雨漏り修理で屋根張り替え 諏訪市

玄関室の天井から雨漏りするの何とかして欲しい

というご相談を受けました。

 

雨漏りをしていて困って、とりあえずブルーシートで覆っていたみたいです。

そもそも雨仕舞を良くするために、屋根は谷を作ってはいけない というルールがあります。

 

※参照

谷になった部分はどんなにしっかりシリコンでコーキング等をしてもシリコンの効き目に限界がありますし、いずれは効かなくなります。

 

例えシリコンに頼らずに板金や防水紙などを駆使して、上手に雨仕舞したという場合でも、やはり長年のうちに少しづつ雨が浸みてきます。

 

なぜかというと板金などでも表が濡れて乾く間もないと結露などで裏側も濡れてきます。

 

するとサイホンの原理が働くのか雨がきちんと防げなくなるようです。

↑私の大工の先生の教え

 

ですから本当は絶対に、屋根には谷間を作ってはいけない と私は思っています。

 

でも今回は素手にそうやってできちゃっていて、しかも実際に雨漏りしていてどうしようもないので谷が無い形に直すことにします。

 

母屋と根太を設置して

針葉樹合板で野地板を貼ります。

防水シート(アスファルトルーフィング)でしかっり防水対策をして

オンデュリンクラシックシートで被覆します。

普段なら波トタンなどで被覆するところですが、こちらの方が耐用年数が長いので今回は使用させていただきました。

こうすれば谷が無いので圧倒的に雨漏りの可能性は少なくなりました。

 

妻面(横側)もスカスカだと雨が吹き込むので、こちらは波トタンを切って雨が吹き込まないようにしっかし雨仕舞します。

天井の壁紙も剥がれていたので

新たな壁紙を貼ります。

ついでに外壁がヒビだらけだったので

桟木を設置してその上にこれまた波トタンで被覆します。

これだけでも建物はずいぶん長持ちするはずです。

 

お客様が、カンドーした! と言って下さったのでその御言葉に逆にこっちの方が感動しました。

(〃^¬^〃)

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

雨漏り修理TOPへ戻る

 

天井の張替え 茅野市チェルトの森

ネズミが発生し糞尿等の匂いが気になる

とのことで天井の張替えをさせて頂きました。

糞やおしっこの跡を発見!

これでは匂いもしちゃいます。

 

そこで天井を落として新たな屋根下地材を貼ります。

 

このまま壁紙を貼ってしまうとビスの跡が見えてしまうので、パテを2回に分けて丁寧に盛っていきます。

最後に壁紙を貼って完了です。

これでネズミの匂いも大丈夫かと( ^ω^)

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る

 

畳の部屋をフローリングへ 富士町栗生

畳の部屋をフローリングへして欲しい

とのご相談をいただきまして行為させて頂きました。

まずは畳を全部撤去し、根太掛け・根太を入れて床板を並べ直します。

 

その上に新しい床高さに合うように高さを調整した根太を入れ直し、間には断熱材(スタイロフォーム)を隙間なく敷き並べていきます。

その上にまた合板を貼ります。

あとはこの上にカーペットを敷いて終わりです。

 

古い床は床板が隙間だらけで寒い風が上がってきてました。

 

断熱材をしっかり入れて隙間なく針葉樹合板を敷いたのでお婆ちゃんのご希望の通りこれでお客様が泊りに来ても大丈夫です。

(〃^¬^〃)

カテゴリーTOPに戻る

TOPページに戻る