木の伐採工事♪ 原村中央高原

屋根の塗装 を

ご相談いただいたお客様より

木の伐採についても

ご注文いただきました。

 

伐採をご希望なのはこの4本↓

↑この2本の白樺の木と

↑この杏子の木と白樺の木。

 

白樺は標高の高くないと

白くならないという

高原ならではの木です。

 

けれど、脆い気ですので

大きくなると

倒れやすくて危険です。

 

今回は高所作業車で

作業することにします。

 

伐採後

これで台風や大風が

来ても安心ですね。

 

ではまた~♪

 

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

屋根の塗装工事♪ 原村中央高原

 

以前よりお仕事を

頂いている方より

屋根の塗装について

ご相談を頂きました。

今までは自分たちで

塗ってきたのだけれど

そろそろ屋根に上るのも

危ないから

 

という事でした。

そこで今回は

屋根の塗装工事

をさせて頂きました。

 

まずは屋根のケレン処理です。

 

こういったパリパリくんを

キレイに落としていきます↓

今回はグラインダーに着けられる

ワイヤーブラシで撫でまわします。

なかなかの滑らかさ。

ケレン処理が終わったら

今度は錆止め塗料を

塗っていきます。

屋根の状態によっては

不要な場合もあるのですが

今回の屋根はパリパリも多く

塗った方が良いので塗ります。

錆止め塗装(下塗り)が

終わったら、今度は

中塗りに入ります。

中塗りが終わったら

今度は上塗りで仕上げていきます。

なかなかキレイに出来ました。

 

これでまた10年くらいは

安心ですね!

 

お客様に喜んで頂けて

良かったです。

 

ではまた~♪

 

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

ペンキ塗替えTOPへ戻る

 

ウッドデッキの塗装♪ 原村中央高原

以前、お仕事を頂いたお客様より

ウッドデッキの塗装のご相談を頂きました。

 

めったに見ない2階建てのデッキです。

 

デッキの塗装もですがこの柱の

白い塗装が色あせています。

2階のデッキの裏も↓

裏側はそもそも塗装していないのでは?

という感じです。

 

そこで塗装工事に入ります。

白い部分は塗り損ねると目立つので

特に念入りに塗り込みます。

デッキの部分も2回以上

塗り込んでキレイにします。

という感じで塗装させていただきました。

 

ではまた~♪

 

 

もっとリゾートメンテナンスを見る

もっと建築・大工工事を見る

もっと土木・伐採工事を見る

もっと塗装工事を見る

TOPページに戻る

屋根・壁の塗装工事♪ 原村中央高原

これから原村に永住されるとのことで

屋根と壁の塗装のご相談を頂きました。

屋根の上に上ってみると

なるほど

塗装が雨風で削れて

そろそろという感じ。

塗料がしっかりのりそうです。

破風板も壁全体も

塗装するにはちょうど良い頃のようです。

先ずは足場を組んで↓

屋根壁を高圧洗浄機で

しっかり洗います。

汚れが残りやすい

”ヘリ”の部分も

しっかり洗浄します。

壁も落ちる汚れや

古い塗装は落としちゃいます。

洗ってきれいになり

乾燥したところで

錆や塗装の剥がれた部分に下塗りをしていきます。

こういうペリペリ君を↓

きれいに剥がし↓

下塗り材を塗布していきます↓

下塗り材(ザビどめ)の役目は

屋根の板金の上に

仕上げの上塗り材を

しっかり留めること。

つまり屋根と上塗りの間の

接着剤の役割です。

ですから板金の下地が出て

錆が発生している場所はともかく

雨風で洗われて油分が程度よく

落ちている屋根では必要ありません。

このままの状態が一番

塗装のノリが良いで

錆止め塗装をしない方が

むしろ良いのです。

ということで

必要な部分だけきっちり

錆止め塗装でききたら

いよいよ上塗りです。

塗り残しにならない様にヘリや↓

↑瓦棒の部分を先にしっかり塗ってから

ザー、と塗っていきます!

どんなに丁寧に塗装をしても

1回塗りだけですとどうしても

塗料が弾かれる部分が出てきます↓

ですから必ず2回以上塗って

キレイに仕上げます。

煙突の部分や↓

水切りの部分もしっかり塗ります。

屋根が終わったら今度は

壁の塗りに入ります。

1回ですとどうしても

色むらが出てしまいますので

乾かしては2度塗りをしていきます。

そして完成!

イヤー

キレイになって良かったよ

と言って頂き光栄です!

こちらこそ

お茶をごちそうさまでした♪

ではまた~♪

 

もっとリゾートメンテナンスを見る

もっと建築・大工工事を見る

もっと土木・伐採工事を見る

もっと塗装工事を見る

TOPページに戻る

木の伐採 原村中央高原

今回は伐採工事です。

 

これまた高~い木が・・・

こっちはややもすると伐採すると枝が建物に当たって屋根が壊れるかもしれないし↓

今回はまず前半戦としてチルホールで倒す方向に木を引っ張りながら何本か木を伐採します。

なぜ腰高の位置で伐採したかというと、例の建物に引っ掛かりそうな木を伐採する際にこちらにワイヤーを引っ掛けられるようにする為です。

そして後日、残りを伐採。

最後に腰高に残した木を根元から伐採して終了です。

今回は、お客様が伐採木を薪にしたいという事で伐採木をそのままで終わらせて頂きました。

カテゴリーTOPに戻る

 

TOPページに戻る