ハードウッドでウッドデッキ造り♪ 軽井沢

今回は以前から何度か

お仕事を頂いたお客様より

ご相談を頂きました。

ウッドデッキの柱が落ちたので

デッキの改修をしたい。

 

そして今度は

柱が落ちない様

しっかりした物を造りたい。

 

清水さんは原村で

ちょっと遠いので大変かと思い

 

管理事務所に

見積り依頼をしたら

とんでもなく高い!

 

なんとかならないか?

 

というご相談でした。

 

 

そこで

 

ハードウッドという非常に

腐りにくい木があり

それだと30年位~は

もつと思いますよ

 

とご提案させて頂きました。

 

そしてハードウッドにも

幾つか種類があります。

 

当方のお付き合いある製材屋さんは

・イペ

・ウリン

・アマゾンチェリー

(アマゾンジャラ)

・セランガンバツ

を扱っています。

 

イペが最も良く

次がウリンという順番ですが

金額も高い。

 

今回はちょうど良さそうな処で

アマゾンジャラ

(アマゾンチェリー)

をお勧めさせて頂きました。

 

それでもコストも高いので

二通りにのお見積りを作成します。

 

一つは

 

柱・桁・根太はアマゾンジャラ

というハードウッドで施工し、

床板は防腐剤注入材

施工した場合のお見積り

もう一つは

全部をアマゾンジャラという

ハードウッドで施工した場合

 

の二通りのご提案をさせて頂きました。

 

 

すると

そのお見積り金額なら

全部をハードウッドで

施工するプランでお願いしたい。

 

ということで工事を

ご注文頂ける事になりました。

 

まずは解体作業に入ります。

 

作業前↓

解体後↓

そして今度は

独立基礎を増やして

より強固にします。

下準備ができたので

レベルを出します↓

そうこうしている内に

材料が届いたので↓

刻んで柱・桁を

組んでいきます↓

そこに大引になる

柱等を固定していきます↓

それが終わったら

デッキ床板を貼っていきます。↓

固定したら

ミミを切りそろえます↓

そして、根がらみ貫き

をバシバシ取り付けて

ガッチリ固定していきます↓

そして階段を取り付け↓

最後に仕上げの

塗装をして完成です!

※ちなみに↑の衝立は

雨がはねて壁を傷めるので

その予防です。

 

ハードウッドは

塗装をしなくても

十分長持ちします。

 

ですがそれでも表面に

濡れ模様ができたりするので

塗装をした方が綺麗ですし

ちょっとでも長持ちします。

 

ということで

塗装をさせて頂きました。

 

お客様には

 

ありがとうございました。

 

それにしても、清水さんの

知恵と工夫と技術には

只々感心させられるばかりです。

 

とご感想頂けまして光栄です!

 

ではまた~♪

 

 

もっと建築工事・ウッドデッキ工事を見る

TOPページに戻る

 

雨漏り修理♪ 原村丸山の森

今回は、

2階屋根雨漏り

現状屋根材は

アスファルトシングル。

2年前に中古別荘として

購入したのですが、

先日の長雨後2階の寝室が

雨漏りしてました。

というご相談により

見積りがてら現状を確認します。

お問い合わせの内容の通り

一目見て、これは典型的な

アスファルトシングルの雨漏り。

お客様も既に

重ね葺きしかないだろうな

と思われていたようで

話はスッと決まりました。

そこで後日、

重ね葺きの工事に入ります。

今回は西側半分の屋根工事

という事になりましたので

西側に足場を掛けます。

足場ができたので

屋根に上ってみると

落ち葉に隠れていますが

屋根材はかなり

傷んでそうな雰囲気です。

まずは屋根を掃除します。

するとかなり剥がれ落ちます。

アスファルトシングルの

重なり部分がこれだけ

剥がれ落ちたという事は

それだけ雨漏りしやすくもなります。

しっかりと防水紙を敷き

桟木で留めていきます。

ケラバ(屋根端)には

あとで金具を取り付けます。

とりあえず下まで

アスファルト防水紙と

桟木を取り付けていきます。

そうしたらここで

屋根端部(ケラバ)に

金具を取り付けて少しでも

木の濡れない様にします。

下準備が終わったら

あとはひたすら

屋根材を葺いていきます。

そして棟で

棟カバーで留めます。

あとは窓周りに

しっかりシリコンを

打って雨仕舞し、

足場を解体して終了です。

途中、軒下のハチにあり

蜂に刺されるという

ハプニングもありましたが

無事終わってよかったです。

これでしばらくは安心ですね。

お客様には

この度はお忙しい中、

蜂に刺されながらも

屋根修理、本当に

ありがとうございました

とお言葉を頂けました。

少しでもお役に立てたのでしたら

こちらこそ感謝です~♪

もっと建築工事・ウッドデッキ工事を見る

TOPに戻る

木枝の伐採♪ 原村上里

今回は遠方にお住まいの

方よりのご相談です。

役場から

道に出た枝を切るように

との文書が来たので剪定を

というご相談でした。

現場を確認すると

なかなか見事な

枝の張出っぷりです。

そう言えば

道路上は4.5m以下は

木枝が無い様に

という法律か政令が

何かが在ったような気が・・・。

そこで高所作業車を持って来て

高枝切り作業に入ります。

左手前の杭からこちら側と

奥の枝が張り出しの所から

向う側は隣の敷地です。

その間の土地がお客様の土地で

今回の剪定範囲ですが

かなりスッキリしました。

高所作業車と言えど

乗って10mも上がれば

結構怖いです。

多分これで11m位までは

高枝切りできたかと思います。

お客様より

綺麗に仕上げてくれたみたいで

ありがとう

とのお言葉を頂けました。

ふ~

怖かったけど

無事作業も終えて

そういって頂けて一安心です。

ではまた~♪

もっと土木・伐採工事を見る

TOPページに戻る

木の伐採工事♪ 原村中央高原

屋根の塗装 を

ご相談いただいたお客様より

木の伐採についても

ご注文いただきました。

 

伐採をご希望なのはこの4本↓

↑この2本の白樺の木と

↑この杏子の木と白樺の木。

 

白樺は標高の高くないと

白くならないという

高原ならではの木です。

 

けれど、脆い気ですので

大きくなると

倒れやすくて危険です。

 

今回は高所作業車で

作業することにします。

 

伐採後

これで台風や大風が

来ても安心ですね。

 

ではまた~♪

 

もっと土木・伐採工事を見る

TOPページに戻る

屋根の塗装工事♪ 原村中央高原

以前よりお仕事を

頂いている方より

屋根の塗装について

ご相談を頂きました。

今までは自分たちで

塗ってきたのだけれど

そろそろ屋根に上るのも

危ないから

という事でした。

そこで今回は

屋根の塗装工事

をさせて頂きました。

まずは屋根のケレン処理です。

こういったパリパリくんを

キレイに落としていきます↓

今回はグラインダーに着けられる

ワイヤーブラシで撫でまわします。

なかなかの滑らかさ。

ケレン処理が終わったら

今度は錆止め塗料を

塗っていきます。

屋根の状態によっては

不要な場合もあるのですが

今回の屋根はパリパリも多く

塗った方が良いので塗ります。

錆止め塗装(下塗り)が

終わったら、今度は

中塗りに入ります。

中塗りが終わったら

今度は上塗りで仕上げていきます。

なかなかキレイに出来ました。

これでまた10年くらいは

安心ですね!

お客様に喜んで頂けて

良かったです。

ではまた~♪

もっと塗装工事・メンテナンスを見る

TOPページに戻る

コンクリートテラス&ウッドデッキの設置♪ 原村コットン村

ウッドデッキが傷んできたので

今度はコンクリートのテラスと

痛みにくい軒下に

ウッドデッキを造りたい

というご相談を頂きました。

ウッドデッキはともかく

コンクリートテラスは

源さんの出番です。

さっそく解体して

型枠&砕石工事

に入ります。

特に西側は

段差が高くなるので

型枠も転圧も十分に

行う必要があります。

しっかり砕石が転圧できましたら

今度はコンクリートを打ちます。

そして型枠を外すと・・・↓

なかなか見事なコンクリートの豆腐が!

ご要望頂いた目地に

カラー砕石も映えて

バッチリです!

源さんの担当分が終わったので

今度は私の出番です。

せっかく源さんが

コンクリートテラスを

キレイに造ったので

塗料で汚したくありません。

そこでいつも通り

あらかじめ木材を塗装し

あとは組んで固定すれば

良い様に準備しておきます。

そして一気に組み上げます↓

今までのご相談頂いた

修理の経験から

箱階段にすると

どうしても隅の水切れが悪く

そこから傷みやすい

という事がわかりきっているので

こんな形の階段にします↓

これで(箱階段よりは)

多少は長持ちする”はず”です。

デッキ床板も設置したら

(どうしても必要な)

仕上げの塗装に入ります。

キレイに保ちたいので

しっかり養生をして

乾いたら養生を外して完了です。

薪もデッキ下に入れたい

というご希望にも適いますし

これで快適にお使えいただけるかと。

ではまた~♪

もっと建築工事・ウッドデッキ工事を見る

もっと土木・伐採工事を見る

TOPページに戻る

ウッドデッキの塗装♪ 原村中央高原

以前、お仕事を頂いたお客様より

ウッドデッキの塗装の

ご相談を頂きました。

めったに見ない

2階建てのデッキです。

デッキの塗装もですが

この柱の白い塗装が

色あせています。

2階のデッキの裏も↓

裏側はそもそも塗装していないのでは?

という感じです。

そこで塗装工事に入ります。

白い部分は塗り損ねると目立つので

特に念入りに塗り込みます。

デッキの部分も2回以上

塗り込んでキレイにします。

という感じで塗装させていただきました。

ではまた~♪

もっと塗装工事・メンテナンスを見る

TOPページに戻る

屋根・壁の塗装工事♪ 原村中央高原

原村に永住予定の方より

屋根と壁の塗装の

ご相談を頂きました。

屋根の上に上ってみると

なるほど

塗装が雨風で削れて

そろそろという感じ。

塗料がしっかり

ノリそうです。

破風板も壁全体も

塗装するにはちょうど

塗り替え時期です。

先ずは足場を組んで↓

屋根壁を高圧洗浄機で

しっかり洗います。

汚れが残りやすい

”ヘリ”の部分も

しっかり洗浄します。

壁も落ちる汚れや

古い塗装は落としちゃいます。

洗ってきれいになり

乾燥したところで

錆や塗装の剥がれた部分に

下塗りをしていきます。

こういうペリペリ君を↓

きれいに剥がし↓

下塗り材を塗布していきます↓

下塗り材(ザビ止め)は

仕上げの上塗り材を

しっかり留める接着剤

の役割もあります。

ですから今回の様に

雨風で洗われて油分が

程度よく落ちている場合

絶対必要という訳ではありません。

錆止め塗装作業の次は

いよいよ上塗りです。

塗り残しが無い様に

端の部分や↓

↑瓦棒の部分を先に

しっかり塗ってから

塗っていきます!

どんなに丁寧に塗装しても

1回だけではどうしても

弾かれて塗料が付かない

部分が出てきます↓

ですから必ず

2回以上塗り上げて

キレイに仕上げます。

煙突の部分や↓

水切りの部分もしっかり塗ります。

屋根が終わったら今度は

壁の塗りに入ります。

1回だとどうしても

色むらが出ちゃうので

乾燥してから2度塗りをします。

そして完成!

イヤー

キレイになって良かったよ

と言って頂き光栄です!

こちらこそ

お茶をごちそうさまでした♪

ではまた~♪

もっと塗装工事・メンテナンスを見る

TOPページに戻る

木の伐採 原村

以前、台風で木が折れ

御相談頂いた別荘オーナー様より

敷地の木の伐採をしたい

というご相談を頂きました。

↑ここまでの木は

まぁ問題無くできそう

なのですが・・・

↓奥の方に直径80㎝は

あろうかという巨木が

2本あります。

これが大変でした。

これを倒すには、

ある程度の広さの空き地が

必要です。

そしと隣の敷地の西端に

丁度空き地がありました。

ですから、

お隣の別荘オーナー様に、

その空き地の部分に倒しても良いよ

と一言、許可を頂ければ

話は簡単でした。

※通常、別荘地では

お互い様のことですので

普通にそうやって木を伐採します。

ところが!

管理事務所によると

伐採はその敷地内で行わなければならない

という

施工業者に厳しい規定

があり、どうにも

ならなくなりました。

特殊伐採で伐採して下さい

管理事務所はそう言うが・・・

オイオイ

簡単に言うけど

このケースでそれを行うと

どれだけオーナー様の負担に

なるのかわかってんの?

と心中で思う程。

試行錯誤の末に何とか

木に登って上から

三つ折りにする様に切り倒す

というデンジャラスな方法を考案し

何とか切り倒しました。

その倒したあとの巨木がこれ↓

こうして何とか一番の

難関を無事終える事が

できたので、

他の木も伐採します。

作業前のウッソウとした敷地が↓

伐採後↓

こちらも↓

伐採後(撮影した場所は反対からです)↓

こちらも↓

伐採後↓

こちらも↓

伐採後はこうなりました↓

これで敷地がとても明るくなりました。

原村役場に届け出る為に

計算しましたが、

伐採したのが全体の22%だったので

”間伐”ということになり

造林計画も必要ありません。

最後にサービスで屋根の上の

落ち葉を掃除して終了です。

掃除後↓

さて、話は変わって

一昔前の別荘地の

管理事務所の指導は

別荘の敷地の木はできるだけ残す

もし伐採した場合は同じ本数の木を植える

というものでした。

ですから別荘を建てるにしても

最低限の本数だけ伐採し

大きな樹もできるだけ

残して建てました。

しかし今は、

建物を建てる際には

敷地の木を伐採し、

新しく好きな木を植えるのも

容認される様になりました。

倒れたり折れたりしやすい

赤松 や カラマツ が

あれだけたくさんあれば

どの別荘オーナー様も倒木で大変ですからね。

カラマツや赤松以外でも

こんなこともありますし↓

自分の別荘に倒れるのも

避けたいことですが、

他人様の別荘に倒れたら

それも大変です。

建物の壁は湿気っていると

非常に傷みやすいですし、

大木がウッソウとしていると

良いこと無しです。

ウッソウとしていると

木自体に苔が生えて

病気になると

倒れやすくなりますし↓

伐採して明るい敷地で

新しく山桜や紅葉などの

広葉樹の苗でも植えた方が

快適に過ごせると思います。

今回、伐採させて頂いた

別荘オーナー様には

敷地がこんなに明るくなって良かったよ~

と言って頂けて良かったです。

ではまた~♪

もっと土木・伐採工事を見る

TOPページに戻る

木の伐採 原村三井の森

今回は台風で木が半ばで折れ

その伐採の御相談でした。

普段は、木の伐採など

土木関係は源さん担当。

ましてや木が倒れている方向に

別荘の建物があり、

木に登って上から何回かに

分けて切る必要あり。

つまり登って伐採する必要

があるので結構危険。

いつもなら源さんに

押し付ける所だけれど

手が空かないので

私が行ないます。

もっとも源さんは高所恐怖症なので

高い所に登って切れ

といっても無理なんですけど。

実は私は消防署の勤務の時に

長野県消防学校の救助科に

派遣教官をした経験がある。

別に行きたかった訳じゃないけど

当時の係長三人が寄ってたかって

清水はどこに出しても恥ずかしくない消防士だ

etc

と持ち上げ頼んでくる。

断っても他に適任者が

いないので断り切れない。

そんなこんなで派遣教官

として行くことになり

序でに山岳救助のスキルも

身に着けちゃった次第。

言ってしまえば”鉄砲玉”の様な

目に遭わされたのですが

色々な面で勉強にはなった。

という訳で、

やろうと思えば

できちゃいます。

そこで安全確保しながら

木の真ん中付近まで登って

分かれた太い枝の方から

伐採します。

そして倒れが酷い方の

木を伐採し最終的に↓

こんな感じに伐採して終了。

2018年は歴史的な台風が

来ちゃいまして

ちょっと別荘地を見廻った

だけでも、こんなのや↓

こんなのや↓

こんな光景があちらこちらに

見受けられました。

私が伐採させて頂いた別荘は

軽微な被害でホントに

良かったと思います。

敷地の木が自分の別荘の建物に

倒れるのも避けたいですけど

隣の建物などの

他人様の物を壊したら

そりゃ大変ですからね~。

危ない木は早めの伐採を

お勧めします。

ではまた~♪

もっと土木・伐採工事を見る

TOPページに戻る