雨漏り修理で屋根の重ね葺き 富士見高原別荘地

雨漏り修理で屋根の重ね葺き 富士見高原別荘地

雨漏りがするので何とかして欲しい

というご相談を頂きました。

 

こちらの別荘の屋根ですが、こちら側から見ると何でもなさそうですが↓

反対側の屋根を昇ってみるといい加減寿命になったアスファルトシングルの屋根。

何層か重なって下の継ぎ目をカバーしているのに、その表面が剥がれているので、雨漏りしても全く不思議の無い状態。↓

以前、お婆ちゃんから、

あと10年も保てば良いから

と言われて屋根の雨漏りを修理させて頂いたことがありますが↓

この記事

 

今回も、別荘のオーナーの方が老齢の方で、

私があと5年来られるかどうか(という状態)だから5年も保つようにしてくれれば良いです・・・

というまたまた寂しいご希望。

一応、こちらとしては5年でダメになる様な施工では、建築・土木会社の名折れなので何とか20年~30年保つ仕様をご案内してみます。

※オンデュリンクラシックシート 一応20年以上は保つとメーカーは言っています。

しかし、この材質だと材料の価格がカラー波板の2.5~3倍になる為

・少しでも安く

・ホントに5年だけ保てば良いから

というご希望には沿えず、カラー波板に決定!

 

まぁ、お客様がそれを望む限り、それで良いのだ!という事で施工に入ります。

 

まずは剥がれたコロニアル(アスファルトシングル)だらけの屋根をキレイに掃いて掃除します。↓

キレイになったところで防水紙のアスファルトルーフィングを貼り

桟木で止めていきます。↓

最後にカラー波板で止めて

棟の部分にカラー棟板を載せます。↓

これで終了なのですが、今回は天窓があったのでその雨仕舞いに結構気を使いました。

アスファルトシングルの屋根は、大体、15年くらいの寿命です。

ですからその時期が来たら重ね葺きするなど何らかの措置を取る必要があります。

 

今回はオーナーの方より、

私もあと5年もすればいい歳でこの別荘には来られなくなるから5年持つ程度で良いです。

とのご要望でしたので今回はこの上にカラー波板を張ることにしました。

 

まぁ、5年という話でしたしそれ以上は波トタンでも十分持ちます。

その前に塗装をすればもうちょっと保つと思いますあひ、5年と言わず、もっともっと長く使用して欲しいですね。

 

作業中に、別荘地の管理事務所の方が様子を見に来て一言。

コロニアル(アスファルトシングル)はホントにダメですね~。

今、この別荘地でも他にこういう物件が沢山あるんですよ~。

だそうです。

 

富士見高原保健休養地は、確か25~30年くらい前に販売され始めた別荘地だと思った(多分)ので、やはりコロニアル(アスファルトシングル)の物件が多かったんでしょうね。

 

当時は素人でも施工しやすいお勧めな屋根材だったかもしれませんが、こう何年か経った状態を見ると、自分で重ね貼りできる方以外には絶対にお勧めできませんね~。

 

ではまた~♪

 

 カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

雨漏り修理TOPへ戻る

 

Comments are closed.