 

また価格自体も”無意味”に高くなり

お客様のご負担が増えてしまいます。

 

価格の面でもサービスの面でも、

お客様との距離が出てしまう分だけ

双方ともに不利益になりますので

ご理解をお願い致します。

 

TOPページに戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウッドデッキ塗装+α 北杜市小淵沢

ウッドデッキ塗装+α 北杜市小淵沢

夏になったらデッキで焼肉をする予定なので、今のデッキをキレイにしておきたい。

また、

デッキが踏み抜けてしまうので直しておきたい。

というご相談をいただきましてウッドデッキの塗装作業です。

 

しかも3週間後にはお客様を呼ぶというので工期も短め。

 

最初、お話を伺った際の状態は↓

塗料もまだ効いているから、サッと上塗りをすれば大丈夫かな・・・?

さて裏側は・・・↓

あ~~、これはよくある・・・、

全部完成してからに見えるとこだけ塗料を塗っておく

という仕上げだね~。

 

裏側は全然塗ってないですね~~。

 

塗料をチャンと塗ってないから根太が縦割れしてるし↓

という状態でした。

 

ともあれ、塗装もまだ効いているし

と思って先ずは高圧洗浄でキレイを汚れを落としてみると・・・

 

あれ?

あれあれ?

塗装と思っていたものが全部キレイに落ちちゃった・・・↓

つまり、

塗料と思っていたのはコケだった!

というオチでした。

 

全部高圧洗浄が終わると↓

あれあれあれ・・・・

今までの黒い色はどこに行っちゃったの?

と思うくらい、キレ―さっぱり木色になりました。

 

そうは言っても綺麗に汚れを落とせたので、次の塗の作業に入る為にしばらくしっかり乾燥させます。

 

その間に踏み抜けた板を交換します。

家の外でいつも雨でぬれるウッドデッキですので、塗料が濡れていない箇所が無いように、板をはめ込む前に裏側を塗装してから取り付けます。

そして十分に乾燥してから塗りに入ります。

 

塗装一回目↓

塗装2回目↓

木が塗料を吸う吸う。

 

当初、お見積りで計上していた分の塗料はあっという間に終わり、追加の塗料が必要になりました。

 

赤字

(+。+)~~

 

それでもデッキの裏側や、階段、隣の建物の階段も手を抜けません。

塗装工事はここまでで終わりなのですが、今回は一緒に

・玄関前のポリカ屋根の高圧洗浄

・車庫のポリカ屋根の高圧洗浄

・玄関前通路のブロックの高圧洗浄

・木戸と道路の段差の解消

も同時にご依頼頂いておりました。

 

色々な要望に同時に対応可能なのが、当方の便利なところ。

そして

色々と同時にご相談頂ければ、ここはサービスできます という部分もあるのでお客様にはお得な部分♪

 

話しは戻って作業もそちらに移ります。

 

玄関前の汚れたポリカ屋根を↓

高圧洗浄でキレイにします↓

もう一つの車庫も↓

ビッシリ&ベッタリとしがみ付くようにくっついた汚れを高圧洗浄で落としていきます。

洗浄後↓

 

そして通路のレンガブロックも高圧洗浄で洗いに入ります。↓

高圧洗浄で洗っていると滑っている苔の様な部分が落ちていきます。↓

洗浄するとこんな感じに↓

洗浄作業後↓

あとは残るは道路との段差の解消です。

 

今までも対策はしてあったのですが↓

枕木とコンクリート製品だったので、経年劣化&(たぶん)雨の遊水でボロボロに・・・

これを全部撤去して、ゴム製の段差プレートを設置します。

段差プレートは、プラスチックの物があったり種類も様々です。

 

今回の段差は、山麓の別荘地なので(写真ではわかり難いですが)左が高く右側へ水が流れていく勾配になっています。

 

こういった場所では、道路に降った雨水が勢いにのって流れて来るので、軽い段差プレートでは流されてしまいます。

 

そこで今回は1つ約18㎏の段差プレートを4つ連結(合計72㎏)して使用しました。

と、ここまでで御相談頂いた内容は完了。

 

最初にご相談頂いた時には、

かんたんな塗装でそれほど大変な作業ではなさそう・・・。

そう思ったのですが、大分しっかりとした内容になりました。

 

でもこれで

デッキが直してあるから安心して使えたよ。

他人に来てもらうのにキレイになっていて良かった。

と行って頂けて良かったです。

 

こちらこそ光栄です♪

 

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

ウッドデッキTOPに戻る

ペンキ塗替えTOPへ戻る

ウッドデッキ造り直し 富士見高原

ウッドデッキ造り直し 富士見高原

前回までにウッドデッキの屋根をポリカーボネートの平板で施工させていただきました。

今度は雨や雪で腐って傷んでしまったウッドデッキの造り直しの工事に入ります。

この辺が建物建築時からあったデッキで(他は後からの増築)雨が落ちたり、屋根から落ちた雪がじっくり融けてすっかり傷んでしまったデッキ部分↓

まずはここを壊して片付けます。

デッキの板を外しから始めて・・・↓

こんな感じに撤去終了↓

そしたら今度はデッキを造っていきます。

※途中の写真は作業に熱中していて撮影し忘れました。

デッキが組み上がりったので幕板を回して小口が隠れるようにして、雨が小口から侵入するのを防ぎます。↓

そして手摺りと扉を造ります↓

仮止めしていた階段をしっかり固定して↓

全部を塗装します。

デッキの裏側もキチンと塗ります↓

一度塗りが終わったので今度は2度塗りに入ります↓

完成!

やはりデッキがキレイになったのでお客様に、

キレイになって良かった

と言って頂けました。

 

当方としては

 

こちらこそありがとうございました!

 

という感じでした♪

 

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

ウッドデッキTOPに戻る

 

ウッドデッキの屋根工事 富士見高原 

ウッドデッキの屋根工事 富士見高原 

ウッドデッキに屋根を付けて欲しい

というご相談を頂きました。

 

この部分↓

何枚かパースを描かせていただきまずはイメージを作って頂きます。

こんな感じに↓

そして何度かお話をさせて頂く中で最終的に、ポリカーボネートの平板で屋根を張ることになりました。

 

話しが決まったので工事に入ります。

 

普通のやり方では、まず壁側に垂木掛けを設置するところですが、壁の構造の都合で設置できそうにない。

 

この場合の定石では柱を立てて↓

そこに梁を掛けて(赤い)↓

それから小屋束を立てて↓

この上に母屋と呼ばれる木材を横に載せて、さらにその上に垂木を並べて屋根材を葺く、という順序になります。

プレカットでしか施工できないハウスメーカーや工務店ではこのようにしか施工できません。

 

ですが今回のケースでは、写真を見ても何となくお分かりいただけるかと思いますが、その方法だと天井が低くなり、とても圧迫感が出てしまいます。

 

そこで緑の部分にちょっと太めの材の柱を入れて、黄色線の部分にこれまた大き目の梁を入れて、その上に赤線の母屋に当たる木材を設置することにしました。

写真を見比べて頂ければお分かり頂けるかと思いますが、屋根の高さが高くなるので、圧迫感が無くなります。

 

このような方針で、まずは既存の横木を利用しながら屋根を支えられる桁を造ります。

 

この部分に柱を抱き合わせる形で設置して桁にします。↓

とはいうものの、下の写真の様に水平が狂ってきてもいるのでそれを調整しながら据え付ける必要があります。↓

調整は据え付ける時にするので、まずは、仕口・継ぎ手を刻んで設置していきます。

ここはプレカットでもできる部分ですが、私は昔ながらの大工さんに教えを受けてきたので手刻みです。

こちらの方が技術がいるのですが、応用も利くので便利と思っています。

刻んだら試しに組み合わせてみます。↓

良さそうな感じだったので、一旦外して接合部を含めて塗装します。

普段でしたら、屋根が掛かる部分は雨が直接あたらないので、塗装は最後にまとめて行います。

 

ですが今回は一人での作業なので、屋根を掛けるまでに雨に濡れることが予想されたので細部までしっかり塗装します。

塗装が終わったら既存の横木に抱き合わせで設置していきます。

既存の横木がかなり凸凹になっていたので、レベルを調整しながら

ボルトでしっかり抱き合わせで固定していきます↓

次にデッキの真ん中で”大黒柱”のように(でもないのですけど大黒柱的に)屋根を支える柱をデッキ下から据え付けます。

 

ヒノキ材の120×120の角材です。これを使用します。

これを床下の束石に載せる形で据え付けます。↓

そして、ウッドデッキの上に突き出た柱の上部に、大きい桁を載せます。↓

先ほど据え付けた桁側もこの通り↓

一番、荷重がかかる重要な部分が据えつかったので、母屋にあたる部分を設置します。

ちょっと話が前後しますが、桁部分の他の部分も柱を抱き合わせた上で、小屋束を設置してあります。↑こちらは素直な構造で良かったのですが・・・

↓反対側はかなり手間が掛かりました↓

窓がある壁側に柱を設置しない為に行なったのですが、多分、他の大工さんじゃ面倒くさくて嫌がるところです。

※私も、手が掛かって大変でした。

そして高さを合わせながら、組み合わせた木材が倒れないように、さらに強度も出しながら、ということを留意する必要があります。

そこで、下の受ける方の木の接合部をこんな風に削って↓

合せる母屋になる木の方はこんな風に欠いて↓

つまり2枚の板をこんな感じにですけど↓

組み合わさると組み合わさった内部はこんな感じになります↓

実際の様子はこちら↓

これで一番手間のかかる部分が終わりました。

 

今度は垂木として2×8の板を設置していきます。

なぜ2×8かというと、2×8は高さ(成)が184㎜あります。

 

世間には2×4で施工してしまう業者さんもあります。

しかし、それでは10年に1度の大雪の際には壊れる可能性が高いからです。

※他の現場で大雪の際に亀裂が入ったり、また既に壊れていた材。

ですからこれくらい高さ(成)がある板を使っておくと、重さで曲がることはあっても木材ですから重荷(積雪)が無くなれば戻るからです。

話しは戻ってこの写真↑を見て、

何となく高さが違わない?

と見えた方は流石です。

 

ポリカの波板は、1m×2m、または 3尺×6尺 というのが一番流通している汎用品です。

 

今回は巾1mのものを使用する予定でしたので、どうしても板と板のつなぎ目ができます。

そのつなぎ目にツーバイ材の38ミリでは少々狭いです。

そこで2×8の上部を少々削り、2×4の平板を載せれるようにしてあります。

これでポリカーボネートの板も設置しやすくなります。

実際に2×4の板を設置して塗装した写真がこちら↓

そしていよいよポリカーボネートの平板を設置します。

そして張り付けてある保護のポリエチレンを剥がして・・・↓

仕上げに既存の屋根との取り合いをして雨仕舞して屋根工事自体は終了です!

 

最後にサービスで薪ストーブの煙突の補修です。

煙突に貼ってある平石(鉄平石)が剥がれたので貼って欲しい

とのご希望でしたので補修に入ります。↓

完成!

他にも

玄関前の屋根設置

ウッドデッキの造り直し

玄関扉の副え錠の取り付け & 玄関枠の直し

などお仕事を頂きましたが、長くなりましたので他は別記事とさせて頂きます。

 

 

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

ウッドデッキTOPに戻る

ウッドデッキ改修工事 茅野市 三井の森いずみ平  

ウッドデッキ改修工事 茅野市 三井の森いずみ平  

ウッドデッキが腐って完全に朽ちてしまったので、孫の為にも新しくしたい

というご相談をいただきウッドデッキの改修工事です。

一見すると普通そうに見えますが・・・

見事にボロボロ・・・

 

しかも過去に頑張って直した形跡があるのですがこれは・・・・

 

という現状で他社で御見積をしてもらったところ、300万円かかります!と言われて驚いて当方へご相談を頂いた次第です。

 

え~と、ウチだとその半値以下なんですけど・・・

 

この様な経緯で頂いた仕事ですが、基礎はそのまま使用して良い という事でしたのでそのまま使用します。

これで更に安くなります。

 

まずは撤去作業へ!

基礎の位置や据え方の問題はあるもののお客様より、できたなりで良い というご意向を頂いておりますのでそのまま設置工事に入ります。

 

もう簡単に朽ちて欲しくないというご希望でお見積り通り、防腐剤注入の材を使用します。

それを柱と桁、根太として設置していきます。

据え付けが終わった場所から順次塗装をします。

 

実は工務店・大工によっては、塗装は最後にまとめて行う という会社・職人もいます。

 

その様な場合、表は塗装してあっても裏を覗いたら塗装していなかった というケースがあります。

 

別に雨があまり当たらない箇所ではその方法でも問題ありません。

 

しかし、吹きっさらしのウッドデッキの場合、木と木がくっついている部分は塗料が塗られていないので、後々木の反りなどで隙間ができた場合には水が入って傷みやすくなります。

 

私も他社の施行したものの修繕等をご相談して頂き裏を覗いたら アラアラ・・・、という事が何度かありました。

 

お客様にはどうせそこまでわからないからと思って施工したかもしれないけど・・・

 

まぁ、他社のことはいておいて、塗装は面倒でもできるだけ順次行って行った方が良いので、床板をはった後では塗れない部分などにも全部塗るためにこうします。

次は手摺の設置です。

よろび(垂直)を確認しながら手摺の柱を取り付けていきます。

終わったら今度は手摺の笠木と横板を取り付けていきます。

 

また同時に、既存の基礎を使わせて頂いたので基礎の柱が動かないように根がらみ貫きを取り付けていきます。

そして仕上げの塗装をペタペタと塗ります。

最後に開口部の扉を取り付けて完成です!

いやー、手間が掛かった。

けどこれならお孫さんが来ても安心ですね!

 

キレイに仕上げてくれてありがとう

そう言って頂けて励みになりました。

(〃^¬^〃)

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

ウッドデッキTOPに戻る

 

ウッドデッキの補修 茅野市北山

ウッドデッキの補修 茅野市北山

ウッドデッキの補修のご相談を頂きました!

こんな感じに穴が空いて↓

穴が無い箇所でもミシミシと音がする箇所が・・・・

ということで交換作業です。

この様に部分補修をさせて頂きました。

 

※今回は

予算〇〇円分でできる範囲で

というご相談で直させて頂きました~♪

 

木なので数年もすれば

また交換の必要があるのですが

まぁ、とりあえず数年は大丈夫でしょう!

 

ウッドデッキから見る空や緑は

また一層キレイですね。

 

オーナー様が

手間を掛けてもウッドデッキを維持したい

という気持ちが分かります。

 

ではまた~♪

建築カテゴリーTOPに戻る

メンテナンスカテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

ウッドデッキTOPに戻る

ウッドデッキ階段基礎の手直し 清里の森

ウッドデッキ階段基礎の手直し 清里の森

デッキへ上る階段の基礎コンクリートがひび割れてボロボロなので何とかして欲しい

というご相談を受けまして基礎工事です。

こんな感じに確かにボロボロ・・・↓

まずは撤去する必要があるのでコンクリートハンマで壊していきます↓

あれ?コンクリートは5cm程度で後はグリ石を入れてたの?

これじゃ、冬になって凍みると割れて来ちゃっても仕方ないかな・・・

コンクリートを取り除いてもうちょっと深く掘って↓

砕石を入れ直したうえで枕木を敷きます↓

枕木も1枚平敷きだと上から

荷重がかかった際に不安定なので2枚重ねにします。

 

さらに動かないようにカスガイでがっちり固定。

そして埋め戻して完了!

これで雪が降ろうが雨が降ろうが

冬になって凍みようが 枕木が保つ限り 大丈夫です!

 

一応、余った砂利で水の流れを変えたので

水の当たり方も前とは違うと思いますが

少しでも保って欲しいですね。

 

ではまた~♪

 

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

ウッドデッキTOPに戻る

ウッデデッキを長持ちさせるには

ウッデデッキを長持ちさせるには

ウッドデッキに屋根を掛ける相談を受け、色々お話しさせて頂いくことがあります。

ポリカーボネードの平板の場合(施工例)

ポリカーボネートの波板の場合(施工例)

最初に別荘を造る際に、建築会社はお客様に強く勧めないのか、あとで壊れても自分には関係ないと思ってるのか、実際のところは知りませんが、とにかく、ウッドデッキは屋根が必須です。

当方では別荘のメンテナンスを手掛けさせて頂いているので頻繁にウッドデッキの御相談をいただきます。

そもそも木で作っておいて、屋根も付けなければ雨に濡れっぱなしですから腐って当然です。

早い場合は5年もすればダメになってきます。↓

造った時は快適かもしれませんが、その後は10年に一度くらいは、大部分やり直すようなおおきな修復、または造り直す必要があります。

今は、アマゾンジャラなどの”ハードウッド”という極めて腐りにくい材木もあるので、そういった部材で施工した場合は比較的長持ちさせることができます。

しかし材木の値段も高く、通常の2~3倍の値段の材料費が掛かります。

ウッドデッキの上に屋根を掛けた方が、デッキ板がほどんど濡れないので長持ちするのに加えて、雨の日でもウッドデッキで椅子に座って雨音を楽しむなどという事もできます。

画像引用先:https://goo.gl/PbHxqQ

 

屋根を付けた方が長い目で見ると、

・雨の時でもウッドデッキを使用できる。

・ウッドデッキ自体がイタミ難いので腐らず長持ちする。

・雨ざらしの時より圧倒的に塗装の回数を減らせるので経済的。

・家の壁にも雨が当たりにくくなるので、出入りする開口部などの雨仕舞がイタまない。

などなどの利点があります。

 

つまり、雨ざらしのウッドデッキを造っても数年に一度は塗装し直す必要があり、十数年後にはウッドデッキ自体を撤去して造り直す など、数度にわたって工事(=お金)が必要になります。

実際には撤去して作り直せば、腐った木材の処分費も掛かれば、場合によっては足場代も必要になります。

そう考えると、経済的の面でもお得ですし、雨の日でも利用できるなど考えると使い勝手の面でも良いのです。

 

今回ご紹介するのは、ちょっとだけ難しい差し掛け屋根のケースです。

既存の屋根の関係で、途中で屋根を折れた形にする必要があるので、難易度が高いです。

※こんな感じの一方方向への傾斜なら簡単なんですけどね。↓

画像を引用させて頂いたような事例の、一方向への”面”の差し掛け屋根なら簡単なのですが、今回は屋根が途中で折れる構造なので規矩術 という大工の専門知識が必要です。

幸い私が大工の学校で学んだ際に教えてくれたのがそういった知識をしっかり叩きこまれた昔ながらの職人の方で、また叔父が大工でいろいろ教えてくれるので技術を習得できました。↓

※私はどこでしょう?↑

 

多分あなたは、大工さんならそんな大事な技術はみんな習得していて当然でしょ!? と思われるのではないでしょうか?実は、残念ながら現状はそうでもないのです。

今は、製材屋さんにプレカットという技術があるので、普通の住宅を建てるのに規矩術という技術は必要では無くなってしまったのです。

大工さんは現場で自分で規矩術を考える機会自体ががなくなってしまったので、その結果、今の大工作業に従事している方はそんなことできません。

という訳で、私は”運が良かった”という事になります。

ともあれそんな技術も駆使しながら完成です!

お施主様から、いずれ屋根に上がって屋根に落ちた松葉を掃除したり、デッキブラシで屋根の汚れを掃除できるようにして欲しい というご希望もありましたので開口部も設置しました。

諏訪地域は比較的に降水量が少なく雨も雪も少ない地域ですが、やはり数年に一度は大雪が降る時があります。

ですから材の強度もある程度必要です。

今回は、当然そういった場合にも耐えられるように充分な強度を保てるようにしっかりしたものを提案し、作りました。

時折、仕事が取りたいから材料費をケチって、これでイイのかい?!と思えるような貧弱なものを提案する業者がいます。

まぁ、個人の好き好きもありますのであくまで個人の責任でご判断して頂ければと思います。

 

とりあえずこのデッキ屋根をはじめ当方の屋根ではしっかり作っているので、大雪め!来るなら来てみろ!という感じです。

ではまた~♪

 

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

ウッドデッキTOPに戻る

ウッドデッキ補修工事 富士見高原

ウッドデッキ補修工事 富士見高原

腐ったデッキを補修して欲しい

というご相談を受けましてデッキ工事です。

 

一見何の以上も無く普通に見えるのですが・・・

子供をデッキで遊ばせたい

というご希望があるのにこれでは危なくてできませんよね。

 

そこでまずはデッキの腐った部分(デッキの先端から50cm程度)を取り除いていきます。

そして新たに必要と思われる個所に束基礎を設置します。

充分な深さに床掘りをして砕石を入れて固め・・・↓

今回は場所の都合もありコンクリート板を2枚重ねした上に・・・↓

羽子板付きの束石を据えてコンクリートで巻きます↓

そしてまた砕石を入れて↓

土を埋め戻して終了です↓

なにせ屋根の荷重が掛かる箇所に束が無かったので、一本、束を入れるだけで大分構造的に良くなります。

そして桁を入れ替えて、一本一本根太を継いで塗装して完成です!

もうちょっと屋根鼻が長ければ全然、長持ちの具合が違うんですけど。

 

ウッドデッキはマメに塗装すれば防腐剤注入の材でなくても15年くらいは大丈夫ですが、マメに塗装すれば塗装代が掛かります。

 

マメに塗装しなければ塗装代は掛かりませんが、10年持つか持たないかのうちに全部やり直す必要が出てきます。

 

特に冬の積雪で雪がゆっくり解けていつもビシャビシャなのが、一番デッキには良くないです。

 

個人的には、デッキの上には屋根を付けた方が雨の日も使えますし、デッキ自体も濡れないので長持ちするのでお勧めです。

 

まぁ、結局は予算と使い勝手の兼ね合いがあって、それぞれ個人の好み次第なんですけど。

 

とりあえず今回のデッキを直して、お子さんが安心して遊べるとのことで良かったと思いました♪

(へ。へ)ζ

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

ウッドデッキTOPに戻る