砕石敷き 原村(大沢山三区)

地元の役員をしていたところ、砂利道への砕石敷きのご相談が来ました。

 

そんなこと所有者みんなで出払いでやれば良い

 

と言えるかもしれないけれど、場所が入笠山の近くのけっこうな山の中。

ちょっと出払いも大変ということで、当方で砕石敷き作業です。

 

こんな感じの山の中の砂利道。

写真で見るよりけっこうゴツゴツしています。

ここの砕石を落として広げていきます。

約4㎥の砕石を敷かせていただきました。

 

山の中なので、ダンプに砕石を積んで片道1時間は掛かります。

 

往復だけで大変ですが、出払いでみんなにここまで来てもらうよりは良かったかと・・・。

 

ではまた~♪

 

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

石垣工事 富士見町

石垣が崩れてきて隣の家の迷惑になりそうだから何とかならない?

とのご相談を頂きました。

 

もちろんなりますよ~♪

 

ということで石垣工事をさせて頂きました。

なるほど、けっこう隣の家の敷地の方へ崩れ始めています。

工事を始めたらお婆ちゃんより、隣の家に行ける様に階段を作って欲しい との要望在り。

 

むむ!それは見積りにはないのだけれど・・・

まぁ、お婆ちゃんだからしょうがないか、と思い造成↓

そして肝心な石垣は・・・

無事に積みあがりました~!

 

石垣ってどうしても数十年すれば低い方へよってしまうので20~30年に一度は必要ですね。

 

これで石垣の上にあるお婆ちゃんの外倉庫にも出入りできるようになって良かった~♪

(*´∪)ェヘヘ

カテゴリーTOPに戻る

 

TOPページに戻る

 

木の伐採 原村中央高原

今回は伐採工事です。

 

これまた高~い木が・・・

こっちはややもすると伐採すると枝が建物に当たって屋根が壊れるかもしれないし↓

今回はまず前半戦としてチルホールで倒す方向に木を引っ張りながら何本か木を伐採します。

なぜ腰高の位置で伐採したかというと、例の建物に引っ掛かりそうな木を伐採する際にこちらにワイヤーを引っ掛けられるようにする為です。

そして後日、残りを伐採。

最後に腰高に残した木を根元から伐採して終了です。

今回は、お客様が伐採木を薪にしたいという事で伐採木をそのままで終わらせて頂きました。

カテゴリーTOPに戻る

 

TOPページに戻る

 

枕木敷き工事 原村横深山

庭に枕木を敷き並べて欲しい とのご相談を頂き土木工事です。

 

この場所を・・・

床堀をして砕石・砂を入れて平滑にして・・・

富士見町のJマートに1本3980円の枕木を購入にGo~♪

 

けれどオーストラリアの中古枕木なので物によって大分、程度の良し悪しがあります。

 

そこで一本一本ひっくり返したり、フォークリフトで入れ替えたりして程度の良い物を探します↓

※手伝ってくれた原村八ツ手の小池君。↑

茅野に南信資材さんという資材屋さんがあってそこでも扱っているんですけど、一本5000円弱なのでちょっとお高め。

※その分、モノは良いんですけどね~。

 

今回は見積もり段階からそんな費用では考えなかったのでガンバって選別しました。

 

そしてその枕木を砂で微妙な高さを調整しながら敷き並べていきます。

この枕木がチェンソーで切るのですがなかなか切れなくて大変!

(・ω・ノ)ノヒョエ~

チェンソーの刃を何度も研ぎながらの作業です。

 

そして敷き並べ終わったらかすがいで固定します。

完成!

そして最後に、クリスマスには窓からデッキ越しに樅の木を見たい というご要望があったのでそのご希望にお応えします。

 

樅の木を最初は6千円で見積もりしたのですが、枝ぶりの良いのが12000円で売っていたので値段半額サービスで植樹します。

これでクリスマスは家のリビングから樅の木を楽しめますね♪

 

独立してからのお客様なのでついでにサービスで庭の大樹の折れた枝を切り直して癒合材を塗布↓

別の若木の頭落としもしちゃいます。

とここまでサービスさせて頂いて90万円くらいでした~。

 

※実は枕木代が半分以上でしたけど・・・

枕木って高けーーー!

(゚д゚ノ)ノ ヒィィ!!

 

ほとんど利益は出なかったですが、まぁ、独立してから毎年お仕事を頂いているお客様ですからサービスしたいですしね!

 

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

 

スロープ(刷毛引き)設置工事 茅野市湖東

今のままでは段差がキツイので何とかして欲しい とのことでスロープを設置させて頂きました。

※今回はケアマネージャーさんの仲立ちで介護リフォームです。

 

現場を確認させて頂くと確かに石階段の段差の小路。

今回はコンクリートのスロープを設置の予定。

確認するとコンクリートスロープの設置予定箇所に木があってこのままでは施工できない。

そこで、スロープを設置するには木を抜いてしまう必要が出て来ちゃいます

とお伝えすると 全部抜いて良い というお返事を頂きましたのでキレイに更地にして型枠を組みます。

型枠を組んだら砕石を入れて固めた上にワイヤーメッシュという鉄の網を入れます↓

ここにワイヤーメッシュなどの鉄筋をキチンと入れることにより、コンクリートの強度が保てます。

 

そしてコンクリートをローリーで配達して頂いて隙間なく入れていきます↓

最後に左官屋さんの技術でキレイに刷毛引きして仕上げます。

仕上げを刷毛引きにすると表面がツルツルではなくなるので冬に滑りにくくなります。

 

3日ほど天気を見ながら十分乾燥した頃を見計らって型枠を外してステンレスの手すりを取り付けます。

別料金ですが、

・車が入りやすいように

・車から降りやすいように

駐車場も砕石を入れてキレイに均します。

私も福祉住環境コーディネーターを持っているのでスロープの角度や広さは失敗できません。

これでお婆ちゃんも安心かな~。

カテゴリーTOPに戻る

 

TOPページに戻る