土木・伐採工事

アトリエ ブフィエでは

下記の様な土木等の工事を

行ってきました。

 

※クリックして頂けますと

詳細をご覧いただけます。

土木工事

コンクリートテラス&ウッドデッキの設置 原村コットン村

 
スロープ(刷毛引き)設置工事 茅野市

石垣工事 富士見町栗生

石積み工事 伊那市

砕石敷き 茅野市北山

砕石敷き 原村(大沢山三区)

砕石敷き 原村柏木(大沢山三区)

基礎直し 富士見高原

枕木敷き工事 原村横深山

田んぼの土手叩き 茅野市北山

ウッドデッキ階段基礎の手直し 北杜市清里の森

 

コンクリートテラス&デッキの設置 原村コットン村

スロープ(刷毛引き)設置工事 茅野市

石垣工事 富士見町栗生

石積み工事 伊那市

砕石敷き 茅野市北山

砕石敷き 原村(大沢山三区)

砕石敷き 原村柏木(大沢山三区)

基礎直し 富士見高原

枕木敷き工事 原村横深山

田んぼの土手叩き 茅野市北山

玄関前タイルの補修 茅野市玉川

ウッドデッキ階段基礎の手直し 北杜市清里の森

 

木の伐採

樹木の伐採 原村中央高原

木枝の伐採 茅野市穴山

木の伐採工事 原村中央高原

木枝の伐採 原村上里

木の伐採 原村三井の森

木の伐採 原村

木枝の伐採・処分 原村横深山

木の幹に虫が穴を空けたら

 

木の伐採工事 原村中央高原

木枝の伐採 原村上里

樹木の伐採 原村中央高原

木枝の伐採 茅野市穴山

木の伐採 原村三井の森

木の伐採 原村

木枝の伐採・処分 原村横深山

木の幹に虫が穴を空けたら

 

その他工事

樅の木植樹 原村横深山

手すりの取り付け 北杜市清里

側溝の鉄板工事 松本市深志

解体工事

樅の木植樹 原村横深山

手すりの取り付け 北杜市清里

側溝の鉄板工事 松本市深志

解体工事

 

TOPページに戻る

ブログを読んでみる♪

木枝の伐採♪ 原村上里

 

今回は遠方にお住まいの

方よりのご相談です。

 

役場から

道に出た枝を切るように

との文書が来たので剪定を

というご相談でした。

 

現場を確認すると

なかなか見事な

枝の張出っぷりです。

そう言えば

道路上は4.5m以下は

木枝が無い様に

 

という法律か政令が

何かが在ったような気が・・・。

 

そこで高所作業車を持って来て

高枝切り作業に入ります。

左手前の杭からこちら側と

奥の枝が張り出しの所から

向う側は隣の敷地です。

 

その間の土地がお客様の土地で

今回の剪定範囲ですが

かなりスッキリしました。

高所作業車と言えど

乗って10mも上がれば

結構怖いです。

 

多分これで11m位までは

高枝切りできたかと思います。

 

お客様より

綺麗に仕上げてくれたみたいで

ありがとう

とのお言葉を頂けました。

 

ふ~

怖かったけど

無事作業も終えて

そういって頂けて一安心です。

 

ではまた~♪

 

 

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

木の伐採工事♪ 原村中央高原

屋根の塗装 を

ご相談いただいたお客様より

木の伐採についても

ご注文いただきました。

 

伐採をご希望なのはこの4本↓

↑この2本の白樺の木と

↑この杏子の木と白樺の木。

 

白樺は標高の高くないと

白くならないという

高原ならではの木です。

 

けれど、脆い気ですので

大きくなると

倒れやすくて危険です。

 

今回は高所作業車で

作業することにします。

 

伐採後

これで台風や大風が

来ても安心ですね。

 

ではまた~♪

 

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

コンクリートテラス&ウッドデッキの設置♪ 原村コットン村

 

ウッドデッキが傷んできたので

今度はコンクリートのテラスと

痛みにくい軒下に

ウッドデッキを造りたい

 

というご相談を頂きました。

ウッドデッキはともかく

コンクリートテラスは

源さんの出番です。

さっそく解体して

型枠&砕石工事

に入ります。

特に西側は

段差が高くなるので

型枠も転圧も十分に

行う必要があります。

しっかり砕石が転圧できましたら

今度はコンクリートを打ちます。

 

そして型枠を外すと・・・↓

なかなか見事なコンクリートの豆腐が!

ご要望頂いた目地に

カラー砕石も映えて

バッチリです!

源さんの担当分が終わったので

今度は私の出番です。

 

せっかく源さんが

コンクリートテラスを

キレイに造ったので

塗料で汚したくありません。

 

そこでいつも通り

あらかじめ木材を塗装し

あとは組んで固定すれば

良い様に準備しておきます。

 

そして一気に組み上げます↓

今までのご相談頂いた

修理の経験から

 

箱階段にすると

どうしても隅の水切れが悪く

そこから傷みやすい

 

という事がわかりきっているので

こんな形の階段にします↓

これで(箱階段よりは)

多少は長持ちする”はず”です。

 

デッキ床板も設置したら

(どうしても必要な)

仕上げの塗装に入ります。

 

キレイに保ちたいので

しっかり養生をして

乾いたら養生を外して完了です。

薪もデッキ下に入れたい

というご希望にも適いますし

これで快適にお使えいただけるかと。

 

ではまた~♪

 

 

土木のTOPに戻る

 

ウッドデッキTOPに戻る

 

TOPページに戻る

 

木の伐採 原村

以前、台風で木が折れたて御相談頂いた別荘オーナー様より

敷地の木の伐採をしたい

というご相談を頂きました。

↑ここまでの木はまぁ問題無くできそうなのでそうですが・・・

 

↓この樹が直径80㎝はあろうかという巨木が2本あります。

これが大事でした。

これを倒すには、ある程度空き地が必要です。

そしと隣の敷地の西端にちょうど良い空き地がありました。

 

ですから、お隣の別荘オーナー様に、

その空き地の部分に倒しても良いよ

と一言、許可を頂ければ話は簡単でした。

 

※他の別荘地ではお互い様のことですので、普通にそうやって木を伐採します。

 

ところが!

 

管理事務所によると

伐採はその敷地内で行わなければならない

という いじめの様な内部規定 が出てきて

どうにもならなくなりました。

 

特殊伐採で伐採して下さい

管理事務所はそう言うが・・・

 

オイオイ

簡単に言うけどこのケースでそれを行うとどれだけオーナー様に負担になるのかわかってんの?

と心の中で思うもどうにもならない。

 

試行錯誤の末に何とか

木に登って上から3三つ折りにするように切り倒す

というデンジャラスな方法を考案し、

何とか切り倒しました。

 

その倒したあとの巨木がこれ↓

こうして何とか一番の難関を無事終えることができたので、他の木も伐採します。

 

作業前のウッソウとした敷地が↓

伐採後↓

こちらも↓

伐採後(撮影した場所は反対からです)↓

こちらも↓

伐採後↓

こちらも↓

伐採後はこうなりました↓

これで敷地がとても明るくなりました。

 

原村役場に届け出る為に計算しましたが、伐採したのが全体の22%だったので、”間伐”ということになり造林計画も必要ありません。

 

最後にサービスで屋根の上の落ち葉を掃除して終了です。

掃除後↓

 

さて、話は変わって

 

一昔は、別荘地の管理事務所の指導が

別荘の敷地の木はできるだけ伐採しない

もし伐採した場合は同じ本数の木を植える

というものでした。

 

ですから別荘を建てるにしても

最低限の本数だけ伐採し

大きな木も残して建てました。

 

しかし今は、建物を建てる際には全部伐採し、

新しく好きな木を植えるのも容認されるようになりました。

 

倒れたり折れたりしやすい

赤松 や カラマツ が

あれだけたくさんあれば

どの別荘オーナー様も倒木で大変ですからね。

カラマツや赤松以外でもこんなこともありますし↓

自分の別荘に倒れるのも避けたいことですが、他人様の別荘に倒れたらもっと大変です。

 

建物の壁は、いつも湿気っていると非常に傷みやすいですし、大きな木がうっそうとしていると良いこと無しです。

 

ウッソウとしていると木自体も苔が生えて病気になって倒れやすくなりますし↓

伐採して明るい敷地で、新しく山桜や紅葉などの広葉樹の苗でも植えた方が快適に過ごせると思います。

今回、伐採させていただいた別荘オーナー様には

敷地がこんなに明るくなって良かったよ~

と言って頂けて良かったです。

 

ではまた~♪

 

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

木の伐採 原村三井の森

今回は台風で木が半ばで折れたので、その伐採の御相談でした。

普段は、木の伐採など土木関係は源さん担当。

 

ましてや木が倒れている方向に別荘の建物があり、木に登って上から何回かに分けて切らないといけない。

 

つまり登って伐採する必要があるので結構危険。

いつもなら源さんに押し付ける所だけれど手が空かないので私が行ないます。

 

もっとも源さんは高所恐怖症なので、高い所に登って切れ、といっても無理なんですけど。

 

実は私は消防署の勤務の時に、長野県消防学校の救助科に派遣教官として派遣されたことがある。

別に行きたかった訳じゃないけど、その時の係長三人が寄ってたかって

 

清水はどこに出しても恥ずかしくない消防士だ

etc

と持ち上げ頼んでくる。

断っても他に適任者のいなくて断り切れない。

 

そんなこんなで派遣教官として行くことになり、ついでに山岳救助の勉強もできちゃった次第。

言ってしまえば”鉄砲玉”みたいな目に遭わされたのだけれども色々な面で勉強にはなった。

という訳で、やろうと思えばできちゃいます。

 

そこで、安全確保しながら木の真ん中付近まで登ってわかれた太い枝の方から伐採します。

そして倒れが酷い木を伐採し、最終的に↓

こんな感じに伐採して終了。

 

2018年は歴史的な台風が来ちゃいまして、ちょっと別荘地を見廻っただけでも、こんなのや↓

こんなのや↓

こんな光景があちらこちらに見受けられました。

私が伐採させていただいた別荘は、あれだけの被害でホントに良かったと思います。

 

自分の敷地の木が自分の別荘の建物に倒れるのも避けたいですけど、隣の建物などの他人様の物を壊したらそりゃ大変ですからね~。

 

危ない木は早く伐採することをお勧めします。

 

ではまた~♪

 

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

解体工事 伊那市高遠

解体工事のご相談を頂き

今回は源さんの出番です。

※ヘビの抜け殻を見つけてご満悦の記念写真↑

本題に戻りまして、

この小屋の解体をご注文頂きました↓

そこでさっそく解体作業に入ります。

中略

※いつも通り作業に熱中して写真を撮り忘れました。

解体して、

鉄と木を分別して処理場へ運び

コンクリートの水槽以外は

全部解体して撤去します。

何年も放置された状態になっており

所有者の方もいつも気になっていた様で

キレイになってサッパリしたご様子でした。

 

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

砕石敷き 原村柏木(大沢山三区)

昨年に引きつづき、今年も砕石敷きの御相談を頂きました。

 

とはいえ場所は前回とはちょっと違い、手前というか入笠山よりの場所です。

今度はけっこうワダチ部分が削れており、水路の管も剥き出しになっているのでそれも埋めなければなりません。

このような状況なので、砕石を6㎥ほど敷かせていただきました。

 

砕石が流れて行かないようにゴムで流れ止めも入れてあります。

ということで砕石敷きを行わせていただきました。

 

舗装にしない限り、毎年どこかで砕石敷きは必要ですね。

 

ではまた~♪

 


 

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

木枝の伐採 茅野市穴山

使用してない別荘の木が伸びすぎて

ご近所からクレームが出た

とのことで木枝の伐採の御相談を頂きました。

 

区長さんに苦情を言われちゃ

早く対応しないといけないですよね!

 

現況はこんな感じ↓

敷地の中もこの通り↓

お隣のご婦人にご確認頂きましたが

これだけ敷地を越えていれば

区長さんが何か言ってきても無理も無いかと・・・

という訳で木枝の伐採作業です。

お隣さんとの境もスッキリ↓

敷地の中もスッキリです↓

もうこちらに来ることは殆ど無い

とのことでしたが、

スッキリになって良かった

と言って頂きけました~!

(ノ´▽`)ノオオオオッ♪

 

ではまた~♪

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

砂利敷き 茅野市北山

家に入るまでも道(私道)がボコボコになったので砂利を入れて欲しい

というご依頼を頂き砕石敷きをさせて頂きました~♪

 

こんな感じに道が凹んできています↓

全体を砂利で均した方がキレイなのですが

個人様所有の私道なのでそこまでお金を掛けられません。

 

費用が抑えられる様に凹んだ部分だけに

砂利を入れていき均していきます↓

とりあえずこれで自動車の出入りは快適に行えます。

 

ただ、この様な道路の維持には

毎年同じような作業が必要になります。

 

いっそ舗装しちゃえば良いかも?

とも思いますが、舗装しても

5年~10年もすればヒビだらけの

ボコボコになってくるので

費用対効果で考えるとイマイチ・・・。

 

ちなみに砕石は11tダンプで

1杯(6㎥だったかな?)

だと砕石屋さんも運んでくれますが

2tダンプ(1.5㎥)だと砕石屋さんは運んでくれません。

 

土木の業者さんに依頼すると

2tダンプ(1.5㎥)の砕石が

運搬費込みで15000円~になります。

 

※距離・砕石種類などによって値段が上がります。

 

※↑この価格は以前、茅野市金沢

株式会社常富興業 さんに

山砂を注文して原村横深山まで

川砂を運搬して頂いたときの価格です。

 

ですから小規模になればなるほど

とっても割高になります。

 

砕石は結構運んだつもりでも

実際に敷いてみると案外、

これっぽっち?

という量にしかならないので思ったよりは必要です。

 

そして、今回は2㎥分を入れさせて頂きました。

 

たぶん、このお客様の私道のケースだと

毎年、同じように2㎥くらい

コンスタンスに入れていけば

快適に使用できるかな、と感じました。

 

こういった工事は、

・上下水道などの工事

・基礎工事

 

などの工事を行わせて頂く際に

付随してご相談頂ければ

サービスもできるのですが・・・

(機械も手間もイチイチ準備しなくてもついでで済むので)

 

同じようなお悩みがありましたらどうぞ。

 

ではまた~♪

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る