雨漏り修理♪ 茅野市湖東

物置が雨漏りする

というご相談を頂きました。

 

屋根に上ってみると

典型的な雨漏りパターンの

アスファルトシングル葺き。

 

しかもなかなかの

劣化状態。

屋根の上に防水紙も

丸出しで破れ

野地板丸出し↓

しかも屋根の片方は

既に垂木まで傷んでしまい

凹んで苔まで生えている↓

これじゃ雨漏りしても

当然と言えば当然。

 

完全に直すには

屋根と垂木を取り外し

桁を確認してから

造り直す必要があります。

 

ですが、そこまで

費用を掛けられないとの事で

現状の屋根の上にそのまま

重ね葺きすることになりました。

 

まずは屋根の上の剥がれた

アスファルトシングルを

掃除します。

そして防水紙を敷きながら↓

桟木を取り付けて

固定していきます。

今回は下地の垂木がどこまで

強度が残っているのか

イマイチ信用できないので

桟木同士も固定していきます。

防水下地と桟木を

取り付け終わったら

(写真にはありませんが)

屋根端部の金具を取り付け

下地の木材が表に出ないようにします。

 

そしてガルバリウム波板を

葺いていきます。

全部葺いたところで

今度は棟カバーを

取り付けていきます。

最後に雨仕舞を確認しながら

隙間などにキレイに

シリコンを打って終了です。

 

この切り込んだ屋根の

取り合い部分に

特に気を使いました。

これでとりあえず

雨漏りも止まって

お客様も一安心されていました。

 

良かったです~

 

ではまた~♪

 

 

大工工事TOPに戻る

TOPに戻る