タグ: 八ヶ岳

屋根の雨仕舞(アスファルトシングル)の考察!

屋根の雨仕舞(アスファルトシングル)の考察!

さて、メーカーの推奨というか説明では、波トタンの寿命は一応5年程度となっています。

ですが、海の近くで一年中潮風に吹かれる訳でも無く、また、東京や大阪、新潟などの湿気が多い所とは違い、八ヶ岳周りは湿気の少ない高原です。

波トタンでも5年程度でダメになったものはあまり見たことがありません。

使用している実感としては、10年くらいは普通に保ちますし塗装をすればもっと長く保ったりもします。

まぁ、多分10年は大丈夫と思いますが、最初から20年~50年保って欲しい、とお考えの様でしたら、一文字葺き、または瓦棒引きなどの、板金施工か瓦屋根、オンデュリンクラシックシートが良いと思います。

※アスファルトシングルはそこまで保ちません。

せっかくですので アスファルトシングル について知ってる知識をご紹介します。

今を去ること私が10年前。

私が大工の学校に行っている時にメーカーの見本市に招待されて行ってきました。

その時にアスファルトシングルもあったのですがメーカーの方に

これは耐用年数は何年くらいですか?

と質問してみたことがあります。

 

その時のメーカーの方の説明では

15年程度です。

とのことでした。

 

その後、続けて

15年程度してダメになってきたら上からまた重ね貼りすれば良いです。

と教えてくれました。

 

ですから、アスファルトシングルを葺かれている方は、15年したら重ね貼りすることを念頭に置いて施工するのでしたら素人でも施工しやすい良い材料ということになります。

しかし、ハウスメーカーなどで葺いてもらい20年~保つ、とお考えの方には向かない材料だと言えます。

※ちなみに、コロニアルの耐用年数は、大体20年程度です。

一長一短なので意見はその方のご希望やニーズに依りますが私はお客様にはお勧めしません。

というところで今回はここまで!

コロニアルの雨漏りの例はまたご紹介します。

ではまた~♪

 

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

雨漏り修理TOPへ戻る

 

塗装は何年に一度? ペンキ塗替えの時期についての考察

塗装は何年に一度? ペンキ塗替えの時期についての考察

よくご質問を頂くのですが、

塗装は何年に一度すれば良いの?

という疑問があります。

 

私が別荘の管理事務所に勤務していた時に先輩から、

こう答えなさいよ

と教えられていた一般的な答えとしては

屋根は10年に一度、壁は5年に一度が目安です

というものでした。

 

一般的に塗料には

・フッ素樹脂塗料

・ラジカル制御形塗料

・シリコン樹脂塗料

・ウレタン樹脂塗料

・アクリル樹脂塗料

・無機塗料(セラミック塗料)

・ピュアアクリル塗料

・光触媒塗料

・ナノテク塗料

等の種類があります。その耐久性を簡単にまとめてみると↓

↑このような感じになります。

塗料の耐用年数は

・施工する箇所は?

・雨がどのくらい当たるのか?

・雨水などがどれくらい流れる個所か?

・そもそも雨が少ない箇所地方で使うのか?

・海の近くや比較的大気汚染のある地方で使用するのか?

など諸条件に変わってきますので、一概に表現できません。

 

一応の目安として

・フッ素樹脂塗料    15~20年

・ラジカル制御形塗料  13~15年

・シリコン樹脂塗料         10~15年

・ウレタン樹脂塗料      7~10年

・アクリル樹脂塗料    5~ 8年

・無機塗料 など各メーカーによるバラつきが大きすぎるので何とも言えない、という感じかなと思います。

一つ言えるのは、30年もつ塗料は今のことろ無い、という事です。

今回は屋根の塗料にシリコンの塗料を、壁の塗装には水性のキシラデコールを使用させて頂きました。

この建物を建築した際にはオーナー様のこだわりで外国の塗料をしたそうです。

しかし結局数年に一度の塗り替えに毎回その塗料だと仕入れる手間も価格も掛かってしまうので、日本の物でお勧めの塗料で良いです、と言って頂きまして施工させて頂きました。

実は塗料メーカーさんのお話だと、キシロデコールの油性の様などのような塗料は何も考えずに、上から何度も塗り替えれば良いものでは無いのだそうです。

実際に実験として、年月も経たずに、また、色も落ちていないうちに何度も塗り重ねてみたところ内部の湿気が逃げずに芯の方が腐ってきたのだそうです。

木の塗装をする場合には、前もって下地のケレン処理で幾らかでも木の表面を出してあげて、木が呼吸できるようにするのが大事なのだそうです。

ですので、木材の壁の場合は5年程度すると塗料もある程度、雨で洗われてススケテ見えてくるので、やはり5年に一度くらいが塗装の塗り替えの良い期間かと思います。

サイディングの壁の場合は、サイディング自体は20年~30年と保ちます。

けれどもサイディングを施工する際のシーリング材はやはり長くても5年~10年程度が精精の寿命ですので打ち直しが必要になります。

ある程度の期間になると、シーリング自体にヒビや剥がれて見えて来て、雨の侵入する原因になりやすいです。

そうすると、いくら塗装を塗り替えても上塗りをしても効かなくなってしまいます。

やはりシーリング材によるコーキングやチンキングを確認する意味でも5年程度で一度塗替えする方が良いと思われます。

八ヶ岳周辺ですとシリコン塗料で塗り替えを勧める業者さんが多いと思います。

いずれにせよ壁も5年~10年程度に一度塗替えすのであれば、足場を組む手間は一緒なので、屋根の塗料だけ20年保って、壁だけ塗る為に足場を掛けるということが費用対効果で非効率的なのでしょうね。

そもそも絶対に必要になってくる後々のメンテナンスに足場が必要のない形にして建物を作れば良いのですけれどそう考えてくれる建築屋さんは少ないようです。

↑この辺りはまた説明します。

 

ではまた~♪

 

カテゴリーTOPに戻る

ペンキ塗替えTOPへ戻る

TOPページに戻る

 

リフォーム工事

リフォーム工事

古い家を購入した方がそれを別荘使いにしたいという事で、リフォームのご相談を頂きました。

お客様のご希望では・・・

①.6畳の和室の2部屋とその奥の部屋を一部屋にして欲しい。

②.奥の部屋の壁を全部キレイにしたい。

③.①の部屋とキッチンを行き来できるように壁に穴を開けたい。

④.①の部屋は全てフローリングにして垂れ壁も全部取ってほしい。

⑤.神棚、仏間、押入れは全部撤去して、見られる形にして欲しい。

⑥.奥の和室の壁も全部キレイししたい。

⑦.トイレの便座もウォシュレットの物に交換して欲しい。

などなど盛りだくさん。

リフォーム前・南の和室(東)

南の和室(西)

奥の部屋

この3部屋を一部屋のリビングにしたい、ということでした。

当然この部屋の↓黄色部分のように、部屋間にある垂れ壁も撤去というご希望です。

フローリングをご希望のなので畳は撤去で段差も解消しなければなりません。↓

キッチンとの間にある壁も撤去とのこと。

キッチン側から観た場合↓

これを↓

↑こんな感じに行き来できるようにしてほしいとのこと。

和室の神棚、仏壇を置くスペース、押入れは撤去。↓

奥の部屋のエアコンは撤去して、押入れもキレイにして欲しい↓

奥の部屋のこの棚を撤去して壁も綺麗にして欲しいとのことで、また奥の和室も壁を綺麗にして欲しいとのご希望↓

さらにトイレも便座をウォシュレットに交換して欲しい、とのことでやること盛りだくさんです↓

今回は珍しく下請け工事でしたので、

〇〇万円の予算で、かつ、10日でできる範囲で

 

という元請け会社からの話で引き受けさせて頂きました。

ところが元請け会社様から何度も

やっぱり、こうして欲しい

という工事の内容の変更につぐ変更で結構大変!。

 

一度言われたら、材料を切っちゃった後に変更の指示を頂いても困るんですけど・・・・

ともあれ、何とか約束の10日間が終わり無事終了です。

3間続きのリビングは↓ 

という具合に無事、フローリングに変更&垂れ壁撤去も完了♪

神棚等の撤去した後は、元請け様のご指示により、このような棚を設置。

奥の部屋の押入れはこの様に仕様変更。↓

台所との間の壁も無事撤去。↓ 

奥の和室は、壁紙を張り直しました。↓

トイレの便座も取替え完了♪

ともあれ今回はやはり私一人では人手が足りず、大分元請け会社の応援に助けて頂きました。

昔ながらの土壁の撤去からスタートでしたので、解体工事込みなのでやはり大変:(;゙゚”ω゚”):

今回は親戚筋の相談だったのでやらせて頂きましたが、下請けでの仕事はもう一切しないです。

お客様と直に話をして対応できないとウチの強みが活かせないし、やり難くてしょうがなく非常に困りました。

また、今回の仕事は、県外の暑~い場所で季節も真夏だったので、高原育ちの私はホントに溶けるかと思いました・・・ι(´Д`υ)アツィー

もう次回からは八ヶ岳の周辺以外の仕事はしないと心に誓いました。

八ヶ岳山麓の西側、南側、つまり長野県諏訪郡原村、茅野市、諏訪郡富士見町、山梨県北杜市この辺りがやっぱり手が届く範囲です。

時折、軽井沢の方からもご相談を頂きますが、やはり遠いと行き帰りだけで大変ですし材料が足りない時にすぐに手に入らないし・・・

同じ別荘地でも地元の

・蓼科ビレッジ

・蓼科高原別荘地

・東急リゾート

・チェルトの森

・三井の森

・原村中央高原

・四季の森

・丸山の森(旧丸山別荘区)

・富士見高原別荘地

・泉郷

・清里の森

くらいなら、忘れ物しても取りに帰れるし・・・Σ(・□・;)オイ!

仕入れ先も、何をどこに注文すれば良いのかを熟知しているし・・・。

という訳で、今後はリフォームなどの大工仕事は、八ヶ岳の近辺だけにさせて頂きます。

では宜しければご相談下さいませ~♪

 

カテゴリーTOPに戻る

 

TOPページに戻る