ハードウッドでウッドデッキ造り♪ 軽井沢

今回は以前から何度か

お仕事を頂いたお客様より

ご相談を頂きました。

ウッドデッキの柱が落ちたので

デッキの改修をしたい。

 

そして今度は

柱が落ちない様

しっかりした物を造りたい。

 

清水さんは原村で

ちょっと遠いので大変かと思い

 

管理事務所に

見積り依頼をしたら

とんでもなく高い!

 

なんとかならないか?

 

というご相談でした。

 

 

そこで

 

ハードウッドという非常に

腐りにくい木があり

それだと30年位~は

もつと思いますよ

 

とご提案させて頂きました。

 

そしてハードウッドにも

幾つか種類があります。

 

当方のお付き合いある製材屋さんは

・イペ

・ウリン

・アマゾンチェリー

(アマゾンジャラ)

・セランガンバツ

を扱っています。

 

イペが最も良く

次がウリンという順番ですが

金額も高い。

 

今回はちょうど良さそうな処で

アマゾンジャラ

(アマゾンチェリー)

をお勧めさせて頂きました。

 

それでもコストも高いので

二通りにのお見積りを作成します。

 

一つは

 

柱・桁・根太はアマゾンジャラ

というハードウッドで施工し、

床板は防腐剤注入材

施工した場合のお見積り

もう一つは

全部をアマゾンジャラという

ハードウッドで施工した場合

 

の二通りのご提案をさせて頂きました。

 

 

すると

そのお見積り金額なら

全部をハードウッドで

施工するプランでお願いしたい。

 

ということで工事を

ご注文頂ける事になりました。

 

まずは解体作業に入ります。

 

作業前↓

解体後↓

そして今度は

独立基礎を増やして

より強固にします。

下準備ができたので

レベルを出します↓

そうこうしている内に

材料が届いたので↓

刻んで柱・桁を

組んでいきます↓

そこに大引になる

柱等を固定していきます↓

それが終わったら

デッキ床板を貼っていきます。↓

固定したら

ミミを切りそろえます↓

そして、根がらみ貫き

をバシバシ取り付けて

ガッチリ固定していきます↓

そして階段を取り付け↓

最後に仕上げの

塗装をして完成です!

※ちなみに↑の衝立は

雨がはねて壁を傷めるので

その予防です。

 

ハードウッドは

塗装をしなくても

十分長持ちします。

 

ですがそれでも表面に

濡れ模様ができたりするので

塗装をした方が綺麗ですし

ちょっとでも長持ちします。

 

ということで

塗装をさせて頂きました。

 

お客様には

 

ありがとうございました。

 

それにしても、清水さんの

知恵と工夫と技術には

只々感心させられるばかりです。

 

とご感想頂けまして光栄です!

 

ではまた~♪

 

 

もっと建築工事・ウッドデッキ工事を見る

TOPページに戻る

 

キツツキ対策&ウッドデッキ修理♪ 軽井沢町

今回は

キツツキ対策の

ご相談です。

 

ですが現場で

お話させて頂いた処

ウッドデッキの修理も

行うことになりました!

 

まずは足場を組んで

キツツキ対策です。

今回はこの面だけ

パンチングメタルを

軒裏に貼る事になりました。

 

実施前↓

ここにあらかじめ

切り出して塗装した

パンチングメタルを

貼っていきます↓

そして足場を外して

キツツキ対策は終了です。

次はウッドデッキの

床板交換に入ります。

このウッドデッキですが

雨樋が無いので

屋根先の真下部分が

特に傷んでいました。

まずは板を剥がしてみて

根太まで傷んでいるか

確認します。

うん!

これなら大丈夫そうです。

そこでいつも通り予め

加工&塗装した板を

打ち付けていきます。

そして最後に

手すりも含め全体に

仕上げの塗装をします。

もちろん2回塗りです。

お客様に報告書を

お届けしたところ

報告書を確認させて頂きました。

 

大変分かりやすく

丁寧なお仕事ぶり

感激しながら拝見させて頂きました。

 

本当にお願いして良かったです。

 

ありがとうございました。

 

というお言葉を頂けました。

 

お役に立てたのでしたら

こちらこそ感謝ですーー!!!

 

どうもありがとうございました!!!!

 

ではまた~♪

 

もっと建築工事・ウッドデッキ工事を見る

キツツキ対策に戻る

TOPページに戻る

屋根と外壁の塗装♪ 旧軽井沢

以前、キツツキ対策と

2階ベランダ屋根の

雨漏りの補修をご相談

頂いたお客様より、

塗装もお願いできますか?

とのご相談アリ!

う!?軽井沢で塗装工事か・・・

片道2時間掛かるからな、どうしよう?

と思い、

私は八ヶ岳の周辺が

活動エリヤなので、

ご近所の業者さんでなくて良いのですか?

とお聞きすると

清水さんの仕事が丁寧だから

できれば頼みたい

とのご返答。

私の事を評価してくれているのだ

と思うと断れない。

正直、なんか嬉しい。

(*α∀α*)うふふ

ということで塗装工事です。

この旧軽井沢にある別荘↓

以前、取付けた

キツツキ対策ネットは

塗装後に『効果抜群の新型』に

交換予定なので既存のネットは

キレイに全部取り外します。

そして高くて危ない箇所を中心に

仮設足場を組んでいきます。

足場が組めたら高圧洗浄機で

屋根と壁を入念に洗浄します。

まずは屋根を洗浄します。

洗浄するとこれだけ汚れが落ちます↑

高圧洗浄前

高圧洗浄後

屋根が終わったら

次は壁の洗浄です↓

今回の別荘はオイルステインの

キシラデコールで

塗装されたものでした。

キシラデコール(油性)は

オイルを木に浸み込ませる

塗装なので、丹念に

洗浄していくと

・風雨で洗われ脆くなった部分

・陽射しで傷んできた部分

はキレイに吹き飛びます。

ですからこれだけでも

ケレン処理になります。

高圧洗浄後↓

洗浄が終わったらすぐに塗装せず

数日おいてしっかり乾かします。

キシラデコール等の

ステイン系の塗料は

木にしっかりと浸み込む

ことで効果が出ます。

ですから充分に乾燥させて

水分を飛ばしておく

必要があるからです。

そして十分に乾燥した頃

壁ではなく、まずは

屋根の塗装からします↓

最初に塗り残しが無い様に

屋根の縁を丁寧に塗装して

板金の重なる部分や

壁との取り合い部分を

刷毛で塗っていきます。

終わったら今度はローラーで

一気に塗りつぶします。

シリコン入りの油性塗料なので

夏でも一度塗ったら2

4時間以上は乾かす

必要があります。

そこで次は壁の

塗装作業に入ります。

まずは破風板・鼻隠し板

から塗ります↓

そして壁。

陽射しと風雨で現れた場所は

イタミが酷いので

やはり一度塗っただけでは

色ムラが出ちゃいます。↑

全体は2度塗りですが

イタみの激しい部分は

3度以上塗り、色ムラが

出ない様にしていきます↓

大分マシになりました。

そして壁の塗装の間に

しっかりと乾燥した

屋根を仕上げます。

板壁のシリコンの打ち直し等

他の作業もありましたが、

これで塗装も無事終了!

そして新しいキツツキ対策の

ネットを付け直します。

あとは仮設足場を撤去し

全作業終了!

軽井沢まで行き来するだけで大変でした。

でもお客様は

丁寧な仕事をありがとう

と喜んでくれました。

喜んで貰えて良かった~♪

(*´∪)ェヘヘ

ではまた~♪

もっと塗装工事・メンテナンスを見る

TOPページに戻る