ウッドデッキの修理♪ 茅野市蓼科ビレッジ

今回はウッドデッキの

修理のご相談です。

ウッドデッキが傷んでいて

危険なので、夏までに

安心して使える様にしたい

というご希望でした。

下から確認してみると

なかなかの傷みっぷりです。

そこで修理の工事をさせて頂きます。

まずは傷んだ部分の解体作業に入ります。

板や傷んだ根太、大引を取り外します。

柱や板の木工事に入る前に

まずは材料の塗装です。

防腐剤注入材に

ステイン塗料を

たっぷり塗り込みます。

そして大引・根太掛けも事前に

彫り込んで準備しておきます。

あとは運び込んで一気に

施工します。

最後に仕上げの塗装をして終了です。

これで夏に安心してお使いいただけます。

ではまた~♪

もっと建築工事・ウッドデッキ工事を見る

TOPページに戻る

屋根の修理 原村中新田

板金工事はできるか?

そう中新田にお住いのおじいちゃんに言われたので

できますよ

とお答えすると小屋の屋根の修理の依頼が来た。

いい加減古くなったので新居を建てて

今は物置に使用している家だったが

雨漏りしていると建物も傷むのも早いので

直しておきたかったらしい。

こんな感じに穴が空いていたので↓

他の工事で余ったカラー板金でチャッチャッと塞いでコーキング↓

本来であれば、

一文字葺きの鉄板補修するのですが

もう既存の鉄板の折り目がかなり傷んでいたのでそれもできない。

という訳で、

もう細かいことには構わず

上から覆う形にしてコーキングも使用した次第。

比較的、鉄板の折り目のイタミが少なく

一文字葺きの流れに合わせるできる部分は

この様にキレイに合わせて施工します。↓

そして全部ひさいだら周りと同じ色に塗装をして完了!↓

雨漏りは、そのまま放置すると

建物が早く傷みますので早く直すことをお勧めします。

ではまた~♪

もっと建築工事・ウッドデッキ工事を見る

TOPページに戻る

ドッグラン柵の修繕 原村

八ヶ岳山麓では、

雪も降れば 地面も凍って凍みます・・・

そうすると、春先には

ドックランの柵も倒れたり

折れたりもします↓

これじゃ、ワンちゃんを庭で

遊ばせようと思い放したら

そのまま庭の外のどこかまで

遊びに行ってしまいます。

コンクリートの基礎と鉄柱で

頑丈に造れば大丈夫ですが、

そこはそれ別荘地のことですから

それはちょっと無粋。

そこで、

現状のままで補修して欲しい、

とのご希望を受けまして

柵の補修です。

造園の資材を売っているお店から

青竹と麻縄と杭を仕入れて

補修します。

地面が凍みると、

杭も浮いてきます。

そこで、傷んだ杭は交換し

浮いた杭も打ち直します。↓

本当は毎年地面を固めて

杭を固定し直した方が

お勧めではあるのですが

数年に一度でも大丈夫でしょう。

作業後

ネット自体破れていませんが

ネット下の土が抉れてる箇所があり

そういう個所は塞いでおかないと!

と、こんな工事をさせて頂きました。

別荘地には、

コンクリート塀や金物フェンスはNG

という管理事務所の規約が

ある場合が多いです。

↑まぁ、そう言いたい気持ちもわかる。

管理事務所が無い別荘でも、

アルミフェンスの柵でも建てたら

それも雰囲気ぶち壊しです。

もし、ドッグランの柵を

ご希望の方はこんな感じの

竹と網の柵も一つの例として

お勧めです。

※私が最初に施工させて頂くなら

色は黒をお勧めするだろうな・・・

ではまた~♪

もっと塗装工事・メンテナンスを見る

TOPページに戻る