薪小屋造り♪ 原村中央高原

以前お仕事を頂きました別荘オーナー様より

薪小屋を造って欲しい

というご相談を頂きました。

 

どうもJマート富士見店で売っていた薪小屋がイメージだったようです。

ただ出来合いの物を置くだけならこの値段でもできるのですが、

・草刈り機を入れる納屋が欲しい

・草刈機の長さは2mなのでそれが入る大きさで

・薪小屋の外回りを板張りにして欲しい

・棚板を付けて欲しい

・砕石をしっかり敷いて欲しい

etc

などのご希望がお有りでしたので、当方へご相談頂けたようです。

 

ということで先ずは基礎作りです。

 

設置する場所を全体的に木の根っこだらけの土を掘り↓

砕石を入れます。↓

砕石を均してコンクリート束石を設置してコンクリートを巻きます↓

そして再び砕石をしっかり入れて基礎工事は完了です。

Jマート富士見店さんで見たのは2×4の材料でビス止めで作ってありました。

 

2×4も金具を正しく使って造ればしっかりした強度の物ができます。

 

ですが、ビスで止めるだけだったら、在来工法のホゾ差しの方が圧倒的に強度が出ます。

 

なにせ、もホゾで刺す組み立て式ですから、そのままで十分強度があって当然です。

という訳で今回はホゾ差しで施工させていただきました。

こんな感じ↓

え?

いきなりその場面!?

と思われた方。

 

はい!

いつも通り作業に熱中していたら写真を撮り忘れました!

(・ω・ノ)ノヒョエ~

 

この段階でシッカリと塗装をして↓

屋根にポリカ波板を葺きます↓

薪を乾燥させる為に、ある程度、壁板に隙間を空けた形で壁板を取り付けます。

中に棚も設置して↓

物置も使用できるようにします↓

棚板が無いと、一度薪を積んだら下になってしまった薪はなかなか取り出せません。

しかし棚板があると、上の段と下の段の薪を交互に取り出せます。

 

もちろん、一冬で薪小屋ひとつ分の薪を全部使用するのでしたら関係ない話ですが、そうで無い場合は棚板があった方が便利です。

 

今回の別荘では、週末使い ということでしたので棚板を付けさせて頂きました。

 

ともあれ、縁部の塗装も終わって完成です↓

最後にサービスで、ベンツの現場で玉切りした薪があったのでプレゼントです♪

薪ストーブに入る大きさでしたら、太いままでも良いですし、寝る前に太い薪をくべて、空気の量を絞っておけば朝まで温かですしね~♪

 

これで寒い冬も暖かくお過ごしいただければ、と思います。

 

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

砕石敷き 原村柏木(大沢山三区)

昨年に引きつづき、今年も砕石敷きの御相談を頂きました。

 

とはいえ場所は前回とはちょっと違い、手前というか入笠山よりの場所です。

今度はけっこうワダチ部分が削れており、水路の管も剥き出しになっているのでそれも埋めなければなりません。

このような状況なので、砕石を6㎥ほど敷かせていただきました。

 

砕石が流れて行かないようにゴムで流れ止めも入れてあります。

ということで砕石敷きを行わせていただきました。

 

舗装にしない限り、毎年どこかで砕石敷きは必要ですね。

 

ではまた~♪

 


 

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

屋根の修理 原村中新田

板金工事はできるか?

そう中新田にお住いのおじいちゃんに言われたので

できますよ

とお答えすると小屋の屋根の修理の依頼が来た。

 

いい加減古くなったので新居を建てて

今は物置に使用している家だったが

雨漏りしていると建物も傷むのも早いので

直しておきたかったらしい。

 

こんな感じに穴が空いていたので↓

他の工事で余ったカラー板金でチャッチャッと塞いでコーキング↓

本来であれば、

一文字葺きの鉄板補修するのですが

もう既存の鉄板の折り目がかなり傷んでいたのでそれもできない。

 

という訳で、

もう細かいことには構わず

上から覆う形にしてコーキングも使用した次第。

 

比較的、鉄板の折り目のイタミが少なく

一文字葺きの流れに合わせるできる部分は

この様にキレイに合わせて施工します。↓

そして全部ひさいだら周りと同じ色に塗装をして完了!↓

雨漏りは、そのまま放置すると

建物が早く傷みますので早く直すことをお勧めします。

 

ではまた~♪

 

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

雨漏り修理TOPへ戻る

樅の木を植えました~♪ 原村

庭に樅の木を植えてクリスマスには楽しみたい!というご要望を頂きまして植樹作業です。

この植木屋さんで仕入れてきた樅の樹を植えます。↓

まず穴を掘って↓

我が家にあった燻炭を投入!

燻炭とはもみ殻を炭にしたものですが、これが入っていると土中の水はけが良くなり根っこに空気も入りやすくなり、植物の成長に良いのです。

そして培養土を投入!↓

ここに樅の木を置いて、根廻しの包みを開いてプールの様に水をたっぷり注いで、根を揺すってから埋め戻します。

※この作業は集中していたので写真を撮り忘れました(;´・ω・)

 

そして植樹完了!↓

八王子で造園屋さんをしている兄が教えてくれた方法ですが、今まで何本この方法で植樹したか・・・

困ったことがあると直ぐにアドヴァイスが貰えるので兄弟ってありがたいですね~^^

ではまた~♪

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

木枝の伐採・処分 原村

お客様の庭の古い樹の枝が折れた・・・

ということでその処分等をさせて頂きしました~!

実は今回の木枝の片付けは、ほぼサービスの仕事。

他でちょっと大きなお仕事をさせて頂きましたので、やはり、このくらいはサービスしたい!と思った次第です。

切っちゃった後ですが、この先に折れた部分がありました。↓

折れた部分を切り取った先です↓

重いので、持ち運びできる長さに刻んでから

軽トラック積み込んで運び出しです↓

先ほど切った切り口も、そのままにしておくと病気になりやすいので、薬を塗りたくって被覆します↓

樹を伐採・剪定するにもできるだけ長く元気でいてくれるように大切にしたいですね!

ではまた~♪

 

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

 

ドッグラン柵の修繕 原村

八ヶ岳山麓では、雪も降れば 地面も凍って凍みます・・・

そうすると、春先にはドックランの柵も倒れたり折れたりもします↓

これじゃ、ワンちゃんを庭で自由に遊ばせようと思って放したら、そのまま庭の外のどこかまで遊びに行ってしまいます。

コンクリートの基礎と鉄柱で頑丈に造ればこんなことも無いのですが、そこはそれ別荘地のことですからそんなことをしたらそれもちょっと無粋。

そこで、現状のままで補修して欲しい、とのご希望を受けまして柵の補修です。

造園の資材を売っているかお店から青竹と麻縄と杭を仕入れて来て補修します。

地面が凍みると、杭も浮いてきます。

ですから、傷んだ杭は交換し、浮いた杭も打ち直します。↓

本当は毎年地面を固めて杭を固定し直した方がお勧めではあるのですが、まぁ、数年に一度でも大丈夫でしょう。

作業後

ネット自体はまだ破れていませんでしたが、ネットの下の土もえぐれてる箇所があったので、そういう個所からは塞いでおかないと!

と、こんな工事をさせて頂きました。

別荘地には、コンクリート塀や金物のフェンスを造るのはNG という管理事務所の規約がある場合が多いです。

↑まぁ、そう言いたい気持ちもわかる。

 

管理事務所が無い別荘地だからといって、アルミフェンスの柵でも建てたらそれも雰囲気ぶち壊しです。

もし、ドッグランの柵をご希望の方はこんな感じの竹と網の柵も一つの例としてお勧めです。

 

※私が最初に施工させて頂くなら、色は黒をお勧めするだろうな・・・

ではまた~♪

 

カテゴリーTOPに戻る

 

TOPページに戻る

 

倉庫の塗装 原村

倉庫のペンキの塗り替えのご依頼を頂いたので塗装工事をしてみた。

今回はこの貨車倉庫↓

近寄ってみるとこの様に塗装が剥げて錆びている個所が無数↓

まずはケレン処理に入ります。

このペンキがパリパリになっている部分をどうにかして、下地から浮いてきてしまった錆をもうちょっとマシな状態にする必要があります。

最近の塗料もかなり性能が良くなってきていて、多少サビがあってもそのまま上塗りしても大丈夫なものが多いです。

けれど、やはり長期的に見ると、サビはキレイに落とせるだけ落とした方が良いのでまずはサビ落としの作業です。

最初にワイヤーブラシでパリパリになった部分と大まかなサビを落として↓

こんな感じにします。(これだけでも大分マシになりました)↓

ここからさらにインパクトにワイヤーブラシのアタッチメントを取り付けてさび落としです。↓

まんべんなく擦ってみるとこんな感じに↓

これを布で拭き取ってみると、アラ不思議!ここまでピカピカ↓

今回は貨車倉庫なので、表はもちろん、横面、裏側、全部同じようにサビを取り除きます。↓

ここまでいったら下地処理は充分大丈夫なので、下塗りのさび止め塗装をして↓

仕上げの塗料を塗って完成です。↓

今回は倉庫でしたので、下地の処理を丁寧に時間を掛けて行いました。

そこだけしっかり行えば、自然と仕上がりの状態も良くなります。

これで10年~20年保ってくれれば良いですね。

 

ではまた~♪

 

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

ペンキ塗替えTOPへ戻る

 

屋根修理 三井の森

今回は年に数回は必ずご相談を頂く、雨漏りのお悩みについてです。

 

今回の内容は、

木の枝が倒れて屋根の瓦が割れてしまったので直してほしい!

というご相談でした。

実際に見ると、瓦が数枚割れておりました。

壊れた持ち主の方から見ると一大事ですが、ハウスメーカーや工務店からみると大したことは無いみたいです。

 

屋根屋さんに相談してください

と言ってなかなか対応してくれなかったそうです。

 

そこで今度は屋根屋さんに相談しようとするとお客様も、

どこにどう連絡したらいいのかわからない

ということで当方へ相談してくださいました。

 

当方でも近隣の屋根屋さんに相談してみたのですが、

瓦は色々なサイズや色がありケラバの数枚が欲しいからと言って在庫があれば対応出来る場合もあるが難しい・・・

という感じの返事ばかりでした。

 

※ケラバとは一般的に上記の写真の赤い線で囲んだ部分を言います。(妻面の屋根の端)

現実的に、昔より瓦屋根の家は減ってきており、屋根屋さんも廃業された方が多いので相談する屋根屋さん自体が限られてきています。

ですから尚更、建築の知識の無い一般の方には、困っただろうな、と思いました。

それで結局どうしたかと言いますと、和歌山県の瓦を扱っているメーカーを見つけ出し問い合わせてみました。

するとそのメーカーでは、最初、営業の方が対応してくれて、

瓦を工事するのであればケラバを全部交換した方が良いですよ

と提案してきました。

 

どうも話を聞いていると、普段は瓦を50枚以上を一単位で出荷しているので、そんな細かい枚数の出荷はメンドウで対応したくない感じでした。

 

え~と・・・。

ケラバの瓦を全部交換するとちょっとした修理の価格では無くなるんですけど・・・。

 

それにウチもそんなに不必要なほど瓦があっても困るし!という当たり前の感想を持って、

スミマセン、そんなにいらないんですけど

という交渉をしてみたところ、優しい女性の事務員らしき方が代わりに電話先で対応してくれて無事、わずか8枚だけを購入できることになりました。

 

メーカーの方からみりゃ、そりゃぁ面倒くさいでしょうからね~。

事務のお姉さん、ありがとう~!

 

そしていよいよ実際に瓦が届いたもののここでまた問題発生!

開けてみると・・・

瓦が一枚割れてんじゃーーーーん!グハ!

 

普段は50枚、100枚単位での箱積めでの発送なので、注文する側も工事で足りなくなるといけないので多めに注文するし、多少壊れても問題が起きないのかもしれないな・・・

という事情を斟酌しながらも仕方が無いので、瓦のメーカーのお姉さんに電話してみるとその分返金してくれました。

多分、本来より少数の購入で儲けが少ないところにきて返金手続きなんぞしたから、利益が出なかったかもしれないな・・・非常に恐縮です!

と思いながらもその瓦メーカーさんの対応が親切でとても嬉しかったです。

ちょっと持ち上げておきたいので、会社名を紹介させて頂きます。

和歌山の 株式会社アルプス という会社です。

http://www.alpskawara.co.jp/

↑※お姉さんの親切な対応が嬉しかったので公表しておきます。機会があれば利用してあげて下さい。

 

という訳で無事に瓦を入手したものの今度は台風接近!

 

幾らなんでも、雨で濡れた屋根の上に立って危険な作業をするほど馬鹿では無いので台風前に雨仕舞だけして、台風が過ぎ去るのを待ちます。

そして、無事、台風が通り過ぎたので、瓦の取り換えに入ります。

周りの瓦は経年劣化してるので多少色合いは違いますが、サイズは一緒なので無事、取付ができました。

私が工務店で見習いをしている時、その工務店では瓦やタイルなどの焼き物は、少しでも利益を上げるために全部中国製を使用していました。

それはそれで良いのですが、やっぱり今回の様な困ったときに融通を効かせて対応してくれるのも日本の企業ならではと思っています。

いくら中国製が安くても、ダースで送られて来たら困るし!

他の業者ならこんな手間ばかりの小さい仕事はしんぞな~

↑伊予弁のつもり^^

とりあえず無事、お客様の雨漏りのご心配を解決できて一安心でした。

 

ではまた~♪

 

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

雨漏り修理TOPへ戻る

ふすま・障子戸の調整+α 原村三井の森

・座敷への襖が開かなくなった

・障子が閉まらなくなった

・キツツキが軒裏に穴を空けた

何とかなる?

というご相談を頂きました。

 

確かに開かない・・・

多分、何年も経ってきたので梁か鴨居でも下がってきたのでしょうね。

こちらも動かせません。

あらら・・・、天井にはキツツキの空けたであろう穴が・・・

しかも穴の中には蜂が出入りしているし。

ということで、まずはふすまの調整をします。

これでリビングと一体として広々と利用できるようになりました。

障子も動くように調整します。

最後にキツツキの穴です。

普段、当方ではキツツキ対策を行っていますが今回は基本は穴塞ぎ。

 

念の為に再発防止ためにステンレスのパンチングメタルで穴の上を覆います。

今回は3つの不具合をまとめてご相談頂きました。

まとめて御相談頂きました方が経費の都合上お得かと思います。

゚+.(・∀・)゚+.゚

カテゴリーTOPに戻る

 

TOPページに戻る

 

薪ストーブのガラス交換&メンテナンス 原村三井の森

薪ストーブのガラスを割ってしまった・・・。

薪ストーブの専門業者に頼むと高いから何とかならないか?

というご相談でガラス交換をさせて頂きました。

 

割れたのはこのストーブのガラス↓

ちょっとはみ出し気味の大き目の薪をいれてみて、入らなかったのでホンのちょっと押したらあっと言う間にヒビが入ったそうです。

薪ストーブのガラスは高温には強いですが衝撃には通常のガラスよりもかえって強くないのかもしれませんね。

 

薪ストーブ用のガラスは熱に強い耐火性のガラスを使用しています。

薪ストーブのガラスとして必要な耐熱温度は500℃以上。

 

一般的には

・ネオセラム

・ファイアライト

という耐熱ガラスを使用します。

 

今回は既存の壊れたガラスの厚さが5mmだったのでファイアライトを選択。

さっそく図面を描いてガラス会社に注文。

 

数日後、ガラスが届いたのでさっそく取り付けに掛かります。

キレイに取りつきました↓

 

薪ストーブの火はキレイだから見ているだけで何やら癒される という感じがあるそうです。

これでキレイな炎が楽しめますね!

 

さて、私が別荘の管理会社に勤務していた時に、監理事務所が間に入って薪ストーブの設置業者に薪ストーブのメンテナンスをしてもらったことがありました。

 

そしたらその時に薪ストーブのガラスの固定のネジをちょっとだけ強く締めすぎてしまい、後日、お客様が薪ストーブを使用していていたらあえなくガラスが割れてしまいました。

 

困ったのはその後で、お客様は当然、

受注した管理事務所&薪ストーブの設置業者が悪い。

ただ(無料)で直せ!

と主張します。まぁ、当然ですよね。

 

しかし管理事務所は薪ストーブの設置業者の出した見積りに15%の利益を上載せた価格でお客様から受注しています。

 

薪ストーブのガラスを交換するのに全部費用を負担したら、儲けがないどころか一気に赤字です。

 

しかも、薪ストーブの設置業者が言うには、薪ストーブは外国製でガラスも特殊で日本には取り置きが数枚しか無く、ガラス代だけで1枚6万円する ということでした。

※ホントかわかりませんけど・・・

 

という事があったので、薪ストーブのガラスが壊れた場合は

薪ストーブの専門業者に依頼すると随分高いことになるな と学習しました。

 

別に耐火性のガラスなら何の問題もない筈なんですけどね~。

 

・・・・というのと、当方では煙突の掃除も行っています。

掃除前の煙突↓

そこにワイヤーでこの様に亀の子だわし(でもないか)になっている掃除道具を挿入してゴシゴシと擦ります↓

数回おこなうとこの様に固まったススが落ちます↓

あとは下のストーブの中に落ちたススをキレイに片付けて終了です。

 

という上記な様な幾つかの理由がありまして当方では、

・薪ストーブのガラスの交換 & 煙突掃除及びストーブ内の掃除 & ガスケットの交換 を1セットとして100,000円~でメンテナンスを行っています。

 

なぜ100,000円~ の~(から)が付いているのかというと

・煙突掃除するにも屋根が急すぎると危険度が高くなる。

・薪ストーブのガラスが大き過ぎる場合や、通常(ファイヤライト等)よりも、さらに特殊なガラスを使用していた場合には単価が高くなる。

・煙突が長い、または古くて傷んでいる場合、または、ストーブが古くて傷んでいる、ガスケットなどの消耗品が通常より多く必要。

etcなどの場合があるからです。

 

薪ストーブの煙突は1年に2回、掃除するのがお勧めです。

一回は5月頃。

薪ストーブを使用しなくなった時にススを払ってしまいます。

 

ここでススを払わないと煙突の中に溜まったススが水分・湿気を吸った際に煙突内がさびやすい状態になってしまう、と言われています。

 

もう一回は11月頃(薪ストーブを使用し始める前)春~秋の間に薪ストーブの煙突の中に鳥が巣を作ってしまった というのはよくある事みたいです。

 

鳥が巣を作ってしまうと

・第一にまずなにより鳥が可哀想

・薪ストーブの火が燃えにくくなる

ということがあります。

 

この様な事情も含めての

・薪ストーブのガラスの交換 & 煙突掃除及びストーブ内の掃除 & ガスケットの交換 を1セットとして100,000円~でメンテナンスをという提案です。

 

薪ストーブのガラスは案外ちょっとしたことで割っちゃうことも多いみたいですし。

 

その際は御相談下さいませ~♪

(へ。へ)ζ

カテゴリーTOPに戻る

 

TOPページに戻る