雨漏り修理♪ 茅野市北山

物置に使っていたけど

貨車倉庫が雨漏りするから

何とかならない?

というご相談を頂きました。

ということで

まずは屋根に上って

調べてみます。

おお~

これはなかなか・・・

シーリングのシリコンが

紫外線による劣化で

ダメになったのか

それとも

板金がダメになったのか・・・

どちらかでしょうが

雨漏り箇所を特定するのが

難しそうです。

さらに

シーリングや塗装で

一旦は雨漏りが止まっても

数年後にはまた

雨漏りが発生しそうな気が・・・

そこでお客様と相談の上

貨車倉庫の上に

ポリカ波板の屋根を

造ることになりました。

まずは材料の塗装です。

一般的に普通の大工さんは

工事前に材料に塗装なんてしません。

完成してから木部の

塗れる部分だけ塗装をする

というのが通常です。

ですが、

完成してから塗装するとなると

どうしても塗装しきれない

部分があります。

それじゃ残念なので

当方ではできるだけ

最初に塗装します。

※できない場合もありますけど

えへへ(〃´∪`〃)ゞ

塗装が乾いたら

屋根の設置作業です。

まずは既存の雨どいを外します。

これは後で使うので

壊さない様に慎重に外します。

雨を外側に流したいので

勾配をつけられるように

片側を高くします。

そこに垂木を掛けていき

垂木の途中でも

垂れない様に

調整の材木を下に

入れていきます。

そしてその垂木の上に

桟木を設置して

下地は完了!

完成した屋根下地の上に

ポリカ波板を

打ち付けていきます。

屋根葺きは完成。

屋根の端に出てしまう

桟木の切り口を

(できるだけ)

濡らしたくないので

けらばに隅金物の

板金を取り付けます。

そして近くの水路に

雨水が流せるよう

勾配を考えながら

雨どいを着けていきます。

最初に取り外しておいた

雨どいを取り付けて完成です!

これで雨漏りの

再発の心配もないし

安心していただけました。

ではまた~♪

大工工事TOPに戻る

TOPに戻る