ウッデデッキを長持ちさせるには

ウッデデッキを長持ちさせるには

ウッドデッキに屋根を掛ける相談を受け、色々お話しさせて頂いくことがあります。

ポリカーボネードの平板の場合(施工例)

ポリカーボネートの波板の場合(施工例)

最初に別荘を造る際に、建築会社はお客様に強く勧めないのか、あとで壊れても自分には関係ないと思ってるのか、実際のところは知りませんが、とにかく、ウッドデッキは屋根が必須です。

当方では別荘のメンテナンスを手掛けさせて頂いているので頻繁にウッドデッキの御相談をいただきます。

そもそも木で作っておいて、屋根も付けなければ雨に濡れっぱなしですから腐って当然です。

早い場合は5年もすればダメになってきます。↓

造った時は快適かもしれませんが、その後は10年に一度くらいは、大部分やり直すようなおおきな修復、または造り直す必要があります。

今は、アマゾンジャラなどの”ハードウッド”という極めて腐りにくい材木もあるので、そういった部材で施工した場合は比較的長持ちさせることができます。

しかし材木の値段も高く、通常の2~3倍の値段の材料費が掛かります。

ウッドデッキの上に屋根を掛けた方が、デッキ板がほどんど濡れないので長持ちするのに加えて、雨の日でもウッドデッキで椅子に座って雨音を楽しむなどという事もできます。

画像引用先:https://goo.gl/PbHxqQ

 

屋根を付けた方が長い目で見ると、

・雨の時でもウッドデッキを使用できる。

・ウッドデッキ自体がイタミ難いので腐らず長持ちする。

・雨ざらしの時より圧倒的に塗装の回数を減らせるので経済的。

・家の壁にも雨が当たりにくくなるので、出入りする開口部などの雨仕舞がイタまない。

などなどの利点があります。

 

つまり、雨ざらしのウッドデッキを造っても数年に一度は塗装し直す必要があり、十数年後にはウッドデッキ自体を撤去して造り直す など、数度にわたって工事(=お金)が必要になります。

実際には撤去して作り直せば、腐った木材の処分費も掛かれば、場合によっては足場代も必要になります。

そう考えると、経済的の面でもお得ですし、雨の日でも利用できるなど考えると使い勝手の面でも良いのです。

 

今回ご紹介するのは、ちょっとだけ難しい差し掛け屋根のケースです。

既存の屋根の関係で、途中で屋根を折れた形にする必要があるので、難易度が高いです。

※こんな感じの一方方向への傾斜なら簡単なんですけどね。↓

画像を引用させて頂いたような事例の、一方向への”面”の差し掛け屋根なら簡単なのですが、今回は屋根が途中で折れる構造なので規矩術 という大工の専門知識が必要です。

幸い私が大工の学校で学んだ際に教えてくれたのがそういった知識をしっかり叩きこまれた昔ながらの職人の方で、また叔父が大工でいろいろ教えてくれるので技術を習得できました。↓

※私はどこでしょう?↑

 

多分あなたは、大工さんならそんな大事な技術はみんな習得していて当然でしょ!? と思われるのではないでしょうか?実は、残念ながら現状はそうでもないのです。

今は、製材屋さんにプレカットという技術があるので、普通の住宅を建てるのに規矩術という技術は必要では無くなってしまったのです。

大工さんは現場で自分で規矩術を考える機会自体ががなくなってしまったので、その結果、今の大工作業に従事している方はそんなことできません。

という訳で、私は”運が良かった”という事になります。

ともあれそんな技術も駆使しながら完成です!

お施主様から、いずれ屋根に上がって屋根に落ちた松葉を掃除したり、デッキブラシで屋根の汚れを掃除できるようにして欲しい というご希望もありましたので開口部も設置しました。

諏訪地域は比較的に降水量が少なく雨も雪も少ない地域ですが、やはり数年に一度は大雪が降る時があります。

ですから材の強度もある程度必要です。

今回は、当然そういった場合にも耐えられるように充分な強度を保てるようにしっかりしたものを提案し、作りました。

時折、仕事が取りたいから材料費をケチって、これでイイのかい?!と思えるような貧弱なものを提案する業者がいます。

まぁ、個人の好き好きもありますのであくまで個人の責任でご判断して頂ければと思います。

 

とりあえずこのデッキ屋根をはじめ当方の屋根ではしっかり作っているので、大雪め!来るなら来てみろ!という感じです。

ではまた~♪

 

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

ウッドデッキTOPに戻る

Comments are closed.