屋根と外壁の塗装♪ 旧軽井沢

屋根と外壁の塗装♪ 旧軽井沢

以前、キツツキ対策と

2階ベランダ屋根の雨漏りの補修

をさせて頂いたお客様より、

塗装もお願いできますか?

とのご相談アリ!

 

う!?軽井沢で塗装工事か・・・

片道2時間掛かるからな、どうしよう?

 

と思い、

私は八ヶ岳の周辺が活動エリヤなので、

 

ご近所の業者さんでなくて良いのですか?

とお聞きすると

 

清水さんの仕事が丁寧だからできれば頼みたい

とのご返答。

 

私の事を評価してくれているのだ

と思うと断れない。

 

正直、なんか嬉しい。

(*α∀α*)うふふ

 

ということで塗装工事です。

この旧軽井沢にある別荘↓

以前、取付けたキツツキ対策ネットは

塗装後に効果抜群の新型に交換する為

キレイに全部取り外します。

 

そして高くて危ない箇所を中心に

仮設足場を組んでいきます。

足場が組めたら高圧洗浄機で屋根と壁を入念に洗浄します。

 

まずは屋根を洗浄します。

洗浄するとこれだけ汚れが落ちます↑

高圧洗浄前

高圧洗浄後

屋根が終わったら今度は壁の洗浄です↓

今回の別荘はオイルステインの

キシラデコールでとそうされたものでした。

 

キシラデコール(油性)はオイルを

木に浸みこませる塗装なので、

丹念に洗浄していくと

 

・風雨で洗われて脆くなった部分や

・陽射しで傷んできた部分

はキレイに吹き飛びます。

 

ですからこれだけでケレン処理になります。

高圧洗浄後↓

洗浄が終わったらすぐに塗装せず

数日おいてしっかり乾かします。

 

キシラデコール等ステイン系の塗料は

木にしっかりと浸みこむことで効果が出ます。

 

ですから充分に乾燥させて

水分を飛ばしておく必要があるからです。

 

そこでまずは屋根の塗装からします↓

最初に塗り残しが無いように屋根の縁を丁寧に塗装して

板金の重なる部分や壁との取り合い部分を刷毛で塗っていきます。

終わったら今度はローラーで一気に塗りつぶします。

シリコン入りの油性塗料なので、

夏でも一度塗ったら24時間以上は

乾かす必要があります。

 

そこで今度は壁の塗装作業に入ります。

まずは破風板・鼻隠し板から塗ります↓

そして壁。

陽射しと風雨で現れた場所はイタミガ酷いので

やはり一度塗っただけでは色ムラが出ちゃうようです。↑

全体は2度塗りですが傷むの激しいこの様な部分は3度塗りします↓

大分マシになりました。

そして壁の塗装の間にしっかりと乾燥した(であろう)屋根を塗ります。

シリコンのシーリングのやり替えなど

他の作業もありましたが、これで塗装も無事終了!

 

そして新しいキツツキ対策のネットを付け直します。

あとは仮設足場を撤去して全作業終了!

軽井沢で行き来するだけで大変でした。

 

でもお客様は

丁寧な仕事をありがとう

と喜んでくれました。

 

喜んで貰えて良かった~♪

(*´∪)ェヘヘ

ではまた~♪

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

ペンキ塗替えTOPへ戻る

 

Comments are closed.