壁と天井の貼り換え 原村中新田

雨漏りして、雨漏りと壁と天井を何として欲しい

というご相談を頂きました。

この建物の隙間から雨が侵入し

このように壁と天井を台無しに・・・。ひょっとしたら壁の中も腐っているかも・・・

 

まずは屋根の雨漏りに対処します。

防水紙(アスファルトルーフィング)を設置して隙間をシリコンでシーリングします。

その上にカラー板金を設置して厳重にまたシリコンで隙間をシーリングをします。

 

一方の部屋の中は、壁紙と下地の板を剥がすとこの様な状態。

とはいえカビは発生していたとはいえ、下地の胴縁などが腐って使用できないかというとそうでもない。

 

そこでその上にPB(プラスターボード)を貼ってパテで凹みを埋めます。

こちらは下地は大丈夫で壁紙がカビたのとヒビがあったので、壁紙を剥がしてヒビをパテで埋めます。

最後に壁紙を貼って完成~!

綺麗になりました~!

 

これで親戚が集まっても安心して迎えられます。

 

そういって頂けてこちらが嬉しかったです。

(〃^¬^〃)

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

雨漏り修理TOPへ戻る

 

雨漏り修理で屋根張り替え 諏訪市

玄関室の天井から雨漏りするの何とかして欲しい

というご相談を受けました。

 

雨漏りをしていて困って、とりあえずブルーシートで覆っていたみたいです。

そもそも雨仕舞を良くするために、屋根は谷を作ってはいけない というルールがあります。

 

※参照

谷になった部分はどんなにしっかりシリコンでコーキング等をしてもシリコンの効き目に限界がありますし、いずれは効かなくなります。

 

例えシリコンに頼らずに板金や防水紙などを駆使して、上手に雨仕舞したという場合でも、やはり長年のうちに少しづつ雨が浸みてきます。

 

なぜかというと板金などでも表が濡れて乾く間もないと結露などで裏側も濡れてきます。

 

するとサイホンの原理が働くのか雨がきちんと防げなくなるようです。

↑私の大工の先生の教え

 

ですから本当は絶対に、屋根には谷間を作ってはいけない と私は思っています。

 

でも今回は素手にそうやってできちゃっていて、しかも実際に雨漏りしていてどうしようもないので谷が無い形に直すことにします。

 

母屋と根太を設置して

針葉樹合板で野地板を貼ります。

防水シート(アスファルトルーフィング)でしかっり防水対策をして

オンデュリンクラシックシートで被覆します。

普段なら波トタンなどで被覆するところですが、こちらの方が耐用年数が長いので今回は使用させていただきました。

こうすれば谷が無いので圧倒的に雨漏りの可能性は少なくなりました。

 

妻面(横側)もスカスカだと雨が吹き込むので、こちらは波トタンを切って雨が吹き込まないようにしっかし雨仕舞します。

天井の壁紙も剥がれていたので

新たな壁紙を貼ります。

ついでに外壁がヒビだらけだったので

桟木を設置してその上にこれまた波トタンで被覆します。

これだけでも建物はずいぶん長持ちするはずです。

 

お客様が、カンドーした! と言って下さったのでその御言葉に逆にこっちの方が感動しました。

(〃^¬^〃)

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

雨漏り修理TOPへ戻る