屋根の葺き替え 茅野市チェルトの森

当方が独立当初からのお客様より

板葺きが数枚剥がれて飛んで行ってしまった。

この際、屋根を葺き直したい

とのご相談を頂きました。

現状は↑こんな感じの

板葺き屋根で、

おっしゃる通り屋根板が

数枚飛んで無くなっていました。

もし、一文字葺きや瓦棒引き

などの板金工事で行うのなら、

専門の板金業者さんに

依頼する必要があります。

一文字葺き↓

板金横葺き↓

ですが打合わせの中で、

オンデュリンクラシックシート

で施工した事例を参考までに

お伝えさせて頂いた処

別荘オーナー様が、

30年経ったら私もこの世にいるかわからないからこれで良いよ

と仰りオンデュリンでの

施工が決まりました。

どうして富士見のお祖母ちゃんといい

そんな寂しい発言をするの?

人間は120歳まで生きれる様に

できているので

それまで頑張って下さい・・・

と、こういった言葉を聞く度に

思いますがそこまでは

立ち入れない話です。

話しはさておき工事に入ります。

まずは仮設足場を組みます。

防水紙(アスファルトルーフィング)

を敷きながら、桟木を打って行きます。

今回は薪ストーブの煙突があるので

その周りは特に念入りに

雨仕舞していきます。

ちなみに足場についてですが、

今回は少々苦労しちゃいました。

玄関前の部分のスロープが

ガラス屋根になっており

足場屋さんも嫌がって

施工してくれなかったのです。

ですからこちらで工夫が

必要になりました。

↓こんな感じに恐怖のガラス屋根が・・・

割っちゃったらホント恐怖!

そしてその西側はこんな感じ↓に窓で一杯。

こちらも割りでもしたら大変です。

そこで↓こんな風に足場板を

渡して臨時の足場を

作りながらの作業です。

ちなみに↑この方は

忙しい時に手伝ってくれる

大工さん。

40年以上の大工経験があり

とても頼りになります。

話しは戻って、

以前オーナー様より

ついでに煙突の掃除もしちゃってね

というご希望を伺っていたので

序でに煙突掃除もしちゃいます。

煙突の頭を外すと・・・

なかなか見事な汚れっぷり♪

これをブラシでゴシゴシ!!

奥の奥までゴシゴシ!!

細かなススがムワーンとしてきます。

それでも汚れはしっかり落とせました。

ストーブの方を確認すると↓

はい、結構落ちています。

これを全部きれいに掃除機で掃除して

はい、煙突掃除完了!!

さて、屋根に戻って雨仕舞いの続きです。

棟カバーを取り付けられる様

下地の桟木を取り付けながら

棟部分の雨仕舞をして

オンデュリンクラシックシート

を取り付けていきます。

天窓部分の雨仕舞は特に気を使います↓

煙突廻りも綺麗に出来ました。

そして全部葺き終えて、

屋根の葺き替えは完了!

最後に足場を撤去して工事完了!

完成した様子を

別荘オーナー様に

見て頂いた処

もっと倉庫っぽくなるかと思ったけど

思ったよりキレイに仕上がっていて良かった!

とお言葉を頂けました。

ふ~良かった~~♪

(^。^;)ホッ

ちなみに煙突掃除はお仕事を

頂いたのでサービスです。

ではまた~♪

もっと建築工事・ウッドデッキ工事を見る

TOPページに戻る

ウッドデッキ屋根設置② 原村三井の森

ウッドデッキの上にとにかく屋根を掛けたい というご相談をいただき工事です。

ところがこのデッキ、前のオーナーが趣味で作ったので柱も真っすぐに立っておらずグラグラしている面も・・・

そこでまずは柱をガッチリ固定します↓

 

改めて独立基礎を設置してそこに柱を建てた方が望ましいのですが、費用を抑える為にも既存のデッキの柱を利用させて頂く工法を採用。

そこの上で梁、桁、垂木を設置させていただいて

塗装してポリカ波板を設置。

ポリカの波板の方がポリカの平板5mmよりも価格も安く、施工も簡単。

 

でもデッキの上に屋根が落ちるのを防げるのでデッキ板の寿命は比較にならないほど伸びます。

雨の日にもバーベキューをしたい と施工前に話されていましたがこれで雨の日も大丈夫ですね♪

(〃^¬^〃)

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

ウッドデッキTOPに戻る

壁と天井の貼り換え 原村中新田

雨漏りして、雨漏りと壁と天井を何として欲しい

というご相談を頂きました。

この建物の隙間から雨が侵入し

このように壁と天井を台無しに・・・。ひょっとしたら壁の中も腐っているかも・・・

 

まずは屋根の雨漏りに対処します。

防水紙(アスファルトルーフィング)を設置して隙間をシリコンでシーリングします。

その上にカラー板金を設置して厳重にまたシリコンで隙間をシーリングをします。

 

一方の部屋の中は、壁紙と下地の板を剥がすとこの様な状態。

とはいえカビは発生していたとはいえ、下地の胴縁などが腐って使用できないかというとそうでもない。

 

そこでその上にPB(プラスターボード)を貼ってパテで凹みを埋めます。

こちらは下地は大丈夫で壁紙がカビたのとヒビがあったので、壁紙を剥がしてヒビをパテで埋めます。

最後に壁紙を貼って完成~!

綺麗になりました~!

 

これで親戚が集まっても安心して迎えられます。

 

そういって頂けてこちらが嬉しかったです。

(〃^¬^〃)

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

雨漏り修理TOPへ戻る

 

雨漏り修理で屋根張り替え 諏訪市

玄関室の天井から雨漏りするの何とかして欲しい

というご相談を受けました。

 

雨漏りをしていて困って、とりあえずブルーシートで覆っていたみたいです。

そもそも雨仕舞を良くするために、屋根は谷を作ってはいけない というルールがあります。

 

※参照

谷になった部分はどんなにしっかりシリコンでコーキング等をしてもシリコンの効き目に限界がありますし、いずれは効かなくなります。

 

例えシリコンに頼らずに板金や防水紙などを駆使して、上手に雨仕舞したという場合でも、やはり長年のうちに少しづつ雨が浸みてきます。

 

なぜかというと板金などでも表が濡れて乾く間もないと結露などで裏側も濡れてきます。

 

するとサイホンの原理が働くのか雨がきちんと防げなくなるようです。

↑私の大工の先生の教え

 

ですから本当は絶対に、屋根には谷間を作ってはいけない と私は思っています。

 

でも今回は素手にそうやってできちゃっていて、しかも実際に雨漏りしていてどうしようもないので谷が無い形に直すことにします。

 

母屋と根太を設置して

針葉樹合板で野地板を貼ります。

防水シート(アスファルトルーフィング)でしかっり防水対策をして

オンデュリンクラシックシートで被覆します。

普段なら波トタンなどで被覆するところですが、こちらの方が耐用年数が長いので今回は使用させていただきました。

こうすれば谷が無いので圧倒的に雨漏りの可能性は少なくなりました。

 

妻面(横側)もスカスカだと雨が吹き込むので、こちらは波トタンを切って雨が吹き込まないようにしっかし雨仕舞します。

天井の壁紙も剥がれていたので

新たな壁紙を貼ります。

ついでに外壁がヒビだらけだったので

桟木を設置してその上にこれまた波トタンで被覆します。

これだけでも建物はずいぶん長持ちするはずです。

 

お客様が、カンドーした! と言って下さったのでその御言葉に逆にこっちの方が感動しました。

(〃^¬^〃)

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

雨漏り修理TOPへ戻る