ハードウッドでウッドデッキ造り♪ 軽井沢

今回は以前から何度か

お仕事を頂いたお客様より

ご相談を頂きました。

ウッドデッキの柱が落ちたので

デッキの改修をしたい。

 

そして今度は

柱が落ちない様

しっかりした物を造りたい。

 

清水さんは原村で

ちょっと遠いので大変かと思い

 

管理事務所に

見積り依頼をしたら

とんでもなく高い!

 

なんとかならないか?

 

というご相談でした。

 

 

そこで

 

ハードウッドという非常に

腐りにくい木があり

それだと30年位~は

もつと思いますよ

 

とご提案させて頂きました。

 

そしてハードウッドにも

幾つか種類があります。

 

当方のお付き合いある製材屋さんは

・イペ

・ウリン

・アマゾンチェリー

(アマゾンジャラ)

・セランガンバツ

を扱っています。

 

イペが最も良く

次がウリンという順番ですが

金額も高い。

 

今回はちょうど良さそうな処で

アマゾンジャラ

(アマゾンチェリー)

をお勧めさせて頂きました。

 

それでもコストも高いので

二通りにのお見積りを作成します。

 

一つは

 

柱・桁・根太はアマゾンジャラ

というハードウッドで施工し、

床板は防腐剤注入材

施工した場合のお見積り

もう一つは

全部をアマゾンジャラという

ハードウッドで施工した場合

 

の二通りのご提案をさせて頂きました。

 

 

すると

そのお見積り金額なら

全部をハードウッドで

施工するプランでお願いしたい。

 

ということで工事を

ご注文頂ける事になりました。

 

まずは解体作業に入ります。

 

作業前↓

解体後↓

そして今度は

独立基礎を増やして

より強固にします。

下準備ができたので

レベルを出します↓

そうこうしている内に

材料が届いたので↓

刻んで柱・桁を

組んでいきます↓

そこに大引になる

柱等を固定していきます↓

それが終わったら

デッキ床板を貼っていきます。↓

固定したら

ミミを切りそろえます↓

そして、根がらみ貫き

をバシバシ取り付けて

ガッチリ固定していきます↓

そして階段を取り付け↓

最後に仕上げの

塗装をして完成です!

※ちなみに↑の衝立は

雨がはねて壁を傷めるので

その予防です。

 

ハードウッドは

塗装をしなくても

十分長持ちします。

 

ですがそれでも表面に

濡れ模様ができたりするので

塗装をした方が綺麗ですし

ちょっとでも長持ちします。

 

ということで

塗装をさせて頂きました。

 

お客様には

 

ありがとうございました。

 

それにしても、清水さんの

知恵と工夫と技術には

只々感心させられるばかりです。

 

とご感想頂けまして光栄です!

 

ではまた~♪

 

 

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

ウッドデッキTOPに戻る