木の伐採 原村

以前、台風で木が折れたて御相談頂いた別荘オーナー様より

敷地の木の伐採をしたい

というご相談を頂きました。

↑ここまでの木はまぁ問題無くできそうなのでそうですが・・・

 

↓この樹が直径80㎝はあろうかという巨木が2本あります。

これが大事でした。

これを倒すには、ある程度空き地が必要です。

そしと隣の敷地の西端にちょうど良い空き地がありました。

 

ですから、お隣の別荘オーナー様に、

その空き地の部分に倒しても良いよ

と一言、許可を頂ければ話は簡単でした。

 

※他の別荘地ではお互い様のことですので、普通にそうやって木を伐採します。

 

ところが!

 

管理事務所によると

伐採はその敷地内で行わなければならない

という いじめの様な内部規定 が出てきて

どうにもならなくなりました。

 

特殊伐採で伐採して下さい

管理事務所はそう言うが・・・

 

オイオイ

簡単に言うけどこのケースでそれを行うとどれだけオーナー様に負担になるのかわかってんの?

と心の中で思うもどうにもならない。

 

試行錯誤の末に何とか

木に登って上から3三つ折りにするように切り倒す

というデンジャラスな方法を考案し、

何とか切り倒しました。

 

その倒したあとの巨木がこれ↓

こうして何とか一番の難関を無事終えることができたので、他の木も伐採します。

 

作業前のウッソウとした敷地が↓

伐採後↓

こちらも↓

伐採後(撮影した場所は反対からです)↓

こちらも↓

伐採後↓

こちらも↓

伐採後はこうなりました↓

これで敷地がとても明るくなりました。

 

原村役場に届け出る為に計算しましたが、伐採したのが全体の22%だったので、”間伐”ということになり造林計画も必要ありません。

 

最後にサービスで屋根の上の落ち葉を掃除して終了です。

掃除後↓

 

さて、話は変わって

 

一昔は、別荘地の管理事務所の指導が

別荘の敷地の木はできるだけ伐採しない

もし伐採した場合は同じ本数の木を植える

というものでした。

 

ですから別荘を建てるにしても

最低限の本数だけ伐採し

大きな木も残して建てました。

 

しかし今は、建物を建てる際には全部伐採し、

新しく好きな木を植えるのも容認されるようになりました。

 

倒れたり折れたりしやすい

赤松 や カラマツ が

あれだけたくさんあれば

どの別荘オーナー様も倒木で大変ですからね。

カラマツや赤松以外でもこんなこともありますし↓

自分の別荘に倒れるのも避けたいことですが、他人様の別荘に倒れたらもっと大変です。

 

建物の壁は、いつも湿気っていると非常に傷みやすいですし、大きな木がうっそうとしていると良いこと無しです。

 

ウッソウとしていると木自体も苔が生えて病気になって倒れやすくなりますし↓

伐採して明るい敷地で、新しく山桜や紅葉などの広葉樹の苗でも植えた方が快適に過ごせると思います。

今回、伐採させていただいた別荘オーナー様には

敷地がこんなに明るくなって良かったよ~

と言って頂けて良かったです。

 

ではまた~♪

 

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

木の伐採 原村三井の森

今回は台風で木が半ばで折れたので、その伐採の御相談でした。

普段は、木の伐採など土木関係は源さん担当。

 

ましてや木が倒れている方向に別荘の建物があり、木に登って上から何回かに分けて切らないといけない。

 

つまり登って伐採する必要があるので結構危険。

いつもなら源さんに押し付ける所だけれど手が空かないので私が行ないます。

 

もっとも源さんは高所恐怖症なので、高い所に登って切れ、といっても無理なんですけど。

 

実は私は消防署の勤務の時に、長野県消防学校の救助科に派遣教官として派遣されたことがある。

別に行きたかった訳じゃないけど、その時の係長三人が寄ってたかって

 

清水はどこに出しても恥ずかしくない消防士だ

etc

と持ち上げ頼んでくる。

断っても他に適任者のいなくて断り切れない。

 

そんなこんなで派遣教官として行くことになり、ついでに山岳救助の勉強もできちゃった次第。

言ってしまえば”鉄砲玉”みたいな目に遭わされたのだけれども色々な面で勉強にはなった。

という訳で、やろうと思えばできちゃいます。

 

そこで、安全確保しながら木の真ん中付近まで登ってわかれた太い枝の方から伐採します。

そして倒れが酷い木を伐採し、最終的に↓

こんな感じに伐採して終了。

 

2018年は歴史的な台風が来ちゃいまして、ちょっと別荘地を見廻っただけでも、こんなのや↓

こんなのや↓

こんな光景があちらこちらに見受けられました。

私が伐採させていただいた別荘は、あれだけの被害でホントに良かったと思います。

 

自分の敷地の木が自分の別荘の建物に倒れるのも避けたいですけど、隣の建物などの他人様の物を壊したらそりゃ大変ですからね~。

 

危ない木は早く伐採することをお勧めします。

 

ではまた~♪

 

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

ウッドデッキと外壁木部の塗装 原村三井の森

以前よりお仕事を頂いているお客様より

網戸の調整と網の交換

電灯の交換

・壁とウッドデッキの塗装

木の伐採

を御相談頂いておりましたので今回は、壁の木部とウッドデッキの塗装です。

施工前

まずは高圧洗浄機でウッドデッキと壁の木部の洗いに入ります。

 

そうすることで、古くなって紫外線や風雨で劣化した塗料や、スカスカになってきた木の部分も削り取れるので、これだけでケレン処理になります。

 

高圧洗浄後

これで高圧洗浄での洗いは終わりです。

 

え?

洗浄してもそんなに変わってないんじゃない?

ですって?

 

まっ、全体の写真では見分けにくいと思います。

こちらをご覧ください↓

↑が施工前で↓が洗浄後です。

えっとアップにしますと

このような雨が当たって劣化した部分の塗料が剥がれます。

 

塗装が浮いていたり、木がスカスカになり始めた部分に新しく塗装しても、キレイに塗装ができません。

 

塗装できても直ぐに剥がれてしまいます。

ですからこの工程が欠かせません。

 

そして十分に乾かしてからいよいよ塗装に入ります。

先ほどのアップした部分もこの通り。

高圧洗浄後↓

塗装後↓

これであと5年くらいは心配ないですね!

それ以降は”様子を見ながら”をお勧めしますけど。

 

キレイになってお施主さんに喜んで頂けて良かったです♪

 

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

ウッドデッキTOPに戻る

ペンキ塗替えTOPへ戻る

電灯の交換 原村三井の森

網戸の調整と網の交換 を御相談頂いた方より

壁とウッドデッキの塗装

・電灯の交換

木の伐採

を一緒にご相談頂いていたので、今回は電灯の交換についてです。

 

今までの取り付けてあった電灯は、障子紙が古くなり、破れも出てきたので交換したい

というご希望でした。

※取外し前に写真を撮るのを忘れたので外した後の様子です。

 

いくつかこんな感じの↓参考例をご提案します。

どんなのがお好みですか?

とお訊きすると

 

やっぱり今までと似たようなもの

とのお返事。

 

ではこれでもよろしいですか?

とお訊きすると

これで良い

とのお返事。

 

ということで古い電灯は外させていただき、新しい物を取り付けさせて頂きました。

この一つ一つの長さを変えながら、全体のバランスを決めるのが一つのセンスです。

 

やっぱり新しい電灯は気持ちが良いらしく、喜んで頂けました。

 

こちらも安心しました。

 

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

網戸の調整・貼り直し 原村三井の森

以前よりお仕事を頂いているお客様より

網戸が閉まらないんだよね

何とかしてくれない?

というご相談を頂きました。

 

この時に、同時に

壁とウッドデッキの塗装

電灯の交換

・網戸の網の交換

木の伐採

などの御相談も頂いたのですが

混乱しないように一つづつご紹介させていただきます。

 

という訳で今回は網戸の調整と網戸の張替です。

この部分の網戸が開かなくなったというご相談です。

※施工前の写真が無いので施工後の網を張り直した後の写真です↑

これを調整して、

この様に動くようにします。

もちろん、ここは網戸の網も交換です。

 

次にここと↓

↓ここの窓の網戸の網の交換です。

南側の網戸の網の方が、紫外線が当たるので劣化が早く、すでに網は外れてしまっていました。

ですからこれを外してきて網がついているものは外します。

 

こういうゴムが入っているので↓

↑これを外すと↓

網を外すことができます。

あとは新しい網を付けて元あった窓の場所にはめ込むだけです。

これで完成!

 

ちょっとした事ですが、やはりこういった部分にもキチンと手が入ると、お客様も気持ちがいいみたいです♪

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

ウッドデッキ改修工事 茅野市 三井の森いずみ平  

ウッドデッキが腐って完全に朽ちてしまったので、孫の為にも新しくしたい

というご相談をいただきウッドデッキの改修工事です。

一見すると普通そうに見えますが・・・

見事にボロボロ・・・

 

しかも過去に頑張って直した形跡があるのですがこれは・・・・

 

という現状で他社で御見積をしてもらったところ、300万円かかります!と言われて驚いて当方へご相談を頂いた次第です。

 

え~と、ウチだとその半値以下なんですけど・・・

 

この様な経緯で頂いた仕事ですが、基礎はそのまま使用して良い という事でしたのでそのまま使用します。

これで更に安くなります。

 

まずは撤去作業へ!

基礎の位置や据え方の問題はあるもののお客様より、できたなりで良い というご意向を頂いておりますのでそのまま設置工事に入ります。

 

もう簡単に朽ちて欲しくないというご希望でお見積り通り、防腐剤注入の材を使用します。

それを柱と桁、根太として設置していきます。

据え付けが終わった場所から順次塗装をします。

 

実は工務店・大工によっては、塗装は最後にまとめて行う という会社・職人もいます。

 

その様な場合、表は塗装してあっても裏を覗いたら塗装していなかった というケースがあります。

 

別に雨があまり当たらない箇所ではその方法でも問題ありません。

 

しかし、吹きっさらしのウッドデッキの場合、木と木がくっついている部分は塗料が塗られていないので、後々木の反りなどで隙間ができた場合には水が入って傷みやすくなります。

 

私も他社の施行したものの修繕等をご相談して頂き裏を覗いたら アラアラ・・・、という事が何度かありました。

 

お客様にはどうせそこまでわからないからと思って施工したかもしれないけど・・・

 

まぁ、他社のことはいておいて、塗装は面倒でもできるだけ順次行って行った方が良いので、床板をはった後では塗れない部分などにも全部塗るためにこうします。

次は手摺の設置です。

よろび(垂直)を確認しながら手摺の柱を取り付けていきます。

終わったら今度は手摺の笠木と横板を取り付けていきます。

 

また同時に、既存の基礎を使わせて頂いたので基礎の柱が動かないように根がらみ貫きを取り付けていきます。

そして仕上げの塗装をペタペタと塗ります。

最後に開口部の扉を取り付けて完成です!

いやー、手間が掛かった。

けどこれならお孫さんが来ても安心ですね!

 

キレイに仕上げてくれてありがとう

そう言って頂けて励みになりました。

(〃^¬^〃)

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

ウッドデッキTOPに戻る

 

屋根修理 三井の森

今回は年に数回は必ずご相談を頂く、雨漏りのお悩みについてです。

 

今回の内容は、

木の枝が倒れて屋根の瓦が割れてしまったので直してほしい!

というご相談でした。

実際に見ると、瓦が数枚割れておりました。

壊れた持ち主の方から見ると一大事ですが、ハウスメーカーや工務店からみると大したことは無いみたいです。

 

屋根屋さんに相談してください

と言ってなかなか対応してくれなかったそうです。

 

そこで今度は屋根屋さんに相談しようとするとお客様も、

どこにどう連絡したらいいのかわからない

ということで当方へ相談してくださいました。

 

当方でも近隣の屋根屋さんに相談してみたのですが、

瓦は色々なサイズや色がありケラバの数枚が欲しいからと言って在庫があれば対応出来る場合もあるが難しい・・・

という感じの返事ばかりでした。

 

※ケラバとは一般的に上記の写真の赤い線で囲んだ部分を言います。(妻面の屋根の端)

現実的に、昔より瓦屋根の家は減ってきており、屋根屋さんも廃業された方が多いので相談する屋根屋さん自体が限られてきています。

ですから尚更、建築の知識の無い一般の方には、困っただろうな、と思いました。

それで結局どうしたかと言いますと、和歌山県の瓦を扱っているメーカーを見つけ出し問い合わせてみました。

するとそのメーカーでは、最初、営業の方が対応してくれて、

瓦を工事するのであればケラバを全部交換した方が良いですよ

と提案してきました。

 

どうも話を聞いていると、普段は瓦を50枚以上を一単位で出荷しているので、そんな細かい枚数の出荷はメンドウで対応したくない感じでした。

 

え~と・・・。

ケラバの瓦を全部交換するとちょっとした修理の価格では無くなるんですけど・・・。

 

それにウチもそんなに不必要なほど瓦があっても困るし!という当たり前の感想を持って、

スミマセン、そんなにいらないんですけど

という交渉をしてみたところ、優しい女性の事務員らしき方が代わりに電話先で対応してくれて無事、わずか8枚だけを購入できることになりました。

 

メーカーの方からみりゃ、そりゃぁ面倒くさいでしょうからね~。

事務のお姉さん、ありがとう~!

 

そしていよいよ実際に瓦が届いたもののここでまた問題発生!

開けてみると・・・

瓦が一枚割れてんじゃーーーーん!グハ!

 

普段は50枚、100枚単位での箱積めでの発送なので、注文する側も工事で足りなくなるといけないので多めに注文するし、多少壊れても問題が起きないのかもしれないな・・・

という事情を斟酌しながらも仕方が無いので、瓦のメーカーのお姉さんに電話してみるとその分返金してくれました。

多分、本来より少数の購入で儲けが少ないところにきて返金手続きなんぞしたから、利益が出なかったかもしれないな・・・非常に恐縮です!

と思いながらもその瓦メーカーさんの対応が親切でとても嬉しかったです。

ちょっと持ち上げておきたいので、会社名を紹介させて頂きます。

和歌山の 株式会社アルプス という会社です。

http://www.alpskawara.co.jp/

↑※お姉さんの親切な対応が嬉しかったので公表しておきます。機会があれば利用してあげて下さい。

 

という訳で無事に瓦を入手したものの今度は台風接近!

 

幾らなんでも、雨で濡れた屋根の上に立って危険な作業をするほど馬鹿では無いので台風前に雨仕舞だけして、台風が過ぎ去るのを待ちます。

そして、無事、台風が通り過ぎたので、瓦の取り換えに入ります。

周りの瓦は経年劣化してるので多少色合いは違いますが、サイズは一緒なので無事、取付ができました。

私が工務店で見習いをしている時、その工務店では瓦やタイルなどの焼き物は、少しでも利益を上げるために全部中国製を使用していました。

それはそれで良いのですが、やっぱり今回の様な困ったときに融通を効かせて対応してくれるのも日本の企業ならではと思っています。

いくら中国製が安くても、ダースで送られて来たら困るし!

他の業者ならこんな手間ばかりの小さい仕事はしんぞな~

↑伊予弁のつもり^^

とりあえず無事、お客様の雨漏りのご心配を解決できて一安心でした。

 

ではまた~♪

 

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

雨漏り修理TOPへ戻る

雨漏り修理 茅野市三井の森

雨漏りするので一度見て欲しい

というご相談で茅野の三井の森へGo~!

 

おお!デザインチックな建物だ!カッコいい!

と思ったけど、中に入ると・・・

あれあれ・・・?!

雨漏りのせいか残念な感じになってる・・・。

 

雨漏りの原因は?と思い、調べます。

怪しそうな部分を見当をつけていき、まずはデッキの幕板を外します。

このもやい樋の中がこれだけ詰まっていて水が流れなった原因の様です。

しかも排水の出口付近にもビッチリ枯葉の残骸が・・・

こういう場合の排水は、一般的にはΦ50(直径50㎜)かΦ60以上を使うんだけどな・・・。

直径20㎜じゃ細すぎでしょ・・・

 

いずれにせよ、これが溢れて室内へ雨漏りしたんだろうな、と原因が特定できました。

 

ということで直します。

まずは樋をきれいに掃除します。

排水はホームセンターで打っているΦ60の縦樋に交換します。

 

なぜホームセンターで買えるような材料にするかというとそれが一番価格が安いし直しやすいからです。

 

設備や物を直すことが多い人間の意見としてはどこでも入手できる安価な材料の方が、あとあとのメンテナンスの事を考えると良いと思います。

 

例えば、自動車が壊れた時も

・部品が入手しやすい国産車と

・高価でレアで修理する場合も部品が入手に難い外車

 

では、メンテナンスという面では国産車の方が圧倒的に良いという理屈と同じです。

 

ともあれ、外の漏水の原因を解決したら今度は中です。

 

既に床の板材の中まで黒カビが発生していますので完全にキレイにすることは難しいのですが、せめてヤスリでできるだけキレイにしていきます。

それでも大分マシになりました↓

天井は部分的に壁紙を張り替えます↓

これで大分キレイです。

お客様も安心してホッとしていただき良かったです。

σ(^o^

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

雨漏り修理TOPへ戻る

ふすま・障子戸の調整+α 原村三井の森

・座敷への襖が開かなくなった

・障子が閉まらなくなった

・キツツキが軒裏に穴を空けた

何とかなる?

というご相談を頂きました。

 

確かに開かない・・・

多分、何年も経ってきたので梁か鴨居でも下がってきたのでしょうね。

こちらも動かせません。

あらら・・・、天井にはキツツキの空けたであろう穴が・・・

しかも穴の中には蜂が出入りしているし。

ということで、まずはふすまの調整をします。

これでリビングと一体として広々と利用できるようになりました。

障子も動くように調整します。

最後にキツツキの穴です。

普段、当方ではキツツキ対策を行っていますが今回は基本は穴塞ぎ。

 

念の為に再発防止ためにステンレスのパンチングメタルで穴の上を覆います。

今回は3つの不具合をまとめてご相談頂きました。

まとめて御相談頂きました方が経費の都合上お得かと思います。

゚+.(・∀・)゚+.゚

カテゴリーTOPに戻る

 

TOPページに戻る

 

ウッドデッキ屋根設置② 原村三井の森

ウッドデッキの上にとにかく屋根を掛けたい というご相談をいただき工事です。

ところがこのデッキ、前のオーナーが趣味で作ったので柱も真っすぐに立っておらずグラグラしている面も・・・

そこでまずは柱をガッチリ固定します↓

 

改めて独立基礎を設置してそこに柱を建てた方が望ましいのですが、費用を抑える為にも既存のデッキの柱を利用させて頂く工法を採用。

そこの上で梁、桁、垂木を設置させていただいて

塗装してポリカ波板を設置。

ポリカの波板の方がポリカの平板5mmよりも価格も安く、施工も簡単。

 

でもデッキの上に屋根が落ちるのを防げるのでデッキ板の寿命は比較にならないほど伸びます。

雨の日にもバーベキューをしたい と施工前に話されていましたがこれで雨の日も大丈夫ですね♪

(〃^¬^〃)

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

ウッドデッキTOPに戻る